業績集

2010年

原著

  1. Emoto H, Suzuki Y, Wakakura M, Horie C, Kiyosawa M, Mochizuki M, Kawasaki K, Oda K, Ishiwata K, Ishii K. Photophobia in essential blepharospasm ? A positron emission tomographic study. Mov Disord, 2010; 25: 433-439.
  2. Emoto H, Emoto Y, Lim JI, Sadun AA, Sebag J. Regression of choroidal neovascularization after vitrectomy for postinjection endophthalmitis. Retin Cases Brief Rep, 2010; 4: 312-316.
  3. Hashimoto Y, Funamoto S, Sasaki S, Honda T, Hattori S, Nam K, Kimura T, Mochizuki M, Fujisato T, Kobayashi H, Kishida A. Preparation and characterization of decellularized cornea using high-hydrostatic pressurization for corneal tissue engineering. Biomaterials, 2010; 31: 3941-8.
  4. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Shimada N, Moriyama M, Kojima A, Hayashi W, Yasuzumi K, Nagaoka N, Saka N, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Long-term Results of Photodynamic Therapy for Choroidal Neovascularization in Japanese Patients with Pathological Myopia. Am J Ophthalmol, 2010; 151: 137-147.
  5. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Shimada N, Moriyama M, Kojima A, Hayashi W, Yasuzumi K, Nagaoka N, Saka N, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Long-term Pattern of Progression of Myopic Maculopathy A Natural History Study. Ophthalmology, 2010 ;117:1595-1611.
  6. Horie S, Sugita S, Futagami Y, Yamada Y, Mochizuki M. Human retinal pigment epithelium-induced CD4+CD25+ regulatory T cells suppress activation of intraocular effector T cells. *co-first authors. Clin. Immunol, 2010; 136: 83-95.
  7. Ito M, Yokoi T, Sugita S, Shinohara N, Nishina S, Azuma N. Endogenous candida chorioretinitis in a healthy infant. Jpn J Ophthalmol, 2010; 54: 629-31.
  8. Kamoi K, Mochizuki M. Phaco forward-chop technique for managing posterior nuclear plate in hard cataract. J Cataract Refractive Surg, 2010; 36: 9-12.
  9. Kawaguchi T, Sugita S, Yamada Y, Miyanaga M, Mochizuki M. Regression of optic disc neovascularization in patients with Behcet's uveoretinitis after infliximab therapy. J Ocul Pharmacol Ther, 2010; 26: 627-630.
  10. Miyanaga M, Kawaguchi T, Miyata K, Horie S, Mochizuki M, Herbort CP. Indocyanine green angiography findings in initial acute pretreatment Vogt-Koyanagi- Harada disease in Japanese patients. Jpn J Ophthalmol, 2010; 54: 377-382.
  11. Miyanaga M, Sugita S, Shimizu N, Morio T, Miyata K, Maruyama K, Kinoshita S, Mochizuki M. A significant association of viral loads with corneal endothelial cell damage in cytomegalovirus anterior uveitis. Br J Ophthalmol, 2010; 94: 336-340.
  12. Mizuki N, Meguro A, Ota M, Ohno S, Shiota T, Kawagoe T, Ito N, Kera J, Okada E, Yatsu K, Song YW, Lee EB, Kitaichi N, Namba K, Horie Y, Takeno M, Sugita S, Mochizuki M, Bahram S, Ishigatsubo Y, Inoko H. Genome-wide association studies define IL23R/IL12RB2 and IL10 as susceptibility loci for Behcet's disease. Nat Genet, 2010; 42: 703-6.
  13. Nakauchi Y, Takase H, Sugita S, Mochizuki M, Shibata S, Ishiwata Y, Shibuya Y, Yasuhara M, Miura O, Arai A. Concurrent administration of intravenous systemic and intravitreal methotrexate for intraocular lymphoma with central nervous system involvement. Int J Hematol, 2010; 92: 179-185.
  14. Saka N, Ohno-Matsui K, Shimada N, Sueyoshi S, Nagaoka N, Hayashi W, Hayashi K, Moriyama M, Kojima A, Yasuzumi K, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Long-term changes of axial length in eyes of adults with pathologic myopia. Am J Ophthalmol, 2010; 150: 562-568.
  15. Shimada N, Ohno-Matsui K, Iseki S, Koike M, Uchiyama Y, Wang J., Yoshida T, Sato T, Peters C., Mochizuki M, Morita I. Cathepsin L in bone marrow-derived cells is required for retinal and choroidal neovascularization. Am J Pathol, 2010; 176: 2571-2580.
  16. Sugita S, Horie S, Yamada Y, Keino H, Usui Y, Takeuchi M, Mochizuki M. Suppression of bystander T helper 1 cells by Iris pigment epithelium-inducing regulatory T cells via negative costimulatory signals. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci, 2010;51:2529-2536.
  17. Sugita S, Horie S, Yamada Y, Mochizuki M. Inhibition of B cell activation by retinal pigment epithelium. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2010; 51: 5783-8.
  18. Suzuki Y, Kiyosawa M, Mochizuki M, Ishiwata K, Ishii K. The pre-supplementary and primary motor areas generate rhythm for voluntary eye opening and closing movements. Tohoku J Exp Med, 2010; 222: 97-104.
  19. Tanaka A, Takase H, Adamus G, Mochizuki M. Cancer assoiated retinopathy caused by benign tumor. British Journal Ophthalmol, 2010; 94: 514-518.
  20. Tanaka A, Ohno-Matsui K, Shimada N, Hayashi K, Shibata Y, Yoshida T, Yamashita M, Tokoro T, Mochizuki M. Prevalence of Strabismus in Patients with Pathologic Myopia. J Med Dent Sci, 2010; 57: 75-82.
  21. Yamada Y, Sugita S, Tanaka H, Kamoi K, Kawaguchi T, Mochizuki M. Comparison of infliximab versus ciclosporin during the initial 6-month treatment period in Behcet disease. Br J Ophthalmol, 2010; 94: 284-8.
  22. Yamada Y, Sugita S, Horie S, Yamagami S, Mochizuki M. Mechanisms of immune suppression for CD8+ T cells by human corneal endothelial cells via membrane-bound TGFβ. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2010; 51: 2548-2557.
  23. Yamada Y, Sugita S, Tanaka H, Kamoi K, Takase H, Mochizuki M. Timing of recurrent uveitis in patients with Behcet's disease on infliximab therapy. Br J Ophthalmol, 2010; 95: 205-8.
  24. 田中 宏幸, 杉田 直, 山田由季子, 川口 龍史, 岩永 洋一, 鴨居 功樹, 横田 眞子,高瀬 博, 望月 學. 日本眼科学会雑誌, 2010; 114: 87-95.
  25. 末吉真一, 宮永 将, 宮田和典, 望月 學. 髄液細胞増多とVogt-小柳-原田病の予後との関係. 眼科臨床紀要. 2010; 3: 543-547.
  26. 山本紗也香, 杉田 直, 堀江真太郎, 清水則夫, 森尾友宏, 望月 學. 角膜炎を伴わない単純ヘルペスウイルス1型虹彩毛様体炎の3例. あたらしい眼科, 2010; 27: 252-255.

