業績集

2009年

原著

  1. Sugita S, Usui Y, Horie S, Futagami Y, Yamada Y, Ma J, Kezuka T, Hamada H, Usui T, Mochizuki M, Yamagami S. Human corneal endothelial cells expressing programmed death-ligand 1 (PD-L1) suppress PD-1+ T helper 1 cells by a contact-dependent mechanism. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2009; 50: 263-272.
  2. Horie C, Kiyosawa M, Mochizuki M, Wakakura M, Oda K, Ishiwata K, Ishii K. Decreased dopamine D2 receptor dinding in essential blepharospasm. Acta Neurol Scand, 2009; 119: 49-54.
  3. QingGeLeTu, Suzuki Y, Kiyosawa M, Ishiwata K, Mochizuki M. Functional and neuroreceptor imaging of the brain in bicuculline-induced dystonic rats. Tohoku J Exp Med. 2009; 217: 313-20.
  4. Futagami Y, Sugita S, Fujimaki T, Yokoyama T, Morio T, Mochizuki M. Bilateral anterior granulomatous keratouveitis with sunset glow fundus in a patient with autoimmune polyglandular syndrome. Ocul Immunol Inflamm. 2009; 17: 88-90.
  5. Nakanishi H, Yamada R, Gogoh N, Hayashi H, Otani A, Tsujikawa A, Yamashiro K, Shimada N, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Saito M, Saito K, Iida T, Matsuda F, Yoshimura N. Absence of association between COL1A1 polymorphisms and high myopia in the Japanese popularion. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2009; 50: 544-550.
  6. Shimada N, Ohno-Matsui K, Iwanaga Y, Tokoro T, Mochizuki M. Macular retinal detachment associated with peripapillary detachment in pathologic myopia. Int Ophthalmol, 2009; 29: 99-102.
  7. Sugita S, Takase H, Sugamoto Y, Arai A, Miura O, Mochizuki M. Diagnosis of intraocular lymphoma by polymerase chain reaction analysis and cytokine profiling of the vitreous fluid. Jpn J Ophthalmol, 2009; 53: 209-214.
  8. Horie S, Sugita S, Futagami Y, Kawaguchi T, Kamoi K, Shirato S, Mochizuki M. Human iris pigment epithelium suppresses activation of bystander T cells via TGFβ-TGFβ receptor interaction. Exp Eye Res, 2009; 88: 1033-1042.
  9. Sugita S, Usui Y, Horie S, Futagami Y, Aburatani H, Okazaki T, Honjo T, Takeuchi M, Mochizuki M. T-cell suppression by programmed cell death 1 ligand 1 on retinal pigment epithelium during inflammatory conditions. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2009; 50: 2862-2870.
  10. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Teramukai S, Shimada N, Moriyama M, Hayashi W, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Comparison of visual outcome and regression pattern of myopic choroidal neovascularization after intravitreal bevacizumab or after photodynamic. Am J Ophthalmol, 2009; 148: 396-408.
  11. Miyanaga M, Sugita S, Shimizu N, Morio T, Miyata K, Maruyama K, Kinoshita S, Mochizuki M. A significant association of viral load with corneal endothelial cell damage in cytomegalovirus anterior uveitis. Br J Ophthalmol, 2009; 17: 335-341.
  12. Sugita S, Horie S, Nakamura O, Maruyama K, Takase H, Usui Y, Takeuchi M, Ishidoh K, Koike M, Uchiyama Y, Peters C, Yamamoto Y, Mochizuki M. Acquisition of T cells by eye-derived CTLA-2α during inflammatory conditions. J Immunol, 2009; 183: 5013-5022.
  13. Miyanaga M, Shimizu K, Kawaguchi T, Miyata K, Mochizuki M. A clinical survey of uveitis in HTLV-1 endemic region. Ocul Immunol Inflamm, 2009; 17: 335-341.
  14. Kamoi K, Yoshida T, Takase H, Yokota M, Kawaguchi T, Mochizuki M. Seroprevalence of Bartonella henselae in patients with uveitis and healthy individuals in Tokyo. Jpn J Ophthalmol. 2009; 53:490-493
  15. Ishida T, Ohno-Matsui K, Kaneko Y, Tobita H, Hayashi K, Shimada N, Mochizuki M. Autofluorescence of metastatic choroidal tumor. Int Ophthalmol, 2009; 29: 309-313.
  16. Ishida T, Sugamoto Y, Sugita S, Mochizuki M. Prophylactic vitrectomy for acute retinal necrosis. Jpn J Ophthalmol, 2009; 53: 486-489.
