業績集

2011年

原著

  1. Yamada Y, Sugita S, Tanaka H, Kamoi K, Takase H, Mochizuki M. Timing of recurrent uveitis in patients with Behçet's disease on infliximab therapy. Br J Ophthalmol, 2011;95:205-8.
  2. Sugita S, Shimizu N, Watanabe K, Katayama M, Horie S, Ogawa M, Takase H, Sugamoto Y, Mochizuki M. Diagnosis of bacterial endophthalmitis by broad-range quantitative polymerase chain reaction. Br J Ophthalmol, 2011;95:345-349.
  3. Sugita S, Yamada Y, Mochizuki M. Relationship between serum infliximab levels and acute uveitis attacks in patients with Behçet's disease. Br J Ophthalmol, 2011;95:549-52.
  4. Sugita S, Yamada Y, Kaneko S, Horie S, Mochizuki M. Induction of regulatory T cells by infliximab in Behçet's disease. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2011;52:476-84.
  5. Sugita S, Yamada Y, Horie S, Nakamura O, Ishidoh K, Yamamoto Y, Yamagami S, Mochizuki M. Induction of T regulatory cells by cytotoxic T-lymphocyte antigen-2 alpha on corneal endothelial cells. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2011;52:2598-605.
  6. Sugita S, Horie S, Yamada Y, Kawazoe Y, Takase H, Mochizuki M. Suppression of interleukin-17-producing T-helper 17 cells by retinal pigment epithelial cells. Jpn J Ophthalmol, 2011;55:565-575.
  7. Sugita S, Ogawa M, Inoue S, Mochizuki M. Diagnosis of ocular toxoplasmosis by two polymerase chain reaction (PCR) examinations: qualitative multiplex PCR and quantitative real-time PCR. Jpn J Ophthalmol, 2011;55:495-501.
  8. Sugita S, Kawazoe Y, Yamada Y, Imai A, Horie S, Yamagami S, Mochizuki M. Inhibitory effect of corneal endothelial cells on IL-17–producing Th17 cells. Br J Ophthalmol, 2011;96:293-299.
  9. Ohno-Matsui K, Akiba M, Moriyama M, Ishibashi T, Tokoro T, Spaide RF. Imaging Retrobulbar Subarachnoid Space around Optic Nerve by Swept Source Optical Coherence Tomography in Eyes with Pathologic Myopia. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2011;52:9644-9650.
  10. Fukuda F, Shimada N, Ishida T, Furuse Y, Tobita H, Ohno-Matsui K. Bilateral Circumscribed Choroidal Hemangioma with Retinal and Choroidal Venous Abnormalities. Jpn J Ophthalmol, 2011; 55: 688-690.
  11. Wang J, Ohno-Matsui K, Nakahama K, Okamoto A, Yoshida T, Shimada N, Mochizuki M, Morita I. Amyloid  enhances migration of endothelial progenitor cells by up-regulating CX3CR1 in response to fractalkine, which may be associated with development of choroidal neovascularization. Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, 2011: 31: e11-18.
  12. Hayashi H, Yamashiro K, Nakanishi H, Nakata I, Kurashige Y, Tsujikawa A, Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Ozaki M, Yamada R, Matsuda F, Yoshimura N. Association of 15q14 and 15q25 with high myopia in Japanese. Invest Ophthalmol Vis Sci, 2011; 52: 4853-4858.
  13. Nagaoka N, Shimada N, Hayashi W, Hayashi K, Moriyama M, Yoshida T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Characteristics of periconus choroidal neovascularization in pathological myopia. Am J Ophthalmol, 2011; 152: 420-427.
  14. Ohno-Matsui K, Shimada N, Yasuzumi Y, Hayashi K, Yoshida T, Kojima A, Moriyama M, Tokoro T. Long-term development of significant visual field defects in highly myopic eyes. Am J Ophthalmol, 2011; 152: 256-265.
  15. Shimada N, Hayashi K, Yoshida T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Development of Macular Detachment after Successful Intravitreal Bevacizumab for Myopic Choroidal Neovascularization. Jpn J Ophthalmol, 2011; 55: 378-382.