著書

  1. 大野京子. 網膜が薄くてわかりにくい強度近視の黄斑部出血の見分け方. 眼科検査のグノーティ・セアウトン, シナジー出版, 2010: 237-240.
  2. 大野京子. 強度近視の眼底変化. 眼科診療クオリファイ 1.屈折異常と眼鏡矯正, 中山書店, 2010: 228-231.
  3. 大野京子. 高度近視・変性近視. 眼科画像診断-最近の進歩-. 金原出版, 2010: 1490-1496.
  4. 大野京子. なぜ日本人には近視が多いのか?. 眼のサイエンス-視覚の不思議-, 文光堂, 2010: 222-223.
  5. 鴨居功樹, 大野京子. 緑内障. 人体の構造と機能からみた病態生理ビジュアルマップ. 医学書院, 2010: 191-197.
  6. 杉田直. 眼科検査のグノーティー・セアウトン ぶどう膜 PCR法の利点・欠点 (定性PCR、RT-PCR、multiplex PCR、real-time PCR、Broad-range PCR). シナジー出版, 2010: 18-21.
  7. 杉田直. 視のサイエンス 視覚の不思議 白人種で虹彩の色が青や緑を呈するのはなぜか? 眼科プラクティス, 文光堂, 2010: 124-125.
  8. 杉田直. 感染部位から診る眼感染症「ウイルス性虹彩毛様体炎」 Ocular infection Navigator インフォロント株式会社2010: 134-135.
  9. 杉田直. 「Multiplex PCR」 Ocular infection Navigator インフォロント株式会社2010:184-185.
  10. 田中明子. 眼科用語. あったか介護・看護のための用語集, 照林社, 2010.
  11. 宮永将, 望月學. ぶどう膜炎. PROGRESS IN MEDICINE, ライフサイエンス, 2010: 30: 1261-1267.
  12. 宮永将. 周術期抗菌点眼薬の功罪. Ocular Infection Navigator, 2010: 154-155.