  17. Herbort CP, Mochizuki M, Rao NA. International criteria for the diagnosis of ocular sarcoidosis: results of the first international workshop on ocular sarcoidosis (IWOS). Ocul Immunol Inflamm, 2009; 17: 160-169.
  18. Sasaki S, Funamoto S, Hashimoto Y, Kimura T, Honda T, Hattori S, Kobayashi H, Kishida A, Mochizuki M. In vivo evaluation of a novel scaffold for artificial corneas prepared by using ultrahigh hydrostatic pressure to decellularize porcine corneas. Molecular Vision, 2009; 15: 2022-2028.
  19. Rosenzweig HL, Kawaguchi T, Martin TM, Planck SR, Davey MP, Rosenbaum JT. Nucleotide oligomerization domain-2 (NOD2)-induced uveitis is dependent on IFN gamma. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009; 50: 1739-1745.
  20. Zhang Z, Zhong W, Spencer DB, Chen H, Lu H, Kawaguchi T, Rosenbaum JT. Interleukin-17 causes neutrophil mediated inflammation in ovalbumin-induced uveitis in DO11.10 mice. Cytokine. 2009; 46: 79-91.
  21. Emoto Y, Emoto H, Fujie W, Wakakura M: Prolonged Constant Eye Misalignment Leads to failure to Develop Binocular Vision in Childhood Ocular Myasthenia Gravis. J Pediatr Ophthalmol Strabismus , 2009; 46: 358-361.
  22. Miyanaga M, Nejima R, Miyai T, Miyata K, Ohashi Y, Inoue Y, Toyokawa M, Asari S. Changes in drug susceptibility and the quinolone-resistance determining region of Staphylococcus epidermidis after administration of fluoroquinolones. J Cataract Refract Surg, 2009; 35: 1970-1978.
  23. Wang J, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Kojima A, Shimada N, Ichinose S, Sato T, Mochizuki M, Morita I. Amyloid-b upregulates complement factor B in retinal pigment epithelial cells through cytokines released from recruited macrophages/microglia: Another mechanism of complement activation in age-related macular degeneration. J Cell Physiol, 2009; 220:119-128
  24. Ohno-Matsui K, Shimada N, Moriyama M, Tokoro T, Mochizuki M. A case of chronic central serous chorioretinopathy on the border of a posterior staphyyloma in an eye with pathologic myopia. Jpn J Ophthalmol, 2009;53:282-284
  25. Shimada N, Ohno-Matsui K, Iwanaga Y, Tokoro T, Mochizuki M. Macular retinal detachement associated with peripapillary detachmernt in pathologic myopia. Int Ophthalmol, 2009;29:99-102
  26. 望月學. 眼内炎症と恒常性維持. 日本眼科学会雑誌, 2009; 113: 344-378.
  27. 渡邉健, 新井文子, 高瀬博, 高橋任美, 岩永洋一, 菅本良治, 杉田直, 望月學, 三浦修. 眼病変にmethotrexate硝子体内注入が著効したが早期に中枢神経へ進展した原発性眼内リンパ腫. 臨床血液, 2009; 50: 182-185.
  28. 望月學. ぶどう膜炎の診断と治療の進歩. 日本眼炎症学会誌, 2009; 11: 1-5.
  29. 山本紗也香, 杉田直, 森尾友宏, 清水則夫, 望月學. 眼部帯状疱疹の涙液中の水痘・帯状疱疹ウイルスDNA量. 臨床眼科, 2009; 63: 707-710.
  30. 山田由季子, 杉田直, 鴨居功樹, 高山かおる, 望月學. 尋常性乾癬に合併したBehcet病ぶどう膜炎に対してインフリキシマブを投与した1例. 臨床眼科, 2009; 63: 891-896.
  31. 高橋任美, 杉田直, 山田由季子, 鴨居功樹, 高瀬博, 望月學, 丸山和一, 木下茂. ぶどう膜炎と月経との関係に関する調査. 臨床眼科, 2009; 63: 1281-1283.
  32. 新家眞, 望月學, 若倉雅登. これくらいは知っておきたい全身疾患と眼所見. (座談会)カレントテラピー, 2009; 27: 120-127.
  33. 岩永洋一, 望月學. サイトメガロウイルス網膜炎. カレントテラピー, 2009; 27: 74-77.
  34. 福田泰子, 高瀬博, 菅本良治, 杉田直, 望月學. 初診から48年後に診断された壊死性ヘルペス性網膜症の1例. 臨床眼科, 2009; 63: 1353-1357.
  35. 長岡奈都子, 清水恵, 田中明子, 清澤源弘, 望月學. LASIK2年後に発症したAZOORの1例. 眼科臨床紀要, 2009; 2: 1175-1179.
