業績集

2006年

原著

  1. Kamoi K, Yamamoto K, Misawa A, Miyake A, Ishida T, Tanaka Y, Mochizuki M, Watanabe T. SUV39H1 interacts with HTLV-1 Tax and abrogates Tax transactivation of HTLV-1 LTR. Retrovirology. 2006;13:3-5.
  2. Shimada N, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Yasuzumi K, Kojima A, Kobayashi K, Futagami S, Tokoro T, Mochizuki M. Characteristics of peripapillary detachment in pathologic myopia. Arch Ophthalmol, 2006;124:46-52.
  3. Yukawa E, Urano T, Nakahara M, Miyata K, Matsuura T, Taketani F, Hara Y, Mochizuki M. Pattern-reversal visual evoked potentials in patients with human T-lymphotropic virus type 1 uveitis. Curr Eye Res, 2006;31:37-42.
  4. Sugita S, Takase H, Taguchi C, Imai Y, Kamoi K, Kawaguchi T, Sugamoto Y, Futagami Y, Itoh K, Mochizuki M. Ocular infiltrating CD4+ T cells from patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease recognize human melanocyte antigens. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2006;47:2547-2554.
  5. Ohno-Matsui K, Hayashi K, Tokoro T, Mochizuki M. The detection of paravascular retinal cysts before using OCT in a highly myopic patient. Graefe's Arch Clin Exp Ophthalmol, 2006;244:642-644.
  6. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Futagami S, Ohno S, Tokoro T, Mochizuki M. Choroidal neovascularization in highly myopic eyes after cataract surgery. Jpn J Ophthalmol, 2006;50:345-348.
  7. Ohno-Matsui K, Moriyama M, Hayashi K, Mochizuki M. Choroidal vein and artery occlusion following photodynamic therapy in eyes with pathologic myopia. Graefe's Arch Clin Exp Ophthalmol, 2006;244:1363-1366.
  8. Kojima A, Ohno-Matsui K, Teramukai S, Ishihara Y, Shimada N, Yoshida T, Sugamoto Y, Tokoro T, Mochizuki M. Estimation of visual outcome without treatment in patients with subfoveal choroidal neovascularization in pathologic myopia. Graefe's Arch Clin Exp Ophthalmol, 2006;244:1474-1479.
  9. Shimada N, Ohno-Matsui K, Baba T, Futagami S, Tokoro T, Mochizuki M. Natural Course of Macular Retinoschisis in highly myopic eyes without macular hole or retinal detachment. Am J Ophthalmol, 2006;142:497-500.
  10. Kojima A, Ohno-Matsui K, Futagami S, Shimada N, Tokoro T, Mochizuki M. Trans-Tenon’s retrobulbar triamcinolone infusion for myopic choroidal neovascularization. Acta Ophthalmol, 2006;84:749-754.
  11. Ohno-Matsui K, Mori K, Ichinose S, Sato T, Wang J, Shimada N, Kojima A, Mochizuki M, Morita I. In vitro and in vivo characterization of iris pigment epithelial cells cultured on amniotic membranes. Mol Vis, 2006;12:1022-1032.
  12. Sugita S, Ng TF, Lucas PJ, Gress RE, Streilein JW. B7+ iris pigment epithelium (IPE) induce CD8+ T regulatory cells; both suppress CTLA-4+ T cells. J Immunol, 2006;176:118-127.