総説

  1. 大野京子. 強度近視と白内障手術. IOL&RS, 2010; 407-412.
  2. 大野京子. 放置は厳禁! 失明のリスクも高い強度近視. 暮らしと健康, 2010; 11月号: 36-39.
  3. 大野京子. 視力低下に潜む危険-強度近視による眼底病変(前編)-. 日本医事新報, 2010; 4513: 65-68.
  4. 大野京子. 視力低下に潜む危険-強度近視による眼底病変(後編)-. 日本医事新報, 2010; 4518: 65-68.
  5. 大野京子. 人間ドックで視神経乳頭陥凹を指摘。どんな病気ですか?, ばらんす, 2010; 10: 13.
  6. 大野京子. 第63回日本臨床眼科学会 一般口演「屈折視機能(1)」. 眼科, 2010; 52: 465-466.
  7. 大野京子. 強度近視の病態解明と治療法の進歩. 臨床眼科, 2010; 64: 1047-1056.
  8. 大野京子. 強度近視眼底研究会. 臨床眼科, 2010; 64: 350-352.
  9. Kamoi K. Phaco Forward-Chop. Cataract & Refractive Surgery Today Europe. 2010: 3: 60-61.
  10. Kamoi K. Phaco Dislocation Technique. Cataract & Refractive Surgery Today Europe. 2010: 7: 26-27
  11. 鴨居功樹. Phaco Forward-Chop. IOL & RS. 2010; 24; 466-467.
  12. 杉田直. 基礎研究から難治性疾患のブレークスルーをねらえ「ぶどう膜炎の免疫療法の可能性」臨床眼科2010: 64, 2004-2008. 医学書院
  13. 宮永将. 培養結果の信憑性. 臨床眼科, 医学書院, 2010: 64: 58-59.