  16. Tanaka Y, Shimada Y, Moriyama M, Hayashi K, Yoshida T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Natural history of lamellar macular holes in highly myopic eyes. Am J Ophthalmol, 2011; 152: 96-99.
  17. Moriyama M, Ohno-Matsui K, Hayashi K, Shimada N, Yoshida T, Tokoro T, Morita I. Topographical analyses of shape of eyes with pathologic myopia by high-resolution three dimensional magnetic resonance imaging. Ophthalmology, 2011; 118: 1626-1637.
  18. Li YJ, Khor CC, Fan Q, Yu M, Han S, Sim X, Ong RT, Wong TY, Vithana EN, Yap E, Nakanishi H, Matsuda F, Ohno-Matsui K, Yoshimura N, Seielstad M, Tai ES, Young TL, Saw SM. Genome-wide association studies reveal genetic variants in CTNND2 for high myopia in Singapore Chinese. Ophthalmology, 2011; 118: 368-375.
  19. Hayashi W, Shimada N, Hayashi K, Moriyama M, Yoshida T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Retinal vessels in high myopia. Ophthalmology, 2011; 118: 791.
  20. Ohno-Matsui K, Shimada N, Nagaoka N, Tokoro T, Mochizuki M. Choroidal folds radiating from edge of inferior staphyloma in eye with tilted disc syndrome. Jpn J Ophthalmol, 2011; 55: 171-173.
  21. Nagaoka N, Ohno-Matsui K. Saka N, Tokoro T, Mochizuki M. Clinical characteristics of patients with congenital high myopia. Jpn J Ophthalmol , 2011; 55: 7-10.
  22. Hayashi K, Ohno-Matsui K, Shimada N, Moriyama M, Hayashi W, Wang J, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Long-term Results of Photodynamic Therapy for Choroidal Neovascularization in Japanese Patients with Pathological Myopia. Am J Ophthalmol , 2011; 151: 137-147.
  23. Moriyama M, Ohno-Matsui K, Shimada N, Hayashi K, Kojima A, Yoshida T, Tokoro T, Mochizuki M. Correlation between visual prognosis and fundus autofluorescence and optical coherence tomographic findings in highly myopic eyes with submacular hemorrhage and without choroidal neovascularization. RETINA, 2011; 31: 74-80.
  24. Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Mochizuki M, Ishiwata K, Ishii K. Positive correlation between severity of blepharospasm and thalamic glucose metabolism. Case Report Ophthalmol. 2011; 2: 50-54.
  25. Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Mochizuki M, Ishii K. Gray matter density increase in the primary sensorimotor cortex in long-term essential blepharospasm. NeuroImage. 2011; 56: 1-7.
  26. Emoto H, Suzuki Y, Kiyosawa M. Blepharospasm-A review and updates. Part1. Types and symptoms. Neuro-ophthalmology Japan. 2011; 28: 257-263.
  27. Emoto H, Suzuki Y, Kiyosawa M. Blepharospasm-A review and updates. Part2. The therapies. Neuro-ophthalmology Japan. 2011; 28: 363-370.
  28. Shimizu M, Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishii K, Ishiwata K, Mochizuki M. Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with hemifacial spasm. Mov Disord. 2012 (in press).
  29. Suzuki Y, Emoto H, Kiyosawa M. Blepharospasm-update on research. Alteration of central nervous system. Neuro-ophthalmology Japan. 2011; 28: 469-475.
  30. 下村嘉一, 山岸直矢, 嘉山孝正, 望月學. 中医協と診療報酬改定. <日本眼科社会保険会議シンポジウム報告> 第64回日本臨床眼科学会 日本眼科社会保険会議シンポジウム. 日本の眼科, 2011; 82: 213-216.
  31. 福田香織, 高瀬博, 菅本良治, 小川学, 島田典明, 堀江真太郎, 望月學. 強膜輪状締結術後に発症した抹消網膜血管拡張の1例. 眼科臨床紀要, 2011; 105: 703-7.6.
  32. 望月學. 第115回日本眼科学会総会を終えて. 日眼会誌, 115; 883-884, 2011.
  33. 望月學. 眼科手術時間等に関する多施設前向き調査. 日眼会誌, 115; 875-882, 2011.
  34. 望月學. 竹内忍, 大橋裕一. 眼科手術時間等に関する多施設前向き調査. 日本の眼科, 82;23-31, 2011.
  35. 林憲吾, 大野京子, 森山無価, 林和歌子, 望月學. 退行性下眼瞼内反症に対する水平方向の広範囲な埋没縫合法. 日眼会誌, 2011; 115: 529-534.
  36. 伊丹優子, 田中明子, 山下牧子, 望月學. 角膜屈折矯正手術後に眼位が増悪し斜視手術を施行した2例. 臨床眼科, 2011; 65: 915-918.