  36. 鈴木幸久. 臨床と研究の接点, 同名半盲とPET. 神経眼科, 2009; 26: 413-417.
  37. 江本博文, 清澤源弘. 眼瞼痙攣の診断と治療. 東京都眼科医会報, 2009; 209: 2-6.
  38. 清澤源弘. 原発性開放隅角緑内障の脳脊髄圧は低い?. 日本の眼科, 2009; 80: 309-310.
  39. 清澤源弘, 大出尚郎. 神経眼科, 2009; 26: 241-242.
  40. 清澤源弘. 不明愁訴、不定愁訴、あすから役立つ神経眼科. 2009; 26: 281-291.

著書

  1. 杉田直. 眼感染アレルギーセミナー-感染症と生体防御-HTLV-1ぶどう膜炎. あたらしい眼科, メディカル葵出版, 2009: 26: 73-74.
  2. 杉田直. 網膜色素上皮細胞由来CTLA-2aによるTGFb制御性T細胞誘導. 臨床免疫・アレルギー科, 2009; 52: 231-236.
  3. 杉田直. 眼科医のための先端医療「難治性眼炎症性疾患に対する網羅的PCR診断システムの可能性」. あたらしい眼科, メディカル葵出版, 2009: 26: 653-655.
  4. 杉田直. 眼感染症の謎を解く I. 臨床所見から推理する!. 12. 前房蓄膿 眼科プラクティス, 文光堂, 2009; 28: 48-50.
  5. 杉田直. 眼感染症の謎を解く. II. 眼感染症事典 2) 転移性眼内炎 ①グラム陰性桿菌眼内炎 眼科プラクティス, 文光堂, 2009; 28: 170-171.
  6. 杉田直. 眼感染症の謎を解く. III. 検査を駆使する! 4. 遺伝子検索 broad range PCR 眼科プラクティス, 文光堂, 2009; 28: 255-257.
  7. 杉田直. 眼感染症の謎を解く. III. 検査を駆使する! 4. 遺伝子検索 multiplex PCR 眼科プラクティス, 文光堂, 2009; 28: 258-260.
  8. 杉田直. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」Case 27ベーチェット病(眼底に多発する柔らかい白斑). メジカルビュー社, 54-55, 2009.
  9. 杉田直. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」Case 32急性網膜壊死 (周辺網膜の癒合する白斑). メジカルビュー社, 64-65, 2009.
  10. 杉田直. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」Case 60ベーチェット病(レミケード投与例). メジカルビュー社, 122-123, 2009.
  11. 杉田直. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」Case 63サルコイドーシス(網膜白斑), メジカルビュー社, 128-129, 2009.
  12. 杉田直. 眼感染症Now! VIII. 眼感染症研究最前線 ぶどう膜炎の病因としてのウイルスに関する最近の研究について教えて下さい. あたらしい眼科, メディカル葵出版, 2009; 26: 235-237.
  13. 田中明子. 癌関連網膜症CAR. 眼底所見で見る網膜・ぶどう膜疾患96, メジカルビュー社, 168-169. 2009.10.10.
  14. 田中明子. 急性帯状潜在性網膜外層症AZOOR. 眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96, メジカルビュー社, 170-171. 2009.10.10.
  15. 宮永将, 宮田和典. 1. 2) 術前減菌法. 眼科プラクティス 28巻「眼感染症の謎を解く」, 大橋裕一 編, p314-315, 文光堂, 2009.7.27.
  16. 宮永将, 宮田和典. 1. 7) 術後の抗菌薬投与. 眼科プラクティス 28巻「眼感染症の謎を解く」, 大橋裕一 編, p332-333, 文光堂, 2009.7.27.
  17. 宮永将. 35. 眼トキソプラズマ症. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」. 望月 學, 飯田知弘 編, p70-71, メジカルビュー社, 2009.10.10.
  18. 宮永将. 56. uveal effusion. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」. 望月 學, 飯田知弘 編, p114-115, メジカルビュー社, 2009.10.10.
  19. 宮永将. 92. 眼トキソプラズマ症(Edmund-Jensen型). 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」. 望月 學, 飯田知弘 編, p188-189, メジカルビュー社, 2009.10.10.
  20. 宮永将. 93. 猫ひっかき病. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」. 望月 學, 飯田知弘 編, p190-191, メジカルビュー社, 2009.10.10.
  21. 宮永将. 94. ヒトTリンパ球向性ウイルス(HTLV)-1ぶどう膜炎. 「眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96」. 望月 學, 飯田知弘 編, p192-193, メジカルビュー社, 2009.10.10.