学会発表

  1. 宮永将, 杉田直, 望月學. ATL患者にみられた角結膜腫瘍. 第21回ぶどう膜炎カンファレンス, 東京, 2010.3.5.
  2. 小川学, 杉田直, 井上静, 望月學, 片山未来, 渡邊健, 清水則夫, 森尾友弘. ヘルペスウイルスの関与が疑われるぶどう膜炎に対する眼内液PCR検査の有用性の検討. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  3. 川口龍史, 山田由季子, 田中宏幸, 宮永将, 杉田直, 望月學. ベーチェット病に出現した網膜新生血管に対しインフリキシマブが有効であった3症例. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  4. 杉田直, 堀江真太郎, 山田由季子, 望月學, 臼井嘉彦, 竹内大. 虹彩色素上皮により誘導される制御性T細胞の副刺激分子を介したT細胞抑制機能の解析. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  5. 大野京子, 王紀英, 島田典明, 望月學, 森田育男, 岸本拓哉, 玉田作哉, 安田章夫. 蛍光画像化による眼底アミロイドβの検出. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  6. 福田香織, 林憲吾, 大野京子, 所敬, 望月學, 前田直之, 不二門尚. 強度近視眼の前眼部形状解析. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  7. 堀江真太郎, 杉田直, 山田由季子, 望月學. 増殖硝子体網膜症発症機構におけるToll様受容体4とTGFβの関連性についての検討. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  8. 山田由季子, 杉田直, 川口龍史, 宮永将, 望月學. ベーチェット病ぶどう膜炎に対するinfliximab治療の安全性の検討. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  9. 森山無価, 大野京子, 森田育男, 望月學, 玉田作哉, 岸本拓哉, 安田章夫. 強膜コラーゲンの紫外線光架橋に関する実験的解析.第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  10. 横井由美子, 山崎仁志, 目時友美, 鈴木幸彦, 木村智美, 鈴木香, 伊藤忠, 中澤満, 高畑武功, 和田龍一, 杉田 直. 眼内悪性リンパ腫を契機に発見されたT細胞リンパ腫の一例. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  11. 王紀英, 大野京子, 吉田武史, 島田典明, 森田育男, 望月學. アミロイドβによる血管内皮前駆細胞の遊走促進作用及びその分子機序解明. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  12. 島田典明, 大野京子, 王紀英, 吉田武史, 望月學, 森田育男. 脈絡膜血管新生早期におけるカテプシンL発現細胞の免疫組織学的検討. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  13. 朝隈朋子, 安田美穂, 荒川 聡, 野田佳宏, 大野京子, 清原 裕, 石橋達朗. 一般住民における近視性黄斑変性の有病率. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  14. Shimada N, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Mochizuki M, Morita I. Cathepsin L in bone marrow-derived endothelial progenitor cells is required for choroidal neovascularization. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.4.
  15. Ogawa M, S. Sugita S, Shimizu N, Morio T, Mochizuki M. Use of Human Herpes Virus (HHV) PCR Assays to Detect Viral DNA in Ocular Fluids of Patients with Herpetic Eye Diseases. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.4.
  16. J. Wang, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Shimada N, Mochizuki M, Morita I. Molecular mechanism of the enhanced migration of endothelial progenitor cells induced by amyloid. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.5.
  17. Horie S, Sugita S, Yamada Y, Mochizuki M. Potential Effects of Toll-like Receptor 4 Signaling on RPE. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.5.
  18. Kawaguchi T, Yamada Y, Tanaka H, Miyanaga M, Sugita S, Mochizuki M. Efficacy of infliximab Therapy on Neovasculalization in Patients with Behcet's disease. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.5.