  13. Takase H, Sugita S, Taguchi C, Imai Y, Mochizuki M. Capacity of ocular infiltrating T helper type 1 cells of patients with noninfectious uveitis to produce chemokines. Br J Ophthalmol, 2006;90:765-768.
  14. Takase H, Futagami Y, Yoshida T, Kamoi K, Sugita S, Imai Y, Mochizuki M. Cytokine profile in aqueous humor and sera of patients with infectious or noninfectious uveitis. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2006;47:1557-1561.
  15. Sugita S, Keino H, Futagami Y, Takase H, Mochizuki M, Stein-Streilein J, Streilein JW. B7+ iris pigment epithelial cells convert T cells into CTLA-4+, B7-expressing CD8+ regulatory T cells. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2006;47: 5376-5384.
  16. Sugita S, Takase H, Taguchi C, Imai Y, Kamoi K, Kawaguchi T, Sugamoto Y, Futagami Y, Itoh K, Mochizuki M. Ocular infiltrating CD4+ T cells from patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease recognize human melanocyte antigens. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2006;47:2547-2554.
  17. Sugita S, Takase H, Yoshida T, Sugamoto Y, Watanabe T, Mochizuki M. Intraocular soluble IL-2 receptor alpha in a patient with adult T-cell Leukemia with intraocular invasion. Br J Ophthalmol, 2006;90:1204-1206.
  18. Sugita S, Futagami Y, Smith SB, Naggar H, Mochizuki M. Retinal and ciliary body pigment epithelium suppress activation of T lymphocytes via transforming growth factor beta. Exp Eye Res, 2006;83:1459-1471.
  19. Igawa K, Endo H, Yokozeki H, Nishioka K, Kawaguchi T. Alopecia in Vogt-Koyanagi- Harada syndrome. J Eur Acad Dermatol Venereol, 2006;20: 236-238.
  20. Takase H, Yu CR, Ham DI, Chan CC, Chen J, Vistica BP, Wawrousek EF, Durum SK, Egwuagu CE, Gery I. Inflammatory processes triggered by TCR engagement or by local cytokine expression: differences in profiles of gene expression and infiltrating cell populations. J Leukoc Biol, 2006;80:538-45.
  21. Murai H, Kiyosawa M, Mochizuki M, Suzuki T. Sensitivity and specificity of new eye check chart for neuron-ophthalmological disease. Jpn J Ophthalmol, 2006;50:383-386.
  22. Egwuagu CE, Yu CH, Mahdi RM, Mameza M, Eseonu C, Takase H, Ebong S. Cytokine-induced retinal degeneration: role of suppressors of cytokine signaling (SOCS) proteins in protection of the neuroretina. Adv Exp Med Biol. 572:275-81, 2006.
  23. 川口龍史, 望月學. 硝子体手術後の裂孔原性網膜剥離に対し、網膜切開で復位を得られた急性網膜壊死の1例. Ophthalmology Update, 2006;21:7-8.
  24. 川口龍史, 横田眞子, 杉田直, 望月學. 視神経乳頭周囲新生血管に対しステロイドパルス療法が有効であったVogt-小柳-原田病の1例. 日眼会誌, 2006;110:58-60.
  25. 川口龍史, 横田眞子, 杉田直, 望月學.視神経乳頭周囲新生血管に対しステロイドパルス療法が有効であったVogt-小柳-原田病の1例.日眼会誌, 2006;110:58-60.
  26. 中村浩志, 井上芳徳, 広川雅之, 菅野範英, 岩井武尚, 清澤源弘. 内頚動脈の血行再建が眼虚血症候群に有効であった2症例. 日本血管外科学会雑誌15, 2006: 15:395-399.