  22. 宮永将. Ⅴ. Q4. MRSEについて教えて下さい. あたらしい眼科 Vol. 26「眼感染症Now!」メディカル葵出版, 2009.
  23. 宮永将. Ⅶ. Q2. ガチフロキサシンについて教えて下さい. あたらしい眼科 Vol. 26「眼感染症Now!」メディカル葵出版, 2009.
  24. 清澤源弘. Chapter 3、眼瞼痙攣の治療を成功させるコツ:ヘルシーサイトレポートVol4,健やかな視覚の為に、トランジションズオプティカル、東京2009(分担)
  25. 江本博文, 清澤源弘. Expert course case 73 多発性硬化症、眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96、MEDICAL VEW pp148-149, 東京
  26. 江本博文, 清澤源弘. 半盲の病巣と対策、脳卒中による複視に対するリハビリテーション、脳卒中最前線、pp385-387、2009、東京、医歯薬出版
  27. 江本博文, 清澤源弘. 複視の対策、脳卒中による複視に対するリハビリテーション、脳卒中最前線、pp388-389、2009、医歯薬出版
  28. 清澤源弘, 江本博文, 若倉雅登. 眼がしょぼしょぼしたら、、、眼瞼けいれん?片側顔面けいれん?正しい理解と最新の治療法、メディカル・パブリケーションズ、2009、東京
  29. 江本博文, 清澤源弘, 江本有子. BTX治療の実際. 眼科疾患のボツリヌス治療. p41-54, 梶 龍兒 総監修、三村 治 編集、診断と治療社, 東京, 2009.
  30. 清澤源弘, 江本博文, 若倉雅登. 目がしょぼしょぼしたら...眼瞼けいれん?片側顔面けいれん?, メディカルパブリケーションズ, 東京, 2009.
  31. 江本博文, 清澤源弘. 脳神経疾患と斜視. 眼科プラクティス29.これでいいのだ斜視診療, p170-175, 丸尾敏夫 編集、文光堂, 東京, 2009.
  32. 大野京子. 強度近視による眼底病変. からだの科学263「気になる目の病気のすべて」pp74-77、日本評論社,2009
  33. 大野京子. case17(近視性脈絡膜新生血管).眼底所見で診る網膜・ぶどう膜疾患96、pp34-35, MEDICAL VIEW,2009

総説

  1. 菅本良治. 眼内炎・ぶどう膜炎に対する25ゲージ硝子体手術の適応と限界. 第32回日本眼科手術学会総会, 神戸, 2009.1.24.
  2. 川口龍史. Vogt-小柳-原田病における脈絡膜の病態. 眼科, 2009; 57: 865-870.
  3. 清澤源弘, 青格勒図, 江本博文. 打倒!解決!不定愁訴・不明愁訴 明日から役立つ神経眼科診療の知識. 神経眼科, 2009; 26: 281-291.
  4. 大野京子. 身近な"?"の科学「近視」. Newton, 2009; 29(7):122-123
  5. 大野京子. 心と体の相談室. 笑顔, 2009; 40(8):25
  6. 大野京子. 3D OCTを用いた視神経乳頭における強膜篩状板の描出. 日本の眼科, 2009;80:703
  7. 大野京子. 小学生の視力低下の現状とその進展予防. 小児科, 2009;50:471-476
  8. 大野京子・島田典明・奥山文雄. 視力・屈折・調節の展望-2006年度-. 眼科, 2009;51:359-375

学会発表

  1. 大野京子. 強度近視の眼底病変. 第2回TMDフォーラム, 東京, 2009.2.1
  2. 杉田 直. 「40歳、男性、主訴:かすみ、視力低下」. 第1回東京眼炎症フォーラム, 東京, 2009.2.5.
  3. Mochizuki M. CSF findings on the prognosis of VKH. 6th International Workshop on Vogt-Koyanagi-Harada disease & Sympathetic Ophthalmia and 2nd International Workshop on Sarcoidosis, Singapore, 2009.2.27.
  4. Hanada A, Takase H, Mochizuki M. Effect of system corticosteroid treatment on visual acuity in patients with uveitis with sarcoidsis. 6th International Workshop on Vogt-Koyanagi-Harada disease & Sympathetic Ophthalmia and 2nd International Workshop on Sarcoidosis, Singapore, 2009.2.28.
  5. Mochizuki M. Regional immunity of the eye. SOIE Course: a Comprehensive and up to date Approach to Uveitis: The Basics and Beyond, 10th International Congress of the Middle East African Council of Ophthalmology, Bahrain, 2009.3.29.