  19. Kawaguchi T, Yamada Y, Tanaka H, Miyanaga M, Sugita S, Mochizuki M. Efficacy of infliximab therapy on neovascularization in patients with Behcet's disease. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.6.
  20. Yamada Y, Sugita S, Miyanaga Y, Mochizuki M. The safety of infliximab in Behcet's disease with refractory uveoretinitis. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.6.
  21. 宮永将, 杉田直, 末吉真一, 宮田和典, 望月學. 成人T細胞白血病患者にみられた角結膜腫瘍の1例. 第80回九州眼科学会, 佐賀,2010.5.28.
  22. Hayashi H, Nakanishi H, Yamada R, Yamashiro K, Nakata I, Shimada N, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Ozaki M, Yoshitake S, Kuriyama S, Saito M, Iida T, Yoshimura N. Singlenucleotide polymorphisms in promoter region of matrix metalloproteinase 1, 2, and 3 in Japanese with high myopia. World Ophthalmology Congress 2010, Berlin, 2010.6.5.
  23. Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Morita I, Tamada S, Kishimoto T, Yasuda A. Effects of reboflavin and UV irradiation on sclera. World Ophthalmology Congress 2010, Berlin, 2010.6.7.
  24. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Moriyama M, Shimada N, Hayashi W, Tokoro T, Mochizuki M. Intravitreal bevacizumab treatment of choroidal neovascularization secondary to pathologic myopia (PM) in Japanese patients. World Ophthalmology Congress 2010, Berlin, 2010.6.7.
  25. Tanaka A, Ohno-Matsui K, Yamashita M, Moriyama M, Hayashi K, Shibata Y, Tokoro T, Mochizuki M. Strabismus in Pathologic Myopes. World Ophthalmolgy Congress,Berlin Germany, 2010.6.8.
  26. 小川学, 杉田直, 井上静, 清水則夫, 赤尾信明, 望月學. PCR法を用いたアカント・アメーバ角膜炎の補助診断. 第21回臨床寄生虫学会, 2010.6.19.
  27. 杉田直, 山田由季子, 堀江真太郎, 望月學. 網膜色素上皮細胞の活性化B細胞抑制作用. 第44回日本眼炎症学会, 東京, 2010.7.10.
  28. 永田健児, 丸山和一, 小嶋健太郎, 安原徹, 杉田直, 望月學, 木下茂. サルコイドーシス内眼炎における硝子体液のフローサイトメトリー解析. 第44回日本眼炎症学会, 東京, 2010.7.10.
  29. Mochozuki M. The role of ocular pigment epitherial cells in the regional immunity of the eye. International Society for Eye Research 2010, Montreal, Canada, 2010.7.20.
  30. 林憲吾, 大野京子, 島田典明, 森山無価, 宮澤有里子, 林和歌子, 所敬, 望月學. 第27回日本眼循環学会, 神戸, 2010.7.30.
  31. 長岡奈都子, 大野京子, 島田典明, 所敬, 望月學. 脈絡膜皺襞を伴う傾斜乳頭症候群の1例. 第27回日本眼循環学会, 神戸, 2010.7.30.
  32. 土屋香, 福田泰子, 古瀬悠, 石田友香, 飛田秀明, 島田典明, 大野京子, 望月學. 網膜色素線条に伴う脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法の治療効果. 第27回日本眼循環学会, 神戸, 2010.7.31.
  33. Wang J, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Shimada N, Mochizuki M, Morita I. Molecular mechanism of the enhanced migration of endothelial progenitor cells induced by amyloid β. The 24th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress, 2010.9.16.
  34. Mochizuki M. Infliximab therapy Behcet's disease. 4th Annual Symposium of the Society for Ophthalmo-Immunoinfectiology in Europe, Austria, 2010.9.17.
  35. Mochizuki M. Diagnosis and therapy of ocular sarcoidosis. 4th Annual Symposium of the Society for Ophthalmo-Immunoinfectiology in Europe, Austria, 2010.9.18.