著書

  1. 大野京子(総著). 身につく蛍光眼底造影検査手技と所見の読み方. 金原出版, 2011.
  2. 杉田 直.「長寿科学研究業績集」 高齢者の眼科検診の重要性. 長寿科学振興財団 , 2011.
  3. 田中明子. 眼科用薬. 年齢・体重ですぐわかる!小児の治療薬の選び方と使い方, 2011: 238-242.
  4. 江本博文, 清澤源弘, 藤野貞.(著者) 神経眼科臨床のために第3版, 医学書院出版, 2011.10.1発行

総説

  1. 望月學, 竹内忍, 大橋裕一. 談話室 眼科手術時間等に関する多施設前向き調査.(談話室). Medical Tribune, 2010; 43: 45.
  2. 望月學. 私の思い出. 眼科医マルチファインダー, 2011; 20: 1.
  3. 三宅謙作, 望月學, 木下茂, 沼賀二郎. エキスパート座談会「STOP! 術後眼炎症」 第3回周術期NSAIDこれまで、これから. あたらしい眼科, 2011; 28: 1-3.
  4. 大野京子. 強度近視. 臨床眼科, 2011; 65: 1740-1748.
  5. 島田典明, 大野京子. 強度近視と黄斑病変、視神経症. 神経眼科, 2011; 28: 296-302.
  6. Ohno-Matsui K. Advances in Diagnosis and Treatment of Pathologic Myopia. RETINA Today, 2011;5:45-49
  7. Ohno-Matsui K. Parallel findings in age-related macular degeneration and Alzheimer's disease. Progress in Retinal and Eye Research , 2011; 30: 217-238
  8. 大野京子. 強度近視眼底研究会. 臨眼, 2011; 65: 350-352.
  9. 大野京子. 強度近視. 臨床眼科, 2011; 65: 1740-1748.
  10. 島田典明, 大野京子. 強度近視と黄斑病変、視神経症. 神経眼科, 2011; 28: 296-302.
  11. 大野京子. 強度近視眼底研究会. 臨眼, 2011; 65: 350-352.
  12. 杉田直. ぶどう膜炎診療の新たな動向 — 検体検査. あたらしい眼科, 2011; 28: 469-475.
  13. 杉田直. 「眼科診療:5年前の常識は、現在の非常識」ぶどう膜炎の網羅的診断法. 臨床眼科,2011; 65: 332-338.
  14. 杉田直. 【眼科と血液検査】 非感染性ぶどう膜炎(原田病、ベーチェット病、サルコイドーシス). 眼科, 2011; 53: 763-768.
  15. 佐々木秀次. 角膜手術の概要と手術に必要な器具・器械. 眼科ケア, 2011; 284-285.
  16. 佐々木秀次. 角膜移植手術に使用する器具. 眼科ケア, 2011; 288-289.
  17. 宮永将, 望月學. 先天性トキソプラズマ網膜症. 母子感染, 2011; 156-159.