  6. Mochizuki M. Behcet’s disease Japan experience. SOIE Course: a Comprehensive and up to date Approach to Uveitis: The Basics and Beyond, 10th International Congress of the Middle East African Council of Ophthalmology, Bahrain, 2009.3.29.
  7. Mochizuki M. Sarcoidosis. SOIE Course: a Comprehensive and up to date Approach to Uveitis: The Basics and Beyond, 10th International Congress of the Middle East African Council of Ophthalmology, Bahrain, 2009.3.29.
  8. Mochizuki M. Intraocular fluid analysis. SOIE Course: a Comprehensive and up to date Approach to Uveitis: The Basics and Beyond, 10th International Congress of the Middle East African Council of Ophthalmology, Bahrain, 2009.3.29.
  9. Emoto Y, Emoto H, Fujie W, Wakakura M, Inouye J. Prolonged constant eye misalignment leads to failure to develop binocular vision in childhood ocular myasthenia gravis. J Pediatr Ophthalmol Strabismus, 2009; 46: 358-361.
  10. 島田典明, 大野京子, 王紀英, 吉田武史, 望月學, 森田育男. 脈絡膜血管新生におけるカテプシンLと骨髄由来細胞の関与. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.16.
  11. 堀江真太郎, 杉田 直, 山田由季子, 二神百合, 望月學, 臼井嘉彦, 竹内大. インターフェロン-γ処理網膜色素上皮のPDL1副刺激分子の発現およびその機能. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.16.
  12. 山田由季子, 杉田直, 鴨居功樹, 望月學. Infliximab (IFX)治療中のベーチェット病ぶどう膜炎患者のIFX血中濃度の検討. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.16.
  13. 杉田直, 堀江真太郎, 山田由季子, 望月學, 渡邊健, 片山未来, 清水則夫. 感染性眼内炎の眼内液を用いた細菌Broadrange定量PCRシステムの有用性の検討. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.16.
  14. 王紀英, 大野京子, 吉田武史, 島田典明, 森田育男, 望月學. 加齢黄斑変性発症におけるアミロイドβと補体B因子の役割. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.17.
  15. 中西秀雄, 山田 亮, 後藤謙元, 山城健児, 林 寿子, 島田典明, 大野京子, 望月 學, 齋藤昌晃, 齋藤国治, 飯田知弘, 松田文彦, 吉村長久. ゲノムワイド関連解析による日本人における病的近視の感受性遺伝子の検索. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.17.
  16. Sasaki S, Funamoto S, Hashimoto Y, Kimura T, Honda T, Hattori S, Kobayashi H, Kishida A, Mochizuki M. Novel scaffold for artificial cornea prepared by decellularization of cornea using ultra-high hydrostatical pressurization treatment. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.4.
  17. Mochizuki M. Monoclonal antibody therapies translating from animal to man. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.6.
  18. Nakanishi H, Gotoh N, Yamashiro K, Hayashi H, Shimada N, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Saito M, Iida T, Yoshimura N. ARMS2/HTRA1 polymorphisms are not associated with choroidal neovascularization in highly myopic eyes of elderly Japanese population. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.6.
  19. Rosenzweig HL, Kawaguchi T, Sawkar H, Planck SR, Martin TM, Davey MP, Rosenbaum JT. Identification of IFN gamma as a novel regulator of NOD2-mediated uveitis. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.7.
  20. Nguyen DT, Emoto Y, Emoto H, Wang M, Zavora T, Avakian A, Aggarwal D, Levendowski DJ, Sebag J, Sadun AA. Assessment of sleep apnea in NAION patients. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.7.
  21. Planck SR, Kawaguchi T, Vance EE, Rosenbaum JT. A novel model to study the interaction of T cells and B cells in autoimmune uveitis. Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO) 2008 Annual Meeting, Fort Lauderdale(U.S.A.), 2009.5.7.
  22. Kyoko Ohno-Matsui. Bevacizumab for myopic choroidal neovascularization. APAO・AAO joint congress, Bali 2009, Bali, Indonesia, 2009.5.19.
  23. 福田香織, 菅本良治, 小川學, 高瀬博, 望月學. 網膜剥離に対する輪状締結術後に発症した網膜血管腫の1例. 第762回東京眼科集談会, 東京, 2009.5.28.
  24. 大野京子. 近視性CNVに対する抗VEGF療法. 第5回medical retinal league, 東京, 2009.5.30.
  25. Sugita S, Shimizu N, Watanabe K, Katayama M, Horie S, Takase H, Sugamoto Y, Mochizuki M. Use of broad-range quantitative polymerase chain reaction in the diagnosis of bacterial endophthalmitis. 10th International Ocular Inflammation Society Congress, Prague(Austria), 2009.5.30.