  36. Mochizuki M. A prompt and comprehensive diagnostic system for infection and lymphoma. 4th Annual Symposium of the Society for Ophthalmo-Immunoinfectiology in Europe, Austria, 2010.9.18.
  37. Tanaka A,Yamashita M, Tomita M, Mochizuki M. Correlation between axial length difference and refractive error difference in children with strabismus/amblyopia. XIth International meeting of the strabismological association Istanbul, Turky 2010.9.22
  38. Klaska I, Kamoi K, Forrester JV. Dendritic Cell based Therapy for Treatment of Uveitis. 11th International Symposium on Dendritic Cells and Clinical Immunology. Switzerland, 2010.9.26.
  39. 森山無価, 大野京子, 望月學, 森田育男, 玉田作哉, 安田章夫. マウスを用いた実験近視モデルの作成. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.11.
  40. 菅本良治, 島田典明, 小川学, 大野京子, 所敬, 望月學. 近視性牽引黄斑症に対する硝子体手術成績. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.11.
  41. 島田典明, 安澄健次郎, 大野京子, 福田香織, 森山無価, 宮澤有里子, 林和歌子, 所敬, 望月學. 強度近視眼にみられる緑内障様視野障害の解析. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.11.
  42. 倉重由美子, 山城健児, 中西秀雄, 林寿子, 仲田勇夫, 森山無価, 大野京子, 望月學, 吉村長久. 強度近視眼における脈絡膜新生血管と血管内皮増殖因子遺伝子多型との関連の検討. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.11.
  43. 林憲吾, 大野京子, 島田典明, 森山無価, 宮澤有里子, 林和歌子, 所敬, 望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するPDTとベバシズマブ硝子体注入の治療成績. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.11.
  44. 水木信久, 目黒明, 太田正穂, 大野重昭, Yeong Wook Song, 杉田直, 望月學, 猪子英俊. 全ゲノム網羅的相関解析によるベーチェット病感受性遺伝子の検索. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.11.
  45. 林憲吾, 大野京子, 森山無価, 林和歌子, 望月學. 退行性下眼瞼内反症に対する水平方向の広範囲な埋没法の治療成績. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.12.
  46. 森山無価, 大野京子, 長岡奈都子, 坂夏子, 林和歌子, 林憲吾, 宮澤有里子, 島田典明, 安澄健次郎, 所敬, 森田育男. 強度近視眼における後部ぶどう腫の3次元的形状解析. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.12.
  47. 坂夏子, 大野京子, 島田典明, 末吉真一, 長岡奈都子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 宮澤有里子, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. 強度近視眼のIOLマスターによる成人後の眼軸長変化. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.12.
  48. 高瀬博, 新井文子, 岩永洋一, 菅本良治, 川口龍史, 高橋仁美, 横田真子, 鴨居功樹, 宮永将, 杉田直, 望月學. 眼内リンパ腫治療と眼外進展の後方視的検討. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.12.
  49. 岩間真由美, 堀純子, 平岡美紀, 高橋浩, 小川学, 杉田直, 望月學. 免疫抑制下のネフローゼ児に発症した片眼性滲出性網脈絡膜炎の一例. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.13.
  50. 伊丹優子, 田中明子, 山下牧子, 望月學. 角膜屈折矯正手術後に眼位が増悪し斜視手術を施行した2例. 第64回臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.13.
  51. 田中裕一朗, 島田典明, 福田香織, 坂夏子, 長岡奈津子, 林和歌子, 林憲吾, 森山無価, 小島有里子, 安澄健次郎, 所敬, 望月學. 強度近視眼における分層黄斑円孔の自然経過. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.13.
  52. 横井匠, 田中美知子, 杉田直, 村田敏規, 望月學, 東範行. 新型インフルエンザ (A/H1N1) 感染後に非定型的網膜炎を呈した1例. 第49回日本網膜硝子体学会, 大阪, 2010.11.27.
  53. 村井秀樹、鈴木幸久、清澤源弘、望月學、石渡喜一、石井賢二、緑内障患者群にみられた一次視覚野における脳糖代謝低下、第48回日本神経眼科学会総会, 名古屋, 2010.11.27.
  54. 秋山友紀子、江本博文、清澤源弘. 眼窩骨折症例の検討. 第48回日本神経眼科学会総会, 名古屋, 2010.11.27.