学会発表

  1. Kamoi K, Reid DM, Yeoh J, Forrester JV. Regulatory T Cell Expansion in Eye Draining Lymph Nodes Plays a Role in Suppressing Inflammation in Spontaneous EAU and Offers a Strategy for Cell-Based Therapy. The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2011 Annual Meeting, Florida, USA. 2011. 5.2
  2. Wang J, Ohno-Matsui K, Yoshida T, Shimada N, Mochizuki M, Morita I. Amyloid β enhances migration of endothelial progenitor cells via upregulation of CX3CR1. Association for Research in Vision and Ophthalmology 2011 Annual Meeting, Florida, USA. 2011. 5.3
  3. 倉重由美子, 山城健児, 林寿子, 中西秀雄, 仲田勇夫, 辻川明孝, 森山無価, 大野京子, 望月學、吉村長久. 日本人の強度近視における15q14と15q25領域の遺伝子多型の関与の検討. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.12
  4. 森山無価, 大野京子, 森田育男, 玉田作哉, 安田章夫. 強膜コラーゲン紫外線光架橋によるマウス実験近視眼の近視化抑制. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.12
  5. 岸本拓哉, 王紀英, 玉田作哉, 安田章夫, 森田育男, 大野京子. 眼底アミロイドの蛍光プローブによる画像化の比較. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.12
  6. 川添裕子, 杉田直, 山田由季子, 堀江真太郎, 望月學. 網膜色素上皮細胞のレチノイン酸を介した制御性T細胞誘導. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.12
  7. 王紀英, 大野京子, 吉田武史, 島田典明, 森田育男, 望月學. 加齢と高コレステロールに伴う網膜下アミロイド蓄積機序の解明. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.13
  8. 朝隈朋子, 安田美穂, 二宮利治, 野田佳宏, 荒川聡, 橋本佐和子, 大野京子, 清原裕, 石橋達朗. 一般住民を対象とした近視性眼底病変の関連因子の検討:久山町研究. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.13
  9. 相坂一樹, 大月知之, 小林誠司, 岸本拓哉, 安田章夫, 森田育男, 大野京子. 複数枚画像を用いた眼底画像の高画質化. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.13
  10. 小川学, 杉田直, 井上静, 望月學, 渡邊健, 清水則夫, 中川一路. 眼科領域での細菌Broad-range 定量PCRの有用性の検討. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.13
  11. 村井秀樹、鈴木幸久、清澤源弘、望月學、石渡喜一、石井賢二、緑内障患者群にみられた視放線の軸索密度の減少、第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.14
  12. 永田健児, 丸山和一, 木下茂, 杉田直, 望月學. 日本人におけるサルコイドーシス内眼炎の年齢別臨床像. 第 11回日本抗加齢医学会総会, 京都, 2011.5.27
  13. 丸山和一, 永田健児, 小嶋健太郎, 安原徹, 米田一仁, 稲葉亨, 木下茂, 杉田直, 望月學. 高齢者サルコイドーシス内眼炎における硝子体液のフローサイトメトリー解析. 第 11回日本抗加齢医学会総会, 京都, 2011.5.28
  14. 米田一仁, 丸山和一, 山本芳美, 丸山悠子, 小池正人, 内山安男, 木下茂, 杉田直. 加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管に対する新規血管新生抑制物質CTLA2-alphaの検討.  第 11回日本抗加齢医学会総会, 京都, 2011.5.28
  15. 清水恵. 片側顔面痙攣の脳局所糖代謝、第3回東日本眼瞼痙攣シンポジウム、東京, 2011.6.4
  16. 佐々木秀次. 外傷性角膜上皮障害に対するワンデーアキュビューモイストの有用性. 第6回お茶の水眼科先進医療セミナー, 東京, 2010.7.1.
  17. 寺田裕紀子, 高瀬博, 杉田直, 菅本良治, 望月學. 原因不明の硝子体混濁に対する硝子体手術の効果. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.8
  18. 今井彩乃, 杉田直, 山田由季子, 川添裕子, 堀江真太郎, 高瀬博, 望月學. 制御性T細胞を用いたぶどう膜炎免疫治療の可能性. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.8
  19. 窪野玲央, 高瀬博, 杉田直, 横井匡, 仁科幸子, 東範行, 望月學. 骨髄移植後免疫制御状態の小児に生じた壊死性ヘルペス性網膜症の1症例. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.8
  20. 石塚敦子, 高瀬博, 川口龍史, 宮永将, 望月學. 当科におけるVogt-小柳-原田病患者の長期視力予後の解析. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.9
  21. 三重野洋喜, 米田一仁, 丸山和一, 永田健児, 小森秀樹, 小嶋健太郎, 木下 茂, 杉田 直, 望月 學. 眼内炎に対するPCRの有用性の検討. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.9
  22. 坂本俊哉, 臼井嘉彦, 横井克俊, 坂井潤一, 後藤浩, 杉田直. 持続的な前房畜膿を伴った原因不明ぶどう膜炎の1例. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.10
  23. 丸山和一, 安原徹, 永田健児, 米田一仁, 木下茂, 杉田直, 望月學. 眼サルコイドーシスとPropionibacterium acnes眼感染合併症例. 第45回日本眼炎症学会, 京都, 2011.7.10
  24. 福田祥子, 高瀬博, 大野京子, 望月學. 非典型的な眼底病変を呈した転移性眼内リンパ腫の一例. 第26回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2011.7.18
  25. 高橋洋如, 高瀬博, 石塚敦子, 大野京子, 望月學. 慢性期Vogt-小柳-原田病の脈絡膜厚の解析. 第26回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2011.7.18