  26. Horie S, Sugita S, Futagami Y, Yamada Y, Mochizuki M. Human retinal pigment epithelium-induced CD4+CD25+ regulatory T cells suppress activation of intraocular effector T cells. 10th International Ocular Inflammation Society Congress, Prague(Austria), 2009.5.30.
  27. 大野京子. 強度近視の黄斑部病変に対する新たな展開. 第6奈良県黄斑疾患研究会, 奈良, 2009.6.4.
  28. 島田典明. 骨髄由来細胞のカテプシンLと眼内新生血管. 第2回お茶の水眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2009.6.19.
  29. 堀江真太郎. 第2回お茶の水眼科先進医療セミナー. 主催. 東京医歯大, 2009.6.19.
  30. 山下牧子, 所敬, 佐野研二, 田中明子, 柴田優子, 望月學. 第45回日本眼光学学会, , 2009.6.26.
  31. 長岡奈都子、大野京子、島田典明、森山無価、所敬、望月學. 先天性強度近視の3症例における眼底病変及び長期視力経過. 第48回日本白内障学会総会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会総会・第45回日本眼光学学会, 東京, 2009.6.28.
  32. 宮永将, 子島良平, 宮井尊史, 加賀谷文絵, 宮田和典, 大橋裕一, 井上幸次, 浅利誠志. フルオロキノロン点眼による角膜嚢内常在菌叢の変化~薬剤感受性とQRDR遺伝子変異. 第46回日本眼感染症学会, 大阪, 2009.7.10
  33. 末吉真一, 宮永将, 宮田和典, 望月學. 髄液検査と原田病の診断・予後について. 第43回日本眼炎症学会, 大阪, 2009.7.10
  34. 堀江真太郎, 杉田直, 山田由季子, 望月學. ベーチェット病ぶどう膜炎患者末梢血中における制御性T細胞の同定. 第43回日本眼炎症学会, 大阪, 2009.7.10.
  35. 山田由季子, 杉田直, 堀江真太郎, 望月學, 山上聡. 角膜内皮細胞による膜結合型TGF?を介した制御性T細胞誘導能. 第 43回日本眼炎症症学会, 大阪, 2009.7.10.
  36. 丸山和一, 米田一仁, 木下茂, 杉田直, 山本芳実. CTLA-2 alphaによる眼血管新生抑制効果. 第 43回日本眼炎症症学会, 大阪, 2009.7.10.
  37. 石田友香, 大野京子, 古瀬悠, 飛田秀明, 島田典明, 高瀬博, 望月學. 眼内リンパ腫の自発蛍光像. 第43回日本眼炎症学会, 大阪, 2009.7.11.
  38. 島田典明, 大野京子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 所 敬, 望月 學. 近視眼の乳頭周囲剥離に黄斑部網膜剥離を合併した2例. 第43回日本眼炎症学会, 大阪, 2009.7.11
  39. 小川学, 大野京子, 石田友香, 金子悠, 福田泰子, 望月學. ブドウ膜炎に合併した眼内新生血管に対するbevacizumabの短期治療効果. 第43回日本眼炎症学会, 大阪, 2009.7.11.
  40. 土屋香, 島田典明, 林憲吾, 寺田裕紀子, 大野京子, 望月學. 非典型的な眼底像を呈した乳頭ピット黄斑症候群類似の1例. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  41. 福地麗, 高瀬博, 島田典明, 望月學. 原田病の再発に網膜分離を伴った1例. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  42. 石塚敦子, 高瀬博, 望月學. 当科におけるVogt-小柳-原田病患者の長期視力予後の解析. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  43. 田中裕一朗, 島田典明, 坂夏子, 長岡奈津子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 大野京子, 望月學. 強度近視眼に見られる網膜分離のレトロモード所見. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  44. 寺田裕季子, 高瀬博, 堀江真太郎, 小川学, 山田由季子, 杉田直, 菅本良治, 望月學. 仮面症候群が疑われるぶどう膜炎に対する硝子体生検の解析. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  45. 福田香織, 菅本良治, 小川学, 島田典明, 堀江真太郎, 高瀬博, 望月學. 網膜剥離に対する輪状締結術後に発症した網膜血管腫の1例. 第24回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2009.7.20.
  46. 大野京子. 強度近視の眼底病変. update seminor 2009 in 東京, 2009.7.25.
  47. 大野京子. 網膜分離症のF10所見. 第11回Japan Macula Club, 蒲郡, 2009.8.22.
  48. 宮永将, 望月學. 九州南部におけるHTLV-1ぶどう膜炎の統計. 第2回HTLV-1研究会・合同班会議, 東京, 2009.8.30.