特別講演・招待講演・シンポジウムなど

  1. 望月學. (特別講演)ぶどう膜炎への戦略的アプローチ. 第65回宮崎大学眼科研究会, 宮崎, 2010.1.16.
  2. 望月學. (特別講演)ぶどう膜炎診断の進歩. 第83回山口大学眼科研究会, 山口, 2010.1.26.
  3. 高瀬博. ぶどう膜炎に対する硝子体手術. 第3回TMD眼科フォーラム, 品川, 2010.1.30.
  4. 菅本良治. 経角膜硝子体手術の試み. 第3回TMD眼科フォーラム, 品川, 2010.1.30.
  5. 大野京子. 強度近視の眼底病変に対する新しい考え方. 第179回宮城県眼科医会集談会, 仙台, 2010.1.31.
  6. 大野京子. 強度近視の黄斑病変の診断と治療の進歩. 第18回城東地区眼科医・コメディカル セミナー, 東京, 2010.2.24.
  7. 大野京子. 変視性. 眼科診療アップデートセミナー 2010, 京都, 2010.3.13.
  8. 望月學. (特別講演)眼炎症. 眼科診療アップデートセミナー 2010, 京都, 2010.3.14.
  9. 望月學. ぶどう膜炎診察のABC-何をして、何をすべきでないか-. 第3回Saitama Ophthalmology Free Talk Meeting, 浦和, 2010.3.14.
  10. Mochizuki M. Regional immunity in the anterior segment of the eye. Trilogy of the Cornea: The Past, Present and Future, 山口, 2010.3.21.
  11. 大野京子. 近視性眼底病変の見方と新分類. 第84回福島眼科集談会, 福島, 2010.3.28.
  12. 望月學. (特別講演)ぶどう膜炎診断の進歩. 第7回長崎視機能フォーラム, 長崎, 2010.4.2.
  13. 大野京子.(シンポジウム) 加齢黄斑変性の病態解明:Amyloidβを標的とした加齢黄斑変性の発症機序の解明. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.15.
  14. 望月學. (ランチョンセミナー)『Infliximab治療を紐解く』. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  15. 大野京子. (シンポジウム) Clinician scientistを目指そう:強度近視の臨床研究を通して. 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010.4.16.
  16. 杉田直. (シンポジウム) 眼炎症ホット・トピックス:眼内誘導制御性T細胞(Eye-induced regulatory T cells)の特徴とその抑制機能について. 第114回日本眼科学会, 名古屋, 2010.4.17.
  17. 杉田直. (サブスペシャリティーサンデー) ぶどう膜炎診療の進歩 <感染性ぶどう膜炎の網羅的診断>. 第114回日本眼科学会, 名古屋, 2010.4.18.
  18. Sugita S. (Symposium) Molecular Immunology in the eye: Approaching Immune Pathogenesis and Regulation. Immunosuppression Mechanisms of Retinal Pigment Epithelial (RPE) Cells. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 2010.5.5.
  19. 小川学. 眼局所検体を用いた難治性眼炎症性疾患の網羅的PCR検査の開発およびその結果. 第4回お茶の水 眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2010.5.14.
  20. 山田由季子. ベーチェット病網膜ぶどう膜炎に対するインフリキシマブ治療の有効性と安全性の検討. 第4回お茶の水 眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2010.5.14.
  21. 佐野研二.(シンポジウム)角膜不正乱視に対するコンタクトレンズ処方:ピギーバックレンズシステム. 第53回日本コンタクトレンズ学会総会, 東京, 2010.7.10.
  22. 望月學. 視能障害学<眼疾病学-全身疾患と眼->. 日本視能訓練士協会 新人教育プログラム, 東京, 2010.7.17.
  23. 大野京子. 強度近視にみられる視神経障害の特徴について. ミケランLA点眼液発売3周年記念講演会, 秋田, 2010.7.17.
  24. 大野京子. 強度近視眼の網膜脈絡膜循環. 第27回日本眼循環学会, 神戸, 2010.7.31.
  25. 大野京子. 強度近視は眼球全体の形状異常か?. 第12回Japan Macula Club, 蒲郡, 2010.8.21.
  26. Ohno-Matsui K. Advances in Pathologic Myopia. Fermo-la Myopia, Fermo, Italy, 2010.9.9.
  27. Ohno-Matui K. Long-term visual progression of myopic maculopathy. The 25th APAO Congress-A joint Meeting of APAO/AAO, Beijing, China, 2010.9.17.
  28. Ohno-Matsui K. The role of cathepsin L from bone-marrow derived cells in retinal angiogenesis. The 25th APAO Congress-A joint Meeting of APAO/AAO, Beijing, China, 2010.9.19.
  29. 望月學. (特別講演)感染性ぶどう膜炎の診断の進歩. オキュラーサーフェスシンポジウム2010, 大阪, 2010.9.30.
  30. 大野京子. 近視性眼底病変の見方と新分類. 瀬戸内眼科コロシアム, 広島, 2010.10.10.
  31. Mochizuki M. (Symposium) Uveitis Subspecialty Day in American Academy of Ophthalmology 2010: Autoimmune uveitis: Managing sarcoidosis. American Academy of Ophthalmology, Chicago, 2010.10.16.
  32. 大野京子. 眼内レンズ挿入眼の黄斑合併症. Ophthalmic Surgical Seminor, 東京, 2010.10.23.
  33. Mochizuki M. Non-infectious Stromal Choroiditis: Sarcoidosis. Moorfields Uveitis Symposium and Course, Chandigarh, India, 2010.10.29.
  34. Mochizuki M. Sarcoidosis diagnostic criteria. The Uveitis Society of India, Chandigarh, India, 2010.10.30.
  35. 大野京子. 強度近視の黄斑病変に対する新知見. 第12回兵庫県眼科フォーラム, 神戸, 2010.10.30.
  36. 大野京子. インストラクションコース「強度近視による失明防止に向けて」. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.11.
  37. 杉田直. (シンポジウム)『難治性眼炎症性疾患に対するPCR法を用いた診断検査システムの開発』. 第64回日本眼科学会, 神戸, 2010.11.11.
  38. 望月學. (シンポジウム)『中医協と診療報酬改定』 外保連の中の眼科手術:その過去、現在、未来. 第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010.11.13.
  39. 大野京子. インストラクションコース 「明日からの臨床に役立つ基礎研究の最新トピックス」. 第64回日本臨床眼科学会,神戸,2010.11.13.
  40. 大野京子. 加齢黄斑変性以外の脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法(近視性、特発性、網膜色素線条、点状脈絡膜内層症など). 専門医制度第53回講習会, 神戸, 2010.11.13.
  41. 田中明子. 小児の眼軸長測定. 第5回お茶の水 眼科先進医療セミナー, 東京医歯大, 2010.11.19.

その他

  1. 望月學. 第3回TMD眼科フォーラム主催, 品川, 2010.1.30.
  2. 望月學. 第2回東京眼炎症フォーラム主催, 東京, 2010.2.26.
  3. 望月學. 第4回お茶の水 眼科先進医療セミナー主催, 東京医歯大, 2010.5.14. 9.
  4. 望月學. 第5回お茶の水 眼科先進医療セミナー主催. 東京医歯大, 2010.11.19.
  5. Kamoi K. Phaco Forward-Chop. CRST Europe's Annual Cataract Complications Issue 2010. Eyetube.
  6. 望月學. 難治性眼炎症性疾患の診断に網羅的迅速診断システムは有用. 『平成21年度厚生労働省科学研究感覚器障害研究成果発表会』. Medical Tribune, 2010; 43: 45.
  7. 大野京子. 体内環境向上委員会「目にやさしい生活」. ゆめ探求, 2010; 3: 5.
  8. 大野京子. 強度近視眼~網膜と脈絡膜では機械的伸展による血管反応が異なる. Medeical Tribune, 2010; 10月号
  9. 大野京子. アメリカ眼科学会プレスリリースEurekaert [Study May Improve Screening and Treatment of People with Severe Myopia]. 2010.7.28.
  10. 大野京子. 通常の視力検査ではわからない「強度近」. ばらんす, 2010; 8: 14-15.
  11. 大野京子. 加齢黄斑変性「歪んで見える」. エコノミスト, 2010.1.5.
  12. 大野京子. 強度近視. 夕刊フジ, 2010.3.3.
  13. 大野京子. 強い近視. 飛蚊症・歪んで見える。こんな人はご用心. 東京スポーツ新聞, 2010.3.4.
  14. 大野京子. 強度近視の人 気をつけて. 中日新聞, 2010.3.5.
  15. 大野京子. 強度近視の人 気をつけて. 東京新聞, 2010.3.5.
  16. 大野京子. シニア向け眼鏡選び. 東京新聞, 2010.4.14.
  17. 大野京子. 働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意. 産経新聞, 2010.5.10.
  18. 大野京子. 働き盛りの近視怖い パソコンなど悪影響 深刻な視力障害注意. Yahoo!ニュース, 2010.5.10.
  19. 大野京子. 働き盛りの目を守れ;強度近視. サンケイスポーツ, 2010.5.23.
  20. 大野京子. 3Dテレビ;幼児の目の発達に悪影響の恐れ. 東京新聞, 2010.5.25.
  21. 大野京子. 「JAM THE WORLD;3D映像が人体に与える影響」. FM J-WAVE, 2010.6.1.
  22. 大野京子. 軽視できない近視! 強度近視は「病気」. goo!ヘルスケア, 2010.6.15.
  23. 大野京子. 強度近視。中途失明の一大原因。早く気づきブレーキを. 日刊ゲンダイ, 2010.9.22.

受賞

  1. Mochizuki M. 2010 Association for Research in Vision and Ophthalmology Gold Fellows 受賞.

研究費

  1. 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B)「補体活性化を中心とした加齢黄斑変性の発症機序解明と新たな治療アプローチ.」 研究代表者:大野京子.
  2. 日本学術振興会科学研究費 萌芽 「血管内皮前駆細胞を標的とした新たな加齢黄斑変性の治療戦略」 研究代表者:大野京子.
  3. 厚生労働科学研究費 障害者対策総合研究事業 「成人を対象とした眼検診プログラムの臨床疫学、医療経済学的評価」 研究分担者:大野京子.
  4. 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(C)  「ヒト角膜内皮細胞に関する免疫学的・分子生物学的機能解析」 研究代表者:杉田直.
  5. 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B) 「眼内自然免疫機構と機能分子に関する免疫学的・分子生物学的研究.」 研究代表者:望月學.
  6. 厚生労働科学研究費 障害者対策総合研究事業 「難治性眼炎症性疾患に対する網羅的迅速診断システムの開発」 研究代表者:望月學.
  7. 厚生労働科学研究費 新興・再興感染症研究事業 「本邦におけるHTLV-1感染及び関連疾患の実態調査と総合対策」 研究分担者:望月學.
  8. 厚生労働科学研究費 難治性疾患克服研究事業 「特発性角膜内皮炎の実態把握と診断法確立のための研究」 研究分担者:望月學.