業績集

2007年

原著

  1. Sugita S, Takase H, Taguchi C, Mochizuki M. The role of soluble TNF receptors for TNF-α in uveitis. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2007;48:3246-3252.
  2. Goto H, Mochizuki M, Yamaki K, Kotake S, Usui M, Ohno S. Epidemiological survey of intraocular inflammation in Japan. Jpn J Ophthalmol, 2007;51:41-44.
  3. Kawaguchi T, Mochizuki M, Miyata K, Miyata N. Phacoemulsification cataract extraction and intraocular lens implanation in patients with uveitis. J Cataract Refract Surg, 2007;33:305-309.
  4. Kawaguchi T, Sugita S, Shimizu N, Mochizuki M. Kinetics of aqueous flare, intraocular ressure and virus-DNA copies in a patient with cytomegalovirus iridocyclitis without retinitis. Int Ophthalmol, 2007;27:383-386.
  5. Kawaguchi T, Hanada A, Horie S, Sugamoto Y, Mochizuki M. Evaluation of characteristic ocular signs and systemic investigations in ocular sarcoidosis patients. Jpn J Ophthalmol, 2007;51:121-126.
  6. Sugita S, Futagami Y, Horie S, Mochizuki M. TGFβ-producing Foxp3+ CD8+ CD25+ T cells induced by iris pigment epithelial cells display regulatory phenotype and acquire regulatory functions. Exp Eye Res, 2007;85:626-636.
  7. Chan C C, Shen D, Mochizuki M, Gonzales B S, Yuen H K L, Guex-Crosier Y, LeHoang P. Detection of helicobacter pylori and chlemydia pneumoniae genes in primary orbital lymphoma. Trans Am Ophthalmol Soc, 2006;104:62-70.
  8. Futagami Y, Sugita S, Vega J, Ishida K, Takase H, Maruyama K, Aburatani H, Mochizuki M. Role of thrombospondin-1 in T cell response to ocular pigment epithelial cells. J Immunol, 2007;178:6994-7005.
  9. Herbort C P, Mochizuki M. Vogt-Koyanagi-Harada disease:inquiry into the genesis of a disease name in the historical context of Switzerland and Japan. Int Ophthalmol, 2007;27:67-79.
  10. Sugita S, Takase H, Kawaguchi T, Taguchi C, Mochizuki M. Cross-reaction between tyrosinase peptides and cytomegalovirus antigen by T cells from patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol, 2007;27:87-95.
  11. Mantovani A, Resta A, Herbort C P, Abu El Asrar A, Kawaguchi T, Mochizuki M, Okada A A, Rao N A. Work-up, diagnosis and management of acute Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol, 2007;27:105-115.
  12. Miyanaga M, Kawaguchi T, Shimizu K, Miyata K, Mochizuki M. Influence of early cerebrospinal fluid-guided diagnosis and early high-dose corticosteroid therapy on ocular outcomes of Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol, 2007;27:183-188.
  13. Shimada N, Ohno-Matsui K, Nishimuta A, Tokoro T, Mochizuki M. Peripapillarychanges detected by optical coherence tomography in eyes with high myopia. Ophthalmol, 2007;114:2070-2076.
  14. Moriyama M, Ohno-Matsui K, Futagami S, Yoshida T, Hayashi K, Shimada N, Kojima A, Tokoro T, Mochizuki M. Morphology and Long-term changes of choroidal vascular structure in high myopic eyes with and without posterior staphyloma. Ophthalmol, 2007;114:1755-1762.
  15. Suzuki Y, Mizoguchi S, Kiyosawa M, Mochizuki M, Ishiwata K, Wakakura M, Ishii K. Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with essential blepharospasm. J Neurol, 2007;254:890-896.
  16. Sugita S, Shimizu N, Kawaguchi T, Akao N, Morio T, Mochizuki M. Identification of human herpesvirus 6 in a patient with severe unilateral panuveitis. Arch Ophthalmol, 2007;125:1426-1427.
  17. 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 油谷浩幸, 望月學. マウス毛様体色素上皮細胞による活性化T細胞抑制. 日本眼科学会雑誌, 2007;111:598-605.
  18. 清水恵, 堀江長春, 鈴木幸久, 清澤源弘, 石井賢二, 望月學. 後頭葉梗塞により相貌失認と中枢性色覚異常を呈した一例. 臨床眼科, 2007;61:1017-1020.
  19. 清澤源弘, 鈴木幸久. 眼瞼けいれん. 臨床精神医学, 2007;36:251-254.
  20. 堀江長春, 清澤源弘. 脳血管障害. 臨床眼科, 2007;61:70-73.