  26. 伊丹優子, 高瀬博, 川口龍史, 宮永将, 望月學. ぶどう膜炎眼に対する白内障手術-フレア値と術後炎症について. 第26回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会, 東京, 2011.7.18
  27. 森山無価, 大野京子. 3D MRIを用いた両眼あるいは片眼強度近視症例の眼球形状解析. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  28. 田中祐一朗, 島田典明, 大野京子, 所敬, 望月學. 近視性牽引黄斑症の硝子体手術前後におけるレトロモード所見の変化. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  29. 島田典明, 菅本良治, 小川学, 高瀬博, 大野京子, 所敬, 望月學. 近視性牽引黄斑症に対する中心窩を除いた内境界膜剥離併用の硝子体手術. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  30. 横井多恵, 林憲吾, 森山無価, 島田典明, 富田誠, 山本直樹, 西川徹, 大野京子, 望月學. 強度近視患者の精神的健康と視覚関連QOL. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  31. 三宅正裕, 山城健児, 中西秀雄, 林寿子, 仲田勇, 赤木由美子, 辻川明孝, 森山無価, 大野京子, 望月學, 松田文彦, 吉村長久. 近視性脈絡膜新生血管に関するゲノムワイド関連解析. 第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  32. 小川学, 杉田直, 鴨居功樹, 渡邊健, 清水則夫, 望月學. 真菌18S rRNA領域定量PCRの真菌性眼内炎診断における有効性の検討. 第65回臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  33. 川添裕子, 杉田直, 山田由季子, 望月學, 秋野愛, 三浦圭子. インフリキシマブ治療中に乾癬を発症したベーチェット病ぶどう膜炎患者の一例. 第65回日本臨床眼科学会総会, 東京, 2011.10.8.
  34. 龍井苑子, 市邉義章, 池田哲也, 清水公也, 杉田直, 望月學. 小児に発症し急激な変化をきたした原因不明の網膜血管炎の一例. 第65回日本臨床眼科学会総会, 東京, 2011.10.8.
  35. 高阪昌良, 上本理世, 澁谷悦子, 中村聡, 米本淳一, 西井忠之, 望月學, 齋藤航, 大野重昭, 水木信久. Bilateral diffuse uveal melanocytic proliferationより卵巣癌の進行が判明した1例. 第65回日本臨床眼科学会総会, 東京, 2011.10.8.
  36. 永田健児, 丸山和一, 小嶋健太郎, 稲葉亨, 杉田直, 望月學, 木下茂. 硝子体液解析で診断に至った成人T細胞白血病(ATL)眼内浸潤. 第65回日本臨床眼科学会総会, 東京, 2011.10.9.
  37. 森山無価、大野京子、森田育男、近藤純一、茂出木敏雄、高橋洋一. 強度近視眼における3次元的眼球形状解析ソフトウエアの作成. 第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.9
  38. 飛田秀明、大野京子、島田典明、森山無価、林憲吾、所敬、望月學. 近視性脈絡膜新生血管に対するアバスチン硝子体注入の3年間の治療成績. 第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.9
  39. 篠原宏成、森山無価、大野京子、望月學. 3D-MRIを用いた傾斜乳頭症候群の眼球形状と視神経付着部の検討. 第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.9
  40. 森圭介、尾花明、飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史. インストラクションコース 「加齢黄斑変性の治療戦略 抗VEGF療法編」第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.10
  41. Mochizuki M. Introduction. Ocular Sarcoidosis: Diagnostic Criteria, Differential Diagnosis, Management. International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.14.
  42. Mochizuki M. Introduction. Why laser flare photometry is unavoidable in the management of inflammatory intraocular disease. International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.14.
  43. Mochizuki M. Classification and diagnostic criteria for ocular sarcoidosis. International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.15.
  44. Mochizuki M. HTLV-1 and intraocular inflammation. International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.16.
  45. Kawazoe Y, Sugita S, Yamada Y, Mochizuki M. A Case of Psoriasis Triggered by Infliximab in Uveitis Patient with Behçet's Disease. The 11th International Ocular Inflammation Society Congress and International Assembly of Ocular Inflammation Societies (Nov 13-16, 2011, Goa, India)
  46. 坂夏子、大野京子、森山無価、島田典明、末吉真一、長岡奈都子、田中裕一朗、横井多恵、林憲吾、林和歌子、安澄健次郎、所敬. 長期経過観察可能であった強度近視患者における網膜血管の走行変化. 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011.12.3, 東京
  47. 土屋香、大野京子、森山無価、望月學. 傾斜乳頭に併発した後天性乳頭前静脈ループ. 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011.12.3, 東京
  48. Miyake M. Yamashiro K, Nakanishi H, Hayashi H, Nakata I, Akagi Y, Tsujikawa A, Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Yoshimura N. Association of PAX6 with high myopia in Japanese. ぴかいちシンポジウム. 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011.12.3, 東京