著書

  1. 望月學. 現代の眼科学. (改訂第9版) 金原出版, 2006.3.31発行.
  2. Ohno-Matsui K, Tokoro T. Myopic choroidal neovascularization. pp.85~99. Ocular Angiogenesis, Humana Press Inc., Totawa, NJ, 2006
  3. 大野 京子・望月學. 眼底出血. ベストアプローチ臨床検査ガイド pp.371, 中外医学社 2006.
  4. 川口龍史、望月學.問診のとり方:アネムネーゼから考えるぶどう膜炎.水木信久編,すぐに役立つ眼科診療の知識.基礎からわかるぶどう膜炎.pp.11-14,金原出版 2006.
  5. 川口龍史、望月學.中間部ぶどう膜炎.田野保雄編,眼科プラクティス12,眼底アトラス,pp.246,文光堂 2006.
  6. 川口龍史、望月學.眼トキソカラ症.田野保雄編,眼科プラクティス12,眼底アトラス,pp.247,文光堂 2006.
  7. 川口龍史、望月學.嚢虫症によるぶどう膜炎.田野保雄編,眼科プラクティス12,眼底アトラス,pp.248,文光堂 2006.
  8. 川口龍史、望月學.ヒトTリンパ球向性ウイルス1型関連ぶどう膜炎.田野保雄編,眼科プラクティス12,眼底アトラス,pp.253,文光堂 2006
  9. 根本伸之, 清澤源弘. 眼が重い. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.18, 金原出版. 2006.
  10. 鈴木幸久, 清澤源弘. 眼瞼、瞼裂幅に注意. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.19, 金原出版. 2006.
  11. 鈴木幸久, 清澤源弘. 瞬目の生理学. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.22-23, 金原出版. 2006.
  12. 鈴木幸久, 清澤源弘. 眼をあけていられない. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.24-25, 金原出版. 2006.
  13. 鈴木幸久, 清澤源弘. 眼瞼痙攣と開瞼失行症. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.25-26, 金原出版. 2006.
  14. 堀江長春, 清澤源弘. 片目で見るとゆれて見える. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.130-31, 金原出版. 2006.
  15. 清澤源弘, 石井賢二. 視覚性運動盲akinetopsia、動いているものを見ていられない. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.38-39, 金原出版. 2006.
  16. 堀江真太郎, 清澤源弘. 黒いものが見える. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.18, 金原出版. 2006.
  17. 清澤源弘. 自覚されたマリオット盲点. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.53-54, 金原出版. 2006.
  18. 西牟田明伸, 清澤源弘. 物が二つに見える. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.55-57, 金原出版. 2006.
  19. 村井秀樹, 清澤源弘. 複視. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.57, 金原出版. 2006.
  20. 鈴木幸久, 清澤源弘. 物が揺れる. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.58-59, 金原出版. 2006.
  21. 鈴木幸久, 清澤源弘. 眼振のない動振視. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.59-60, 金原出版. 2006.
  22. 大野京子, 清澤源弘. 強度近視者の中心暗点. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.67-69, 金原出版. 2006.
  23. 大野直則, 清澤源弘. 眼瞼痙攣を示す重症筋無力症. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.87-88, 金原出版. 2006.
  24. 林憲吾, 清澤源弘, 若倉雅登. 甲状腺眼症. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.88-92, 金原出版. 2006.
  25. 清澤源弘, 清水恵. 赤眼短絡症候群 Red eyed shunt syndrome (Dural AVM). 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.93-94, 金原出版. 2006.
  26. 堀江長春, 清澤源弘. 眼瞼痙攣. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.95-96, 金原出版. 2006.
  27. 根本伸之, 清澤源弘. 輻輳痙攣. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.97, 金原出版. 2006.
  28. 山下牧子, 清澤源弘. 麻痺性斜視に対するプリズム眼鏡の適応. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.104-105, 金原出版. 2006.
  29. 清水恵, 清澤源弘. 複視. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.107, 金原出版. 2006.
  30. 村井秀樹, 清澤源弘. 緑内障. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.110-112, 金原出版. 2006.
  31. 青格勒図, 清澤源弘, 藤野 貞. Oculogyric crisis(眼球上転発作). 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.1124-1125, 金原出版. 2006.
  32. 清水恵, 清澤源弘. 過矯正と眼精疲労. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.134-135, 金原出版. 2006.
  33. 溝口正一, 清澤源弘. 眼科から見た心因性視力障害. 解決、眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴, pp.152-154, 金原出版. 2006.
  34. 大野直則, 清澤源弘. 視神経炎. 眼科プラクティス 12眼底アトラス. 田野保雄編. pp.294-295, 文光堂. 2006
  35. 堀江長春, 清澤源弘. 麻酔震度が浅いと眼球はなぜ動くのか. 麻酔科診療プラクティス 20 臨床麻酔の疑問に答える生理学. 高崎真弓編. pp.224-227, 文光堂. 2006
  36. 清澤源弘, 清水 恵. 赤眼短絡路症候群、緑内障3分診療を科学する. 症例に学ぶマネージメントの実際. pp.156-157, 中山書店. 2006

総説

  1. 大野京子・奥山文雄. 2004年度 視力・屈折・調節の展望. 眼科, 2006;48:1599-1616.
  2. 大野京子. 糖尿病網膜症において網膜新生血管をおこすのはエリスロポエチンか? 日本の眼科, 2006;77:145-146.
  3. 大野京子. 第59回日本臨床眼科学会印象記.「脈絡膜新生血管 他」. 眼科, 2006;48:587-588.
  4. 大野京子. 強度近視性脈絡膜新生血管. 眼科, 2006;48:1243-1251.
  5. 大野京子. LASIK後に生じる後部硝子体剥離と黄斑円孔. 日本の眼科, 2006;77:19-20.
  6. 大野京子. 強度近視眼における自覚症状のない黄斑円孔. 日本の眼科, 2006;77:1409-1410.
  7. 大野京子. 眼における血管新生病研究の新展開. 細胞, 2006;38:353-354.
  8. 吉田武史・大野京子. 加齢黄斑変性における脈絡膜血管新生の分子メカニズム. 細胞, 2006;38:371-374.
  9. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する新展開. 日本眼科学会雑誌, 2006;110:853-854.
  10. 川口龍史, 花田厚枝, 堀江真太郎, 望月學.眼サルコイドーシス診断基準の再検討‐眼所見と全身検査‐.眼紀, 2006;57:79-83.
  11. 川口龍史, 望月學.人畜共通感染症.日本の眼科, 2006;77:559-562.
  12. 望月學. 初めての学会発表. 臨床眼科, 2007;61:38-39.
  13. 川口龍史, 望月學. 急性網膜壊死の治療.(Review) Ophthalmology Update, 2006;21:3-6.
  14. 杉田直. 眼色素上皮細胞の免疫学的抑制機構. あたらしい眼科, 2006;23:63-64.
  15. 杉田直. 免疫抑制性眼内微小環境?虹彩色素上皮および抑制T細胞. 日本眼科紀要, 2006;57:84-89.
  16. 鈴木幸久, 清澤源弘. PETによる中枢機能画像. 眼科, 2006;48:1521-1529.
  17. 山下牧子. PDメータ. 器具・器械の取り扱いトラの巻き. 眼科ケア, 2006;8:279-284.

学会発表

  1. 臼井友香, 菅本良治, 川口龍史, 岩永洋一, 今井康久, 杉田直, 望月學. 東京医歯大における最近7年間の急性網膜壊死の治療成績. 第21回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京,2006.2.11.
  2. 原和歌子, 杉田直, 川口龍史, 岩永洋一, 今井康久, 小川学, 望月學. フォークト・小柳・原田病様の眼病変を呈するぶどう膜炎が合併した多腺性自己免疫性症候群TypeⅡの1例. 第21回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京,2006.2.11.
  3. 小泉千春, 小島有里子, 小林加奈子, 大野京子, 所敬, 望月學. 小児病的近視眼における屈折度の長期経過. 第21回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京,2006.2.11.
  4. 田中宏幸・飛田秀明・林憲吾・森山無価・島田典明・小島有里子・大野京子・所敬・望月學. 当科における光線力学療法の短期治療効果. 第21回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会,東京,2006.2.11.
  5. 小島有里子, 大野京子, 中浜健一, 森田育男, 望月學. コネキシン43の網膜色素上皮細胞分化への関与. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.13.
  6. 青格勒図, 鈴木幸久, 石渡喜一, 清澤源弘, 望月學. Bicuculline methiodide(BM)による頭頚部ジストニアラットの脳糖代謝と受容体結合能. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.13.
  7. 堀江長春, 鈴木幸久, 溝口正一, 清澤源弘, 望月學, 若倉雅登, 石渡喜一, 石井賢二. 原発性眼瞼痙攣における脳内ドーパミンD2受容体密度の変化. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.13.
  8. 吉田武史, 大野京子, 小島有里子, 島田典之, 王紀英, 森田育男, 望月學. ヒト網膜色素上皮細胞においてamyloidβにより誘導される炎症性サイトカイン発現変化. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14
  9. 大野京子, 森圭介, 市野瀬志津子, 佐藤哲二, 王紀英, 小島有里子, 島田典明, 森田育男, 望月學. 羊膜上に培養した虹彩色素上皮細胞シート移植によるRCS ratの視細胞保護効果. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14
  10. 川口龍史, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 望月學. ヒト虹彩色素上皮細胞によるin vitroにおける活性化T細胞の抑制. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14.
  11. 二神百合, 杉田直, 堀江真太郎, 望月學. 虹彩色素上皮産生Thrombospondin-1におけるCD8+抑制T細胞誘導. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14.
  12. 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 望月學. 虹彩色素上皮により産生された膜結合型TGFβによる活性化T細胞抑制. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14.
  13. 堀江真太郎, 杉田直, 二神百合, 慶野博, 望月學. 眼色素上皮誘導FOXP3+ CD25+ T細胞の活性化T細胞抑制能. 第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006.4.14
  14. Kawaguchi T, Sugita S, Horie S, Futagami Y, Mochizuki M. Human iris pigment epithelium inhibit activation T lymphocytes in vitro. The 110th Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale, (U.S.A.). 2006.5.4
  15. Ohno-Matsui K, Mori K, Ichinose S, Sato T, Wang J, Shimada N, Kojima A, Mochizuki M, Morita I. In vitro and in vivo characterization of iris pigment epithelial cells cultured on amniotic membrane. The 110th Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale (U.S.A.). 2006.5.4
  16. Sugita S,Futagami Y, Horie S, Mochizuki M, Ng TF, Streilein JW. Iris pigment epitjelium(IPE) and IPE regulatory T cells suppress activation of T cells via membrane-bound TGF-beta. The 110th Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale (U.S.A.). 2006.5.4
  17. Futagami Y, Sugita S, Horie S, Vega J, Ishida K, Aburatani H, Streilein JW, Mochizuki M. T cell suppression by thrombospondin-1 on pigment epithelium (PE) and PE-dependent regulatory T cells in the eye. The 110th Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale (U.S.A.). 2006.5.4
  18. Horie S, Sugita S, Futagami Y, Keino H, Streilein JW, Mochizuki M. Foxp3+ CD25+ T cells induced by ocular pigment epithelium display regulatory phenotype and acquire regulatory functions. The 110th Annual Meeting of the Association for Research in Vision and Ophthalmology, Fort Lauderdale (U.S.A.). 2006.5.4
  19. 田中宏幸, 林憲吾, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 大野京子, 所敬, 望月學. 強度近視の脈絡膜新生血管に対する光線力学療法の治療経過. 第748回東京眼科集談会. 東京. 2006.5.17.
  20. Shimada N, Ohno-Matsui K, Baba T, Moriyama M, Kojima A, Tokoro T, Mochizuki M. Natural course of macular retinoschisis in pathologic myopia. 21st APAO. シンガポール. 2006.6.12.
  21. 森山無価, 大野京子, 林憲吾, 西牟田明伸, 黄威翔, 小林加奈子, 小島有里子, 島田典明, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. 強度近視眼における脈絡膜血管構築の長期変化. 第23回日本眼循環学会. 山梨. 2006.6.30.
  22. 西牟田明伸, 大野京子, 島田典明, 小島有里子, 森山無価, 林憲吾, 黄威翔, 小林加奈子, 原和歌子, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. OCTを用いて乳頭周囲コーヌス内にcyst様変化を認めた強度近視の1症例. 第23回日本眼循環学会. 山梨. 2006.6.30.
  23. 飛田秀明, 大野京子, 小川学, 小島有里子, 堀江真太郎, 望月學. 家族性アミロイドニューロパチーにおける脈絡膜血管病変の長期経過. 第23回日本眼循環学会. 山梨. 2006.6.30.
  24. 堀江真太郎, 杉田直, 二神百合, 望月學. 虹彩色素上皮細胞由来CD8+CD25+抑制T細胞の解析. 第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006.7.7.
  25. 高瀬博, C R Yu, 藤本千明, Gery I, Egwuagu C E. Th1/Th2細胞と実験的自己免疫性ぶどう膜炎におけるFOXO分子の発現. 第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006.7.7.
  26. 二神百合, 杉田直, 堀江真太郎, 望月學. 虹彩色素上皮由来抑制T細胞が産出するThrombospondin-1による活性化T細胞抑制作用. 第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006.7.7.
  27. 杉田直, 二神百合, 鴨居功樹, 堀江真太郎, 望月學, 中村織江, 山本芳実. 網膜色素上皮産出の新しい可溶性分子CTLA-2αを介した抑制T細胞誘導. 第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006.7.7.
  28. 川口龍史, 杉田直, 二神百合, 菅本良治, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏, 赤尾信明. 眼トキソカラ症にHHV-6の混合感染がみられた感染性ぶどう膜炎の1例. 第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006.7.8.
  29. Kawaguchi T. “Clinical features and current issues of uveitis in Japan” “Human iris pigment epithelium inhibit activation of T lymphocytes in vitro”. Casey Eye Institute Seminar, Portland, USA, 2006.8.11
  30. 安澄健次郎, 大野京子, 島田典明, 吉田武史, 小島有里子, 森山無価, 林憲吾, 黄威翔, 西牟田明伸, 原和歌子, 所敬, 望月學. 強度近視眼における緑内障様視野障害と視神経乳頭の特徴. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5.
  31. 小島有里子, 大野京子, 林憲吾, 島田典明, 森山無価, 安澄健次郎, 二神創, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するトリアムシノロン・アセトニドの後部テノン嚢下注射の治療成績. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5.
  32. 林憲吾, 大野京子, 二神創, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 黄威翔, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対する光線力学療法の治療成績および自然経過群との比較. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5.
  33. 菅本良治, 島田典明, 大野京子, 小川学, 堀江真太郎, 望月學. 近視性黄斑分離症治療における内境界膜剥離の必要性. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5.
  34. 木戸さやか, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 川口龍史, 岩永洋一, 菅本良治, 望月學. 前房水から高濃度のVZVが検出されたヘルペス性虹彩毛様体炎の5例. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  35. 臼井友香, 菅本良治, 杉田直, 川口龍史, 岩永洋一, 望月學. 東京医歯大における最近7年間の急性網膜壊死の治療成績. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  36. 杉田直, 川口龍史, 二神百合, 堀江真太郎, 菅本良治, 望月 學, 清水則夫, 渡邊健, 水上美樹, 森尾友宏, 赤尾信明. ヒトヘルペスウイルス6型(HHV6)感染性ぶどう膜炎のウイルス分子生物学的検討. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  37. 山本紗也香, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 川口龍史, 岩永洋一, 菅本良治, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏. 眼局所検体を用いたPCR法にてEBV-DNAが陽性を示したぶどう膜炎の検討. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  38. 高橋任美, 杉田直, 川口龍史, 二神百合, 堀江真太郎, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏. EBV-DNAが眼局所から高く検出された乾癬性ぶどう膜炎. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  39. 川口龍史, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 清水則夫, 森尾友宏, 望月學. サイトメガロウイルス感染が原因と考えられた前部ぶどう膜炎の1例. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  40. 清水恵, 臼井友香, 堀江長春, 鈴木幸久, 清澤源弘, 石井賢二, 望月學. 後頭葉梗塞により相貌失認と中枢性色覚異常を呈した一例. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  41. 堀江真太郎, 菅本良治, 小川学, 望月學. 増殖糖尿病網膜症の硝子体手術における25ゲージ硝子体カッターを用いた増殖膜処理. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.6
  42. 島田典明, 大野京子, 原和歌子, 西牟田明伸, 黄威翔, 林憲吾, 森山無価, 小林加奈子, 小島有里子, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. 光干渉断層計(OCT)を用いた,強度近視眼における視神経乳頭周囲病変の解析. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.6
  43. 二神百合, 杉田直, 原和歌子, 川口龍史, 小川学, 望月學, 森尾友宏, 本田理峰, 藤巻拓郎, 横山利幸. フォークト・小柳・原田病様の眼所見を呈するぶどう膜炎を合併した多腺性自己免疫症候群の一例. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.7
  44. 小泉千春, 小島有里子, 小林加奈子, 大野京子, 所敬, 望月學. 小児病的近視眼における屈折度の長期経過. 第60回日本臨床眼科学会. 京都. 2006.10.7
  45. Kawaguchi T, Yoshizawa Y, Mochizuki M. Diagnostic values of ocular signs and systemic/laboratory investigations in the diagnosis of sarcoidosis. The 1st International Workshop on Ocular Sarcoidosis. 東京. 2006.10.28
  46. Mochizuki M. Report of the questionnaire. The 1st International Workshop on Ocular Sarcoidosis. 東京. 2006.10.29
  47. Emoto H, Suzuki Y, Horie C, Osaki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishiwata K, Ishii K. Metabolic aspects of photophobia in benign essential blepharospasm (BEB) ?A PET study-. The 10th International Congress of Parkinson’s Disease and Movement Disorders. 京都. 2006.11.2
  48. 林憲吾, 大野京子, 二神創, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 黄威翔, 西牟田明伸, 所敬, 望月學. 若年者の近視性脈絡膜新生血管に対する光線力学療法の治療効果. 第45回日本網膜硝子体学会. 東京. 2006.12.1.
  49. 島田典明, 大野京子, 西牟田明伸, 黄威翔, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 所 敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管の萎縮期に生じる網膜分離・剥離と黄斑円孔. 第45回日本網膜硝子体学会. 東京. 2006.12.1
  50. Suzuki Y, Horie C, Kiyosawa M, Mochizuki M,Wakakura M, Ishiwata K. Cerebral glucose metabolism in essential blepharospasm patients. 第16回国際神経眼科学会. 東京. 2006.12.1
  51. Horie C, Suzuki Y, Kiyosawa M, Mochizuki M, Ishii K. Dopamine D2 receptor binding in the striatum of patients with essential blepharospasm. 第16回国際神経眼科学会. 東京. 2006.12.1
  52. Shimizu M, Horie C, Suzuki Y, Kiyosawa M, Ishii K, Mochizuki M. A case of occipital infarction presented with prosopagnosia and cerebral color blindness. 第16回国際神経眼科学会. 東京. 2006.12.1
  53. Emoto H, Suzuki Y, Horie C, Osaki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishiwata K, Ishii K. Metabolic aspects of photophobia in benign essential blepharospasm (BEB): A PET study. 第16回国際神経眼科学会. 東京. 2006.12.1
  54. 西牟田明伸, 黄威翔, 林憲吾, 小島有里子, 森山無価, 島田典明, 大野京子, 所敬, 望月學. 強度近視眼にみられるparavascular retinal cystの特徴. 第45回日本網膜硝子体学会. 東京. 2006.12.3
  55. 森山無価, 大野京子, 島田典明, 小島有里子, 林憲吾, 西牟田明伸, 二神創, 所敬, 望月學. 強度近視眼の眼底にみられる放射状色素線条. 第45回日本網膜硝子体学会. 東京. 2006.12.3
  56. 小島有里子, 中浜健一, 大野京子, 望月學, 森田育男. コネキシン43の網膜色素上皮細胞分化への関与と脈絡膜新生血管における役割. 第14回日本血管生物医学会学術大会. 東京. 2006.12.13
  57. 吉田武史, 大野京子, 小島有里子, 島田典明, 望月學, 森田育男. ヒト網膜色素上皮細胞におけるAmyloid ?負荷時の血管新生関連因子の遺伝子発現変化. 第14回日本血管生物医学会学術大会. 東京. 2006.12.14

招待講演・特別講演

  1. Mochizuki M. Ocular sarcoidosis: its clinical features, diagnosis and management. Ophthalmic Winter Seminar 2006, Saas-Fee(Switzerland), 2006.1.19.
  2. Mochizuki M. Autoimmune uveitis: diagnosis and treatment. World Ophthalmology Congress 2006, San Paulo (Brazil), 2006.2.21.
  3. 望月學. Vogt-小柳- 原田病:診断と発症機構に関する最近のトピックス. 第65回山口眼科研究会, 山口. 2006.3.14.
  4. 大野京子. 加齢黄斑変性の発症機序-網膜色素上皮再生への取り組み-. 学術フロンテイア推進事業 「顎顔面・口腔領域の疾患因子の解明と診断・治療法の開発」. 神奈川. 2006.2.25
  5. 望月學. 日本におけるぶどう膜炎の傾向. 眼科診療アップデートセミナー2006 (IN京都), 京都. 2006.3.5
  6. 大野京子. 病的近視の後極部眼底病変の長期予後と治療. 第7回山梨網膜研究会. 山梨. 2006.3.9
  7. 大野京子. 病的近視の後極部眼底病変の管理と治療. 第45回多摩眼科集談会. 東京. 2006.4.8
  8. 大野京子. 創傷治癒の観点からみた脈絡膜血管新生. 第110回日本眼科学会総会 シンポジウム「創傷治癒と生体反応から考える眼疾患」. 京都. 2006.4.13
  9. Mochizuki M. Basic mechanisms of ocular immunity. 2006 ARVO Annual Meeting, Fort Lauderdale (U.S.A.), 2006.5.2.
  10. 大野京子. 近視性脈絡膜新生血管の長期予後と治療. 第8回Ophthalmic Surgery Club. 沖縄. 2006.5.13
  11. 望月學. ぶどう膜炎の診断と治療:感染性ぶどう膜炎を中心に. 第76回九州眼科学会(平成18年度九州ブロック講習会). 長崎. 2006.5.14
  12. Ohno-Matsui K. Retina symposim: Pushing the frontiers. Long-term natural prognosis and treatment of myopic CNV. 21st APAO. シンガポール. 2006.6.12
  13. Ohno-Matsui K. Myopic choroidal neovascularization. 21st APAO, instruction course. シンガポール. 2006.6.12
  14. 大野京子. 若年者の近視性CNVに対するPDTの治療効果. 第8回Japan Macula Club総会. 蒲郡. 2006.8.19
  15. 大野京子. 第2回Pfizer Ophthalmics Award受賞記念講演「加齢黄斑変性における脈絡膜血管新生の発症メカニズム」. 第60回臨床眼科学会. 京都. 2006.10.5
  16. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する管理と治療. 中野区眼科分科会講演会. 東京. 2006.10.12
  17. 望月學. THLV-1関連ぶどう膜炎-病態と治療. 第7回HTLV-1と疾患(公開講座). 東京. 2006.11.18
  18. Kiyosawa M. Learning neuron-ophtalmology practice from Dr. Tadashi Fujino in Neuro-ophthalmology diagnosis without the use of special instruments. A retrospective of Dr Tadashi Fujino’s achievements. 第16回国際神経眼科学会. 東京. 2006.12.2
  19. 大野京子. 強度近視の網膜病変. 第37回東京都眼科医会研修会. 東京. 2006.12.2
  20. 大野京子. みんなで考えよう!近視性脈絡膜新生血管の治療. 第1回日本近視眼底研究会. 東京. 2006.12.2
  21. 望月學. 感染性ぶどう膜炎の最近の話題. 第83回日大眼科症例検討会, 日大. 2006.12.7
  22. Mochizuki M. Vogt-Koyanagi-Harada disease ?A unique autoimmune disease common in Asia. The47th Annunal Meeting and the 9th International Symposium on Ophthalmology and the 7th Taiwan-Japan Joint Meeting. 2006.12.8

受賞

  1. 大野京子. 第2回Pfizer Ophthalmics Award Japan基礎部門 受賞

その他

  1. 望月學. ぶどう膜炎. ラジオNIKKEI「医学講座」, 2006.1.6収録 2006.1.27放映.(番組名 医学講座)
  2. 望月學. 医療ルネサンスNo.3906 広がる白血病ウイルス. 2006.7.24 読売新聞12面掲載.

学会等主催

  1. Mochizuki M. The First International Workshop On Ocular Sarcoidosis. 東京コンファレンスセンター・品川. (東京) 2006.10.28~29

学会等主催

  1. 望月學. ぶどう膜炎の分子機構の解明:浸潤リンパ球における疾患蛋白遺伝子発現の網羅的解析. 平成17年度日本学術振興会科学研究費基盤(B)継続
  2. 大野京子. Amyloid βを標的とした加齢黄斑変性の脈絡膜血管新生に対する治療戦略. 平成18年度日本学術振興会科学研究費基盤(B)継続
  3. 二神創. 強度近視における血管新生黄斑症の分子機構解明と治療法の確立. 平成18年度日本学術振興会科学研究費基盤(C)継続
  4. 杉田直. ヒト虹彩および前房水より誘導された眼特異的抑制細胞の機能解析. 平成18年度日本学術振興会科学研究費若手(B)新規
  5. 岩永洋一. マウス眼色素上皮細胞における抑制分子遺伝子発現の網羅的解析. 平成18年度日本学術振興会科学研究費若手(B)新規
  6. 大野京子. 加齢黄斑変性に対する新たな予防治療の確立. 平成18年度高齢者眼疾患研究費助成金