著書

  1. 堀江長春, 清澤源弘. 神経眼科をやさしく理解するための視覚と眼球運動のすべて. “視覚認知とその異常にはなにがあるか?”. 若倉雅登, 三村治 編集, メディカルビュー社 東京, 2007:64-69.
  2. 清澤源弘. すぐに役立つ眼科診療の知識 両眼視. “両眼視と不定愁訴”. 大槻 洋編集, 金原出版 東京, 2007:137-142.
  3. 清澤源弘. 眼科診療便利手帳 改定第2版. “うっ血乳頭”. 臼井正彦, 坪田一男監修, 診断と治療社 東京, 2007:168.
  4. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “ウェルニッケ症候群”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:413-414.
  5. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “大脳障害による眼球運動異常”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:420.
  6. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “小脳障害による眼球異常”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:421.
  7. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “視束ないし外側膝状体の障害”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:384-385.
  8. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “側頭葉・頭頂葉・後頭葉障害”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:385-386.
  9. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “片頭痛・閃輝暗転”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:386-387.
  10. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “眼窩神経痛(三叉神経痛”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:387-388.
  11. 清澤源弘. 今日の眼疾患治療指針第2版. “一過性黒内障”. 田野保雄, 樋田哲夫編集, 医学書院 東京, 2007:388.

総説

  1. 望月學. サルコイドーシス. 日本の眼科, 2007;78:1295-1300.
  2. 望月學. 免疫抑制薬の保険適応外使用. 眼科プラクティス, 2007;16:270-271.
  3. 望月學. 我が国の肉芽腫性ぶどう膜炎の臨床的問題. 日本眼科学会雑誌, 2007;111:353-366.
  4. 望月學. 眼病変. サルコイドーシスとその他の肉芽腫性疾患, 2006年度, 118-124.
  5. 川口龍史, 望月學. 急性網膜壊死. 眼科, 2007;49:1181-1187.
  6. Sugita S. Intravitreal anti-inflammatory therapy for uveitis. Br J Ophthalmol, 2007;91:135-136. 2007.
  7. Zamiri P, Sugita S, Streilein JW. Immunosuppressive properties of the pigmented epithelial cells and the subretinal space. Chem Immunol Allergy, 2007;92:86-93.
  8. Herbort C P, Mochizuki M. Editorial:Vogt-Koyanagi-Harada disease. Int Ophthalmol, 2007;27:63-65.
  9. 大野京子. 強度近視と血管新生. 臨床眼科, 2007;61:294.
  10. 大野京子. 近視眼の加齢による眼底病変. 日本医師会雑誌, 207;136:1753-1758.
  11. 大野京子. 加齢黄斑部変性患者に不安障害やうつ病が多い-そのとき、眼科医はどうしたら?. 日本の眼科, 2007;78:1733-1734.
  12. 大野京子. 近視性網脈絡膜萎縮・近視性脈絡膜新生血管・後部強膜ぶどう腫. 眼科, 2007;49:675-682.
  13. 大野京子, 島田典明, 奥山文雄. 2005年度 視力・屈折・調節の展望. 眼科, 2007;49:1745-1762.
  14. 島田典明, 大野京子. 第60回日本臨床眼科学会印象記. 「脈絡膜新生血管他」. 「新しい検査、器具、術式」. 眼科, 2007;49:505-507.