  49. 大野京子. Age-related macular degeneration -Alzheimer's disesae in the eye?. 第4回北大リサーチカンファレンス, 札幌, 2009.9.7.
  50. 田中宏幸, 杉田直, 山田由季子, 川口龍史, 岩永洋一, 鴨居功樹, 横田眞子, 高瀬博, 望月學. Behcet病に伴う難治性網膜ぶどう膜炎に対するインフリキシマブ治療の有効性と安全性. 第29回日本眼薬理学会, 東京, 2009.9.12.
  51. 古瀬悠, 飛田秀明, 石田友香, 福田泰子, 大野京子, 望月學. 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するbevacizumab硝子体内投与の有効性. 第29回日本眼薬理学会, 東京, 2009.9.12.
  52. 大野京子. 近視性CNVに対する抗VEGF療法. 第7回九州AMD研究会, 福岡, 2009.9.12.
  53. Kyoko Ohno-Matsui. Age-related macular degeneration -Alzheimer's disesae in the eye?. EVER, Portoroz, Slovenia, 2009.10.2.
  54. 坂夏子, 島田典明, 大野京子, 末吉真一, 長岡奈都子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 望月學. 強度近視眼における成人後の眼軸長変化. 第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009.10.9.
  55. 杉田直, 山田由季子, 堀江真太郎, 望月學. ベーチェット病ぶどう膜炎由来T細胞に対するインフリキシマブのin vitroでの抑制効果. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  56. 山田由季子, 杉田直, 鴨居功樹, 川口龍史, 高瀬博, 望月學. インフリキシマブ治療中のベーチェット病ぶどう膜炎患者の眼炎症発作出現時期の検討. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  57. 末吉真一, 大野京子, 島田典明, 坂夏子, 長岡奈都子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 吉田武士, 所敬, 望月學. 強度近視の遺伝調査. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  58. 森山無価, 大野京子, 林憲吾, 林和歌子, 坂夏子, 長岡奈都子, 小島有里子, 島田典明, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. 強度近視眼における単純型黄斑部出血の視力予後に関する因子. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  59. 長岡奈都子, 島田典明, 大野京子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管にみられる網膜嚢胞形成について. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  60. 林憲吾, 大野京子, 島田典明, 安澄健次郎, 森山無価, 小島有里子, 林和歌子, 所敬, 望月學. 近視性眼底病変の長期進行パターンの解明. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  61. 林和歌子, 大野京子, 林憲吾, 島田典明, 森山無価, 小島有里子, 黄威翔, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab硝子体注入の治療成績. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  62. 島田典明, 大野京子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 吉田武士, 望月學. 近視性牽引黄斑症のOCTの分類と特徴. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  63. 中西秀雄, 後藤謙元, 山城健児, 林寿子, 仲田勇夫, 島田典明, 大野京子, 望月學, 齋藤昌晃, 飯田知弘, 吉村長久. DNAチップを用いた変性近視感受性遺伝子へのアプローチ. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  64. 佐々木秀次, 舩本誠一, 橋本良秀, 木村剛, 岸田晶夫, 本田貴子, 服部晋也, 小林尚俊, 望月學. 超高圧処理による脱細胞化技術を用いた人工角膜実質の生体適合性. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.9.
  65. 永田健児, 丸山和一, 小嶋健太郎, 稲富勉, 杉田直, 木下茂. 全層角膜移植後眼に急性網膜壊死を発症した一例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  66. 伊藤牧子, 横井匠, 田中三知子, 野田英一郎, 小林百合, 小川学, 杉田直, 篠原尚美, 仁科幸子, 東範行. 乳児に見られたカンジダ性網脈絡膜炎の一例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  67. 丸山和一, 杉田直, 中井義秀, 中森良樹, 森尾友弘, 望月學, 木下茂. 眼内液Multiplex PCRシステムにより胃悪性リンパ腫を発見できた一例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  68. 高瀬博, 福田香織, 島田典明, 杉田直, 望月學. 視神経網膜炎像を呈した眼内リンパ腫の一例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  69. 島田典明, 大野京子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 望月學. OCTを用いた強度近視眼の傍血管分層裂孔上の硝子体の観察. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  70. 菅本良治, 高瀬博, 島田典明, 堀江真太郎, 小川学, 望月學. 経角膜硝子体手術の有用性と問題点. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.10.
  71. 大野京子. 加齢黄斑変性は眼のアルツハイマー病か?. 第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009.10.10.
  72. 不二門尚、長谷部聡、大野京子、石子智士、生野恭司. 強度近視による失明防止に向けて. 第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009.10.10.