特別講演・招待講演・シンポジウムなど

  1. 大野京子.強度近視の黄斑症に対する新知見.第15回やまぐち眼科フォーラム,山口, 2011, 1.15
  2. Ohno-Matsui K. Analysis of Ocular shape in pathologic myopia. Asia-ARVO 2011, Singapore, 2011.1.20
  3. 大野京子.女性医師の能力を最大限に生かすために. 日本医師会・日本眼科学会共催プログラム.第34回日本眼科手術学会総会,京都, 2011, 1.29
  4. 大野京子.インストラクションコース「加齢黄斑変性の治療戦略 ver.3」.第34回日本眼科手術学会総会,京都, 2011. 1.29
  5. 大野京子.強度近視の視野障害―緑内障か?近視性視神経症か?-.第1回近視緑内障研究会,京都, 2011. 1.30
  6. 清澤源弘、前眼部および外眼部手術の術後愁訴や不満への対応、第34回日本眼科手術学会総会、シンポジウム, 東京, 2011.1.30
  7. 杉田直(東京医歯大)眼内リンパ腫の診断 第3回東京眼炎症フォーラム, 東京, 2011.2.4
  8. 大野京子.強度近視の黄斑症に対する新知見.第51回YCH眼科ティータイム,大阪, 2011.2.12
  9. 望月學. 新しいぶどう膜炎疾患:CMV前部ぶどう膜炎. 眼科診療アップデートセミナ011, 京都, 2011.3.6
  10. 大野京子. 強度近視の黄斑症に対する新知見.第20回島根眼科研究会, 島根, 2011.3.6
  11. Ohno-Matsui K. Retinal imaging in pathologic myopia. In symposium "Making the best use of retinal imaging" Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2011, Sydney, Australia 2011.3.21
  12. Ohno-Matsui K. Anti-VEGF for myopic choroidal neovascularization. In symposium "Are all anti-VEGFs drugs the same?" Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2011, Sydney, Australia, 2011.3.22
  13. Ohno-Matsui K. Amyloid beta enhances migration of endothelial progenitor cells by up-regulating CX3CR1 and stimulates development of choroidal neovascularization. In symposium "Advaces on molecular mechanisms in intraocular inflammation, neovascularization and neuroprotection". Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress 2011, Sydney, Australia, 2011.3.24
  14. Kamoi K. Chinico-pathological features of spontaneous model of EAU. Regulatory T cell expansion offers a strategy for cell-based therapy. The University of Aberdeen Immunology seminar, Scotland, UK. 2011.3.31
  15. 大野京子. 脈絡膜血管新生の病態と治療~アミロイドの重要性~. 第115回日本眼科学会総会. 東京, 2011.5.12
  16. 大野京子. 病的近視の治療. 第115回日本眼科学会総会. 東京, 2011.5.13
  17. 杉田直(東京医歯大)シンポジウム【眼の炎症の謎を解く】:網膜色素上皮のTh17細胞抑制 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011. 5.14
  18. 川口龍史. サブスペシャリティーサンデー Vogt‐小柳‐原田病のICG蛍光眼底造影所見. 第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011.5.15
  19. Sugita S. (Tokyo Medical and Dental University) Application of research tools in clinical disease: Comprehensive PCR system for the diagnosis of ocular diseases ARVO/JOS Symposium The 115th Annual Meeting of the Japanese Ophthalmological Society Tokyo. Tokyo, 2011. 5.15
  20. 望月學. ぶどう膜炎への戦略的アプローチ. 第14回高知大学眼科学教室同門会学術講演会, ホテル日航高知旭ロイヤル(高知), 2011.6.4.
  21. 大野京子. 病的近視における失明防止に向けて. 関西医科大学眼科学教室講演会. 大阪. 2011.7.6.
  22. 杉田直(東京医歯大)スリーサム・イン京都 基調講演 感染症はここまで眼内炎症に関与する - 眼内液を用いた網羅的検査でわかったこと - 第45回日本眼炎症学会. 京都, 2011.7.8
  23. 望月學. ベーチェット病難治性網膜ぶどう膜炎症例における各種検査の実施要否と実施方法の検討. 第3回ベーチェット病眼疾患ミーティング, 京都, 2011.7.9
  24. 望月學. 今昔物語-ぶどう膜炎-. 第2回千代田眼科夏のフォーラム, 東京, 2011.7.15
  25. 望月學. 症例から考えるぶどう膜炎. 第38回京都眼科フォーラム, 京都, 2011.7.16
  26. 望月學. 眼疾病-薬の作用・副作用-. 日本視能訓練士協会2011年度新人教育プログラム講義, 東京慈恵会医科大学, 2011.7.17.
  27. 大野京子. 病的近視の新知見. Medical Retinal League in 札幌. 札幌. 2011.7.17
  28. 大野京子. 病的近視の黄斑部病変. 日本眼科医会生涯教育講座. 東京. 2011.7.18
  29. 大野京子. 病的近視の黄斑部病変. 日本眼科医会生涯教育講座. 東京. 2011.7.25
  30. 杉田直(東京医歯大)特別講演:インフリキシマブによるベーチェット病ぶどう膜炎抑制効果 — 臨床研究および基礎研究の側面より — 第45回免疫疾患フォーラム つくば市 7.28. 2011.
  31. 大野京子. 病的近視の黄斑部病変. 日本眼科医会生涯教育講座. 神戸. 2011.8.1
  32. 杉田直(東京医歯大)特別講演:難治性眼炎症性疾患に対するPCR法を用いた診断検査システムの開発 第2回北海道眼炎症免疫セミナー 札幌市 8.19. 2011.