学会発表

  1. Ikuno Y, Ohno-Matsui K, Shimada N, Hsiang WH. Current concepts and challenges in the management of posterior complications from high myopia. 22nd APAO, Pakistan, 2007.2.7.
  2. 木戸さやか, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 川口龍史, 岩永洋一, 佐々木秀次, 望月學. 経過中に上皮型ヘルペスを合併した角膜内皮炎の4症例. 第22回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会, 東京, 2007.2.11.
  3. 山本紗也香, 杉田直, 岩永洋一, 臼井友香, 二神百合, 堀江真太郎, 菅本良治, 望月學. T細胞リンパ腫と考えられた眼内リンパ腫の一例. 第22回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会, 東京, 2007.2.11.
  4. 高橋任美, 杉田直, 岩永洋一, 川口龍史, 二神百合, 堀江真太郎, 横田眞子, 鴨居功樹, 高瀬博, 菅本良治, 望月學. 東医歯大眼科における眼内リンパ腫10例の検討. 第22回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会, 東京, 2007.2.11.
  5. 末吉真一, 林 憲吾, 島田典明, 小島有里子, 吉田武史, 森山無価, 安澄健次郎, 小林加奈子, 西牟田明伸, 黄威翔, 原和歌子, 大野京子, 望月學. 治療後に完全消失した近視性脈絡膜新生血管(近視性CNV)の症例の特徴. 第22回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会, 東京, 2007.2.11.
  6. 金子 悠, 飛田秀明, 林憲吾, 島田典明, 小川学, 大野京子, 所敬, 望月學. 当科における光線力学療法の短期治療効果. 第22回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集団会, 東京, 2007.2.11.
  7. 鈴木幸久, 清澤源弘, 望月學, 若倉雅登, 石井賢二. PET画像でみる原因不明の視覚障害. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.20.
  8. 中西秀雄, 後藤謙元, 大谷篤史, 辻川明孝, 吉村長久, 斎藤昌晃, 斎藤国治, 飯田知弘, 島田典明, 大野京子, 望月 學. 日本人の加齢黄斑変性・近視性脈絡膜新生血管でのHTRA1プロモーター領域の一塩基多型. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.19.
  9. 王紀英, 大野京子, 吉田武史, 森田育男, 望月學. 加齢黄斑変性の補体活性化におけるアミロイドβの役割. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.19.
  10. 堀江真太郎, 杉田直, 二神百合, 望月學. 網膜色素上皮(RPE)が分泌するプロスタグランジンE2のT細胞抑制機構における役割. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.22.
  11. 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 望月學, 中村織江, 山本芳美. 網膜色素上皮産生まCTLA-2aによるCD4+ CD25+ FOXP3+ 抑制T細胞の解析. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.22.
  12. 小島有里子, 大野京子, 中濱健一, 森圭介, 島田典明, 吉田武史, 森田育男, 望月學. .網膜色素上皮細胞におけるコネキシン43発現阻害による脈絡膜血管新生の退縮遅延. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.20.
  13. 島田典明, 大野京子, 小島有里子, 望月學, 森田育男. 網膜および脈絡膜血管新生におけるカプシンLの関与. 第111回日本眼科学会総会, 大阪, 2007.4.20.
  14. Gonzales J A, Shen D, Levy-Clarke G, Buggage R R, Mochizuki M, Callanan D G, Nussenblatt R B, Chan C C. Molecular analysis of IgH gene rearrangements in 61 patients with primary intraocular lymphoma. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2007 Annual Meeting, 2007.5.7.
  15. Shimada N, Ohno-Matsui K, Kojima A, Mochizuki M, Morita I. Inhibition of cathepsin L causes a reduced neovascularization in the retina and choroid. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2007 Annual Meeting, 2007.5.7.
  16. Ohno S, Mochizuki M, Usui M, Masuda K,Sekiya T, Ogawa T. A phase III, non-inferiority study of difluprednate ophthalmic emulsion (DFBA), 0.05% in the treatment of anterior uveitis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2007 Annual Meeting, Fort Lauderdare (U.S.A.), 2007.5.9.
  17. Mochizuki M, Ohno S, Usui M, Masuda K, Sekiya T, Ogawa T. A phase III, open-lebel, clinical study of difluprednate ophthalmic emulsion (DFBA), 0.05% in the treatment of severe refractory anterior uveitis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2007 Annual Meeting, Foret Lauderdare (U.S.A.), 2007.5.9.
  18. Iwanaga Y, Futagami Y, Miyanaga M, Shimizu K, Miyata K, Watanabe T, Mochizuki M. HTLV-1 uveitis and viral load in PBMC (JSPFAD study). 13th International Conference on Human Retrovirology THLV and related VIRUSES, 箱根, 2007.5.22.
  19. 望月學. HTLV-1ぶどう膜炎:診断と治療. 第13回国際ヒトレトロウイルス会議 市民公開講座 ~HTLV-1関連疾患を良く知るために~. 箱根, 2007.5.23.
  20. 杉田直. 眼内炎症調節機構―網膜色素上皮細胞(RPE)の抑制機能―. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.6.
  21. 堀江真太郎, 杉田直, 二神百合, 望月學, 油谷浩幸. 眼炎症時における網膜色素上皮のインターフェロン-γ関連ケモカイン産生能. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.6.
  22. 二神百合, 杉田直, 堀江真太郎, 高瀬博, 望月學. 眼内Foxp3陽性抑制T細胞誘導におけるThrombospondin-1の発現. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.6.
  23. 金子悠, 百野伊恵, 望月學. C型慢性肝炎に対しインターフェロン治療中にVogt-小柳-原田病を発症した1例. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.6.
  24. 宮永将, 川口龍史, 杉田直, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏, 宮田和典. 経時的に前房水ウイルス量を測定したサイトメガロウイルス前部ぶどう膜炎の1例. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.7.
  25. 木戸さやか, 杉田直, 川口龍史, 岩永洋一, 望月學, 宮永将, 宮田和典, 清水則夫, 森尾友宏. VZV虹彩毛様体炎における前房水中のVZVウイルス量と臨床所見との関連性. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.7.
  26. 山本紗也香, 杉田直, 岩永洋一, 臼井友香, 菅本良治, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏. 急性網膜壊死(ARN)眼内液のPCR法を用いたヘルペスウイルス遺伝子同定. 第41回日本眼炎症学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.7.
  27. 佐野研二. 進化するCL素材-その選び方-. 第50回日本コンタクトレンズ学会(スリーサム・イン東京), 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.7.
  28. 金子悠, 林憲吾, 飛田秀明, 大野京子, 望月學. 転移性脈絡膜腫瘍が初発症状で原発巣が発見された2症例. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  29. 島田典明, 大野京子, 原和歌子, 黄威翔, 森山無価, 小林加奈子, 小島有里子, 林憲吾, 安澄健次郎, 吉田武史, 二神創, 所敬, 望月學. 病的近視眼に見られる乳頭周囲剥離に黄斑部網膜剥離を合併した一例. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  30. 飛田秀明, 金子悠, 小川学, 大野京子, 望月學. PDT後に高度の漿液性網膜剥離を生じたPCVの一例. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  31. 林憲吾, 大野京子, 吉田武史, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 黄威翔, 原和歌子, 小川学, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するアバスチン硝子体注入の短期治療成績. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  32. 末吉真一, 林憲吾, 島田典明, 小島有里子, 吉田武史, 森山無価, 安澄健次郎, 小林加奈子, 西牟田明伸, 黄威翔, 原和歌子, 大野京子, 所敬, 望月學. 治療後に完全消失した近視性脈絡膜新生血管(近視性CNV)の症例の特徴. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  33. 原和歌子, 大野京子, 島田典明, 西牟田明伸, 森山無価, 林憲吾, 小島有里子, 安澄健次郎, 吉田武史, 望月學. 強度近視眼の網膜分離症の蛍光眼底造影. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.13.
  34. 林憲吾, 大野京子, 吉田武史, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 黄威翔, 原和歌子, 小川学, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するアバスチン硝子体注入の短期治療成績. 第24回日本眼循環学会. 高松, 2007.7.14.
  35. 末吉真一, 林憲吾, 島田典明, 小島有里子, 吉田武史, 森山無価, 安澄健次郎, 小林加奈子, 西牟田明伸, 黄威翔, 原和歌子, 大野京子, 所敬, 望月學. 治療後に完全消失した近視性脈絡膜新生血管の症例の特徴. 第24回日本眼循環学会, 高松, 2007.7.14.
  36. 原和歌子, 大野京子, 島田典明, 西牟田明伸, 森山無価, 林憲吾, 小島有里子, 安澄健次郎, 吉田武史, 望月學. 強度真摯眼の網膜分離症の蛍光眼底造影. 第24回日本眼循環学会, 高松,
  37. 福田泰子, 山田由季子, 田中明子, 望月學. 当初涙嚢炎が疑われた顔面悪性リンパ腫の1例. 第755回東京眼科集談会, 東京(順天堂大学・有山記念講堂), 2007.8.22.
  38. Horie S, Sugita S, Kido S, Shimizu N, Morio T, Mochizuki M. An association of Varicella-Zoster virus load in the aqueous humor with clinical manifestations of anterior uveitis in herpes zoster ophthalmics and zoster sine herpete. 9th International Ocular Inflammation Society, Paris, 2007.9.18.
  39. 島田典明, 安澄健次郎, 大野京子, 原和歌子, 黄威翔, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 吉田武史, 所敬, 望月學. 強度近視眼にみられる緑内障様視野障害の進行と要因の解析. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  40. 木戸さやか, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 岩永洋一, 佐々木秀次, 望月學, 清水則夫, 森尾友宏. 経過中に樹枝状角膜潰瘍を合併した角膜内皮炎の4症例. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  41. 鴨居功樹, 杉田直, 木戸さやか, 堀江真太郎, 菅本良治, 望月學, 清水則夫, 森浩士, 宮永将, 宮田和典. 皮膚症状を伴わない水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)虹彩毛様体炎の3例. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  42. 高橋任美, 杉田直, 二神百合, 堀江真太郎, 岩永洋一, 横田眞子, 鴨居功樹, 高瀬博, 菅本良治, 望月學. 東京医歯大における眼内リンパ腫10例の検討. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  43. 小島有里子, 大野京子, 島田典明, 吉田武史, 林憲吾, 森山無価, 原和歌子, 黄威翔, 西牟田明伸, 所敬, 望月學. 片眼強度近視の臨床的特徴の検討. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  44. 林憲吾, 大野京子, 吉田武史, 森山無価, 安澄健次郎, 小島有里子, 黄威翔, 原和歌子, 所敬, 望月學. 近視性網脈絡膜新生血管に対するbevacizumab硝子体注入の治療成績. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  45. 森山無価, 大野京子, 林憲吾, 西牟田明伸, 黄威翔, 小島有里子, 島田典明, 安澄健次郎, 吉田武史, 所敬, 望月學. 強度近視眼におけるlacquer crack lesionの臨床的特徴の解析. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  46. 村井秀樹, 菅本良治, 島田典明, 大野京子, 望月學. 近視性黄斑分離・剥離に対する硝子体手術成績. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  47. 堀江真太郎, 川口龍史, 杉田直, 大野京子, 望月學, Nadia Bouchenaki, Carl P Herbort. Vogt―小柳-原田病の治療におけるステロイド投与量のICG所見に及ぼす影響. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  48. 山田由季子, 杉田直, 高瀬博, 鴨居功樹, 横田眞子, 堀江真太郎, 望月學. OCTオフサルモスコープ(C7)を用いたベーチェット病ぶどう膜炎の眼病変の観察. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  49. 田中宏幸, 杉田直, 山田由季子, 川口龍史, 岩永洋一, 鴨居功樹, 横田眞子, 高瀬博, 望月學. ベーチェット病に伴う難治性網膜ぶどう膜炎に対するinfliximab投与の効果. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  50. 高瀬博, 菅本良治, 村井秀樹, 坂夏子, 灰野誠, 山田由季子, 杉田直, 望月學. 真性多血症に合併したサイトメガロウイルス網膜炎の1例. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  51. 山本紗也香, 杉田直, 岩永洋一, 臼井友香, 二神百合, 堀江真太郎, 菅本良治, 望月學, 新井文子, 三浦修. 滲出性網膜剥離を伴った網膜下浸潤型のDiffuse large B-cell lymphomaの一例. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  52. 菅本良治, 高瀬博, 村井秀樹, 堀江真太郎, 杉田直, 望月學. ぶどう膜炎に対する硝子体手術の有用性. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  53. 清水 恵, 村井秀樹, 堀江真太郎, 大野直則, 鈴木幸久, 清澤源弘, 土井賢, 望月學. 甲状腺機能亢進症を伴う視神経炎の一例. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.11.
  54. 飛田秀明, 金子悠, 小川学, 島田典明, 大野京子, 望月學. 東京医科歯科大学における加齢黄斑変性に対するアバスチンの短期治療経過. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  55. 金子悠, 飛田秀明, 小川學, 臼井友香, 大野京子, 望月學. 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するアバスチン硝子体投与. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  56. 黄威翔, 大野京子, 島田典明, 林憲吾, 小島有里子, 安澄健次郎, 原和歌子, 西牟田明伸, 吉田武史, 所敬, 望月學. 20年以上にわたり経過観察した、後部強膜ぶどう腫の長期形状変化. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  57. 高瀬博. Ocular sarcoidosis国際診断基準作成の試み. 第27回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会, 東京, 2007.10.18.
  58. Hsiang WH, Shimada N, Ohno-Matsui K, Tokoro T, Mochizuki M. Features of posterior staphyloma in pathologic myopia. American Academy of Ophthalmology 2007 Annunal Meeting, New Orleans(U.S.A.), 2007.11.10.
  59. Shimada N, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Detection of paravascular lamellar holes by optical coherence tomography on eyes with high myopia. American Academy of Ophthalmology 2007 Annunal Meeting, New Orleans(U.S.A.), 2007.11.10.

その他

  1. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する新しいアプローチ. 第37回千葉県眼科医会特別講演会, 千葉, 2007.1.14.
  2. 大野京子. アミロイドの沈着から始まる加齢黄斑変性. 眼抗加齢医学研究会, 京都, 2007.4.19.
  3. 吉田武史. 日本眼科学会学術奨励賞受賞講演. 第111回日本眼科学会総会, 京都, 2007.4.21.
  4. 大野京子. 近視性黄斑変性の診断と治療の可能性-特に近視性脈絡膜新生血管について-. 第40回京滋臨床懇話会, 京都, 2007.5.26.
  5. 大野京子. 強度近視の眼合併症に対する新たなアプローチ. 第8回愛知眼科アカデミー. 名古屋, 2007.6.19.
  6. 望月學. 第41回日本眼炎症学会 眼炎症・基礎研究の最前線. スリーサム・イン東京, オーガナイザー, 東京(東京国際フォーラム), 2007.7.6.
  7. 大野京子. 強度近視の後極部眼底病変の診断と治療. 兵庫県黄斑疾患研究会, 神戸, 2007.7.7.
  8. 望月學. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」オーガナイザー・東京講座, 東京(よみうりホール), 2007.7.14-15.
  9. 望月學. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」オーガナイザー・神戸講座, 神戸(川鉄西山記念会館), 2007.7.21-22.
  10. 大野京子. 加齢黄斑変性における脈絡膜血管新生の分子機構を探る. 第1回バイオレスポンスカンファレンス, 福岡, 2007.7.28.
  11. 望月學. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」オーガナイザー・名古屋講座, 名古屋(名古屋市中小企業振興会館), 2007.7.28-29.
  12. 望月學. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・オーガナイザー・福岡講座, 福岡(明治安田生命ホール), 2007.8.25-26.
  13. Mochizuki M, B. Bodagi. Behcet’s disease. (Moderator). 9th International Ocular Inflammation Society, Paris, 2007.9.17.
  14. B.Bodaghi, Mochizuki M. Diagnostic procedures section. (Chair person). 9th Internatinal Ocular Inflammation Sciety, Paris, 2007.9.19.
  15. 望月學. 後眼部感染症. 第61回日本臨床眼科学会, 座長, 京都, 2007.10.11.
  16. 望月學, 眼サルコイドーシス2007. 第27回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会, 座長, 東京, 2007.10.18.