  73. 福地麗, 島田典明, 高瀬博, 望月學. 原田病の再発に網膜分離を伴った1例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.11.
  74. 柴田優子, 田中明子, 山下牧子, 望月學. 偏光板を用いた、固視点の前方移動による視野中心3°と6°の立体視についての検討. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.11.
  75. 遠藤和人, 平山裕子, 飛鳥田有里, 渋谷悦子, 西田朋美, 石原麻美, 林清文, 中村聡, 望月學, 水木信久. 子宮体癌にみられた癌関連網膜症の一例. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.11.
  76. 若倉雅登, 清澤源弘, 山田昌和. 解決!不定愁訴、不明愁訴7、眼科術後不適応症候群. 第63回日本臨床眼科学会総会, 福岡, 2009.10.11.
  77. 大野京子、森圭介、雑賀司珠也、石田晋、相原一. "Bench to Bedside"Course-基礎研究を敬遠していませんか?. 第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009.10.11.
  78. 説田雅子, 田中明子, 柴田優子, 山下牧子, 望月學. 屈折矯正手術後に内斜視が悪化した一例. 第50回日本視能矯正学会, , 2009.10.17.
  79. 大野京子. 慢性炎症性疾患としての加齢黄斑変性. 第10回眼炎症セミナー, 福岡, 2009.10.17.
  80. 大野京子. 強度近視による視覚障害を少しでも減らすためには. 第4回華瞳会, 香川, 2009.10.31.
  81. 佐々木秀次. 生体材料を用いた人工角膜実質の開発. 第3回お茶の水眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2009.11.6.
  82. 福田香織. 3D-OCTを用いた強度近視眼の角膜形状解析. 第3回お茶の水眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2009.11.6.
  83. 村井秀樹, 鈴木幸久, 清水恵, 清澤源弘, 望月學, 若倉雅登, 石井賢二. 眼瞼痙攣の重症度と視床の糖代謝との間に相関関係がみられた一例. 第47回日本神経眼科学会総会, 東京, 2009.11.13.
  84. 江本博文, 江本有子, 清澤源弘. 頸椎牽引後に発症・増悪した片側顔面痙攣の2例. 第47回日本神経眼科学会総会, 東京, 2009.11.13.
  85. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する新展開. ベータの会, 横浜, 2009.11.20.
  86. 大野京子. 慢性炎症性疾患としての加齢黄斑変性. 関西眼疾患研究会, 京都, 11.25.2009.11.25.
  87. 林憲吾・大野京子・島田典明・安澄健次郎・森山無価・小島有里子・林和歌子・所敬・望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対する光線力学療法の長期成績. 第48回日本網膜硝子体学会・第26回日本眼循環学会, 名古屋, 2009.12.4.
  88. 田中祐一郎・島田典明・坂夏子・長岡奈都子・林和歌子・林憲吾・森山無価・小島有里子・安澄健次郎・大野京子・望月 學. 強度近視眼にみられる網膜分離のレトロモード所見. 第48回日本網膜硝子体学会・第26回日本眼循環学会, 名古屋, 2009.12.4.
  89. 古瀬悠・飛田秀明・石田友香・福田泰子・大野京子・望月學. 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するベバシズマブ硝子体内投与の有効性. 第48回日本網膜硝子体学会・第26回日本眼循環学会, 名古屋, 2009.12.5.

特別講演・招待講演・シンポジウム

  1. 杉田直. シンポジウム『眼免疫防御機構の不思議-色素上皮とぶどう膜-』. 第113回日本眼科学会総会, 東京, 2009.4.17.
  2. 大野京子. 強度近視診療の進歩と今後の展望. 岡山大学眼科講演会, 岡山, 2009.7.2.
  3. 杉田直. シンポジウム『眼とCMV?そのすべて』CMVによる前部ぶどう膜炎とその対応. 第43回日本眼感染症学会, 大阪, 2009.7.10
  4. 杉田直. 3学会合同シンポジウム『クロスオーバーディスカッション』Suspected Infectious Eye Diseaseへの対応. スリーサム・イン なにわ, 大阪, 2009.7.10.
  5. 大野京子. NPO法人フローレンスとの派遣型病児保育メディカル版開発の試み. 第3回 医学を志す女性のためのキャリア・シンポジウム(日本女医会), 東京, 2009.10.25.
  6. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する新展開. 第2回静岡県東部眼科医会講演会, 静岡, 2009.11.12.
  7. 大野京子. 近視性眼底病変の見方. 町田市医師会講演会, 東京, 2009.11.27.
  8. 大野京子. 近視性眼底病変の見かたのコツと新しい分類. 第153回 岡山県眼科