  33. 大野京子. 強度近視のintrachoroidal cavitation. 13th Japan Macula Club. 蒲郡. 2011.8.21
  34. 望月學. ぶどう膜炎の診断と治療. 平成23年度近畿ブロック夏季講習会, 奈良, 2011.8.28
  35. 大野京子. 病的近視の黄斑部病変. 日本眼科医会生涯教育講座. 神戸. 2011.8.28
  36. Kyoko Ohno-Matsui. Amyloid  enhances the migration of endothelial progenitor cells via CX3CR1. 5th International Symposium on Age-Related Macular Degeneration. 2011.9.9. Baden Baden, Germany.
  37. 杉田直(東京医歯大)シンポジウム【眼感染症の進歩】:Multiplex PCRの応用 第65回臨床眼科学会, 東京, 2011.10.7
  38. 不二門尚、長谷部聡、大野京子、石子智士、生野恭司. インストラクションコース 強度近視による失明防止のStrategy. 第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.8
  39. 大野京子. 後部強膜ぶどう腫を標的とした近視進行抑制のストラテジー. シンポジウム14 「近視進行予防の最前線」. 第65回日本臨床眼科学会. 東京. 2011.10.9
  40. 若倉雅登、清澤源弘、山田昌和、解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴 その9)困った症例集、第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011.10.10
  41. 望月學. ぶどう膜炎の診断と治療:プラスα. 第27回帝京大学眼科学術講演会, 東京, 2011.10.15.
  42. 大野京子.強度近視の病態解明と治療を目指して. 第32回熊本眼疾患研究会・熊本眼疾患フォーラム. 熊本, 2011.10.15
  43. 大野京子. 強度近視の失明防止に向けて. 第7回県尼眼科フォーラム. 尼崎, 2011.11.12
  44. Mochizuki M. Molecular diagnosis in intraocular inflammation. (Moderator). International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.13.
  45. Mochizuki M. Ocular sarsoidosis: Diagnostic criteria, differential diagnosis, management. (Organizer). International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.14.
  46. Mochizuki M. Why laser flare photometry is unavoidable in the management of inflammatory intraocular disease. (Chairman). International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.14.
  47. Mochizuki M. Translational research. (Chair person). International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.14.
  48. Sunao Sugita (Tokyo Medical and Dental University) Symposium : "Translational Research in Ocular Inflammation: Comprehensive PCR system for the diagnosis of ocular diseases" The 11th International Ocular Inflammation Society Congress and International Assembly of Ocular Inflammation Societies (Nov 13-16, 2011, Goa, India)
  49. Mochizuki M. The 7th international workshop of Vogt-Koyanagi-Harada disease and sympathetic ophthalmia. Session #2 Management of VKH. (Chair). International Ocular Inflammation Society 2011, Goa(India), 2011.11.15.
  50. Sunao Sugita, Manabu Ogawa (Tokyo Medical and Dental University) Symposium: "Molecular Diagnosis in Intraocular Inflammation: Bacterial Infection" The 11th International Ocular Inflammation Society Congress and International Assembly of Ocular Inflammation Societies (Nov 13-16, 2011, Goa, India)
  51. 大野京子. 病的近視の黄斑部病変. 日本眼科医会生涯教育講座. 札幌. 2011.11.26
  52. 杉田直(東京医歯大)イブニングセミナー【TEAM2011で頭の体操 -専門バカになるな!—】眼炎症専門医 vs 網膜専門医の聖戦 第50回日本網膜硝子体学会, 東京, 2011.12.2
  53. 大野京子. 近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法の最前線. 第60回日本網膜硝子体学会モーニングセミナー「黄斑疾患治療の最前線」, 東京, 2011.12.4
  54. Kyoko Ohno-Matsui. The potential role of amyloid  in the development of choroidal neovascularization in age-relaed macular degeneration. Syymposium "Fundamental mechanism underlying both physiological and pathological angiogenesis". The 19th Annual Meeting of the Japanese Vascular Biology and Medicine Organization and the 1st Asia-Pacific Vascular Biology Meeting. Tokyo, 2011.12.9
  55. 望月學. ぶどう膜炎の診断. 東京都眼科医会 平成23年度卒後研修会, 東京, 2011.12.17