講演

  1. 杉田直. 眼内炎症調節機構に関する分子免疫学的研究‐眼色素上皮細胞の抑制機構解析‐. 関西眼疾患研究会, 京都, 2007.2.28.
  2. 望月學. インフリキシマブによるベーチェット病の新しい治療. レミケード適応追加記念講演会, 千葉市. 2007.3.8.
  3. 川口龍史. 治療法の選択に苦慮したPrimary intraocular Bcell lymphomaの1例. 第15回ぶどう膜炎カンファレンス, 東京. 2007.3.9. (症例提示ディスカッション)
  4. 杉田直. 非典型的な眼内悪性リンパ腫の一例. 第15回ぶどう膜炎カンファレンス, 東京. 2007.3.9. (症例提示ディスカッション)
  5. 望月學. 三大内眼炎の診断と治療. 眼科診療アップデートセミナー 2007 in 京都, 京都. 2007.3.25.
  6. 望月學. ベーチェット病の新しい治療について. 第1回九州ベーチェットフォーラム, 福岡. 2007.6.23.
  7. 杉田直. 感染性ぶどう膜炎. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・名古屋講座, 名古屋(名古屋吹上ホール), 2007.7.28-29.
  8. 杉田直. 感染性ぶどう膜炎. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・東京講座, 東京(よみうりホール), 2007.7.14-15.
  9. 杉田直. 感染性ぶどう膜炎. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・神戸講座, 神戸(川鉄西山記念会館), 2007.7.21-22
  10. 大野京子. What’s myopic CNV? What’s the best for myopic CNV? 第9回Japan Macula Club総会, 蒲郡, 2007.8.18.
  11. 望月學. ぶどう膜炎の診方(眼所見). 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・福岡講座, 福岡(明治安田生命ホール), 2007.8.25-26
  12. 杉田直. 感染性ぶどう膜炎. 日本眼科医会第54回生涯教育講座 「ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて」・福岡講座, 福岡(明治安田生命ホール), 2007.8.25-26
  13. 望月學. 眼底の病気と失明予防. 第23回目の健康講座~守ろう、健康な瞳~, 福岡(明治安田生命ホール), 2007.8.25
  14. Sugita S, Mochizuki M. Molecular tools for diagnosis of herpetic uveitis. 9th International Ocular Inflammation Society, Paris, 2007.9.19.
  15. Mochizuki M. Classification and scoring in rheumatology. 9th International Ocular Inflammation Society, Paris, 2007.9.20.
  16. 大野京子. 強度近視における脈絡膜新生血管の治療方針は何がベストか?, ランチョンセミナー「第2回近視眼底研究会-解らない、治らないから解る、治るへ-」. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.12.
  17. 大野京子. 強度近視の脈絡膜新生血管に対するタイプ別の治療成績. インストラクションコース「今ホットな近視の診断・治療」. 第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007.10.13.
  18. 望月學. 感染性ぶどう膜炎. 日本眼科医会生涯教育講座札幌講座プログラム ぶどう膜炎(内眼炎)のすべて, 札幌(大学共同利用施設ACU), 2007.10.27
  19. 大野京子. 強度近視における脈絡膜新生血管の治療方針は何がベストか?. 第5回葛飾眼病診懇話会, 東京, 2007.10.31.
  20. 大野京子. 抗VEGF療法(avastin)の治療成績.-特に近視性脈絡膜新生血管について-. 東邦大学大森病院勉強会, 東京(東邦大学大森病院), 2007.11.17.
  21. 望月學. ぶどう膜炎の所見の取り方・考え方. 第71回山口大学眼科研究会, 山口大学, 2007.11.27
  22. 望月學. わが国の3大ぶどう膜炎の臨床. 第92回沖縄眼科集談会, 沖縄(ロワジールホテル那覇), 2007.12.6.

研究費

  1. 望月學. ぶどう膜炎の分子機構の解明:浸潤リンパ球における疾患蛋白遺伝子発現の網羅的解析. 平成17年度日本学術振興会科学研究費基盤(B)継続
  2. 大野京子. 補体活性化を中心とした加齢黄斑変性の発症機序解明と新たな治療アプローチ. 平成19年度日本学術振興会科学研究費基盤(B)新規
  3. 大野京子. 転写技術を用いた細胞シートの眼再生医療への応用. 平成19年度日本学術振興会科学研究費萌芽 新規
  4. 大野京子. 加齢黄斑変性発症における補体活性化に対するβアミロイドの約役割. 平成19年度高齢者眼疾患研究助成
  5. 杉田直. ヒト虹彩および前房水より誘導された眼特異的抑制細胞の機能解析. 平成18年度日本学術振興会科学研究費若手(B)継続
  6. 岩永洋一. マウス眼色素上皮細胞における抑制分子遺伝子発現の網羅的解析. 平成18年度日本学術振興会科学研究費若手(B)継続

受賞

  1. 杉田直. 平成19年度財団法人日本眼科学会学術奨励賞 受賞