入局をお考えの方に

研修プログラム

初期臨床研修プログラム

東京医科歯科大学医学部附属病院の初期研修プログラムにより、初期研修を受けていただきます。このプログラムでは、2年間の初期臨床研修期間中に最長8ヶ月間の眼科研修を行うことが可能です。
詳細は、東京医科歯科大学医学部附属病院臨床教育センターのホームページをご覧ください。

後期臨床研修プログラム

東京医科歯科大学眼科学教室では、卒後2年間の初期臨床研修(スーパーローテート)を終えた先生方が、より専門的な眼科研修を行うための後期臨床研修制度を設けております。後期臨床研修を履修することで、一般的な眼科疾患の診療をより深く経験できるとともに、各種レーザー治療や外眼部手術、白内障手術などの眼科医にとって必須となる手技の習得をめざします。同時に各自の専門領域を選択し、指導医のもと学会発表・論文執筆を行い、日本眼科学会眼科専門医の受験資格を取得することが可能です。また、臨床研修を行いながら社会人大学院に入学することも可能で、この場合論文執筆、学位審査を経て医学博士の取得が可能です。

他科からの転科希望

東京医科歯科大学眼科学教室では、他科からの転科入局も歓迎です。過去にも内科や基礎の教室を経て、当教室へ入局された先生が多数おります。眼科領域に興味と情熱を持ち、指導医やコメディカルスタッフのアドバイスを誠実に受け入れることができ、チームワークがとれる協力的なドクターであれば経歴を問いません。あれこれと悩む前に、まずはご連絡ください。個人を尊重した楽しい医局作りを日々行っています。

大学院進学希望

東京医科歯科大学眼科学教室では、難治性ぶどう膜炎や、加齢黄斑変性症における血管新生などのテーマを中心に、基礎から臨床まで幅広く研究活動を行っております。また、臨床を行いながら博士号を取得できる社会人大学院のプログラムもあります。
大学院に入学を希望される方は、詳しくは東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科ホームページをご覧ください。