その他・メディアなど

  1. 大野京子. 雑誌.立体に見えるニンテンドー3DS」の不安要素.フライデー 2011.1月28号 pp86-87,2010
  2. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。福島民報 2011.3.7
  3. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。釧路新聞 2011.3.20
  4. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。十勝毎日新聞 2011.3.21
  5. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。茨城新聞 2011.3.27
  6. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。岩手日日 2011.3.30
  7. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。琉球新報 2011.4.5
  8. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。苫小牧民報 2011.4.6
  9. 大野京子. 新聞. 子供の近視増加。携帯機器の普及原因に。陸奥新報 2011.4.14
  10. 大野京子. 雑誌. 近視が30代で止まらず40代以降も進み暗い所で二重に見えれば白内障を疑え。健康365. 2011年8月号 Pp23-24
  11. 大野京子. 雑誌.強度近視ほど緑内障を合併しやすく眼圧が正常でも網膜の視神経を障害して発症。健康365. 2011年8月号 Pp25-26
  12. 大野京子. 雑誌. 強度近視は若い人でも飛蚊症になりやすく数が増え光も飛べば網膜剥離の赤信号。健康365. 2011年8月号 Pp28-29
  13. 望月學. からだチェック!58 ぶどう膜炎. 週刊エコノミスト(雑誌), 朝日新聞社, 2011年9月20日発行.
  14. 田中明子. ドライアイ 目が乾く. 週刊エコノミスト, 朝日新聞社, 2011年10月11日発行.

学会等主催

  1. 望月學. 第3回東京眼炎症フォーラム.(代表世話人) 京王プラザホテル(新宿), 2011.2.4.
  2. 望月學. 第4回TMD眼科フォーラム. (代表世話人) 東京コンファレンスセンター品川(東京), 2011.2.5.
  3. 望月學. 第3回TMD緑内障フォーラム.(代表世話人) ホテル東京ガーデンパレス(東京), 2011.2.24.
  4. 望月學. 第115回日本眼科学会総会.(学会総会長) 東京国際フォーラム(東京), 2011.5.12~15.
  5. 望月學. 第6回お茶の水眼科先進医療セミナー.(代表世話人) 本学 臨床講堂1(東京), 2011.7.1.
  6. 望月學. 第7回お茶の水眼科先進医療セミナー.(代表世話人) 本学 臨床講堂1(東京), 2011.10.28.
  7. 望月學. 第5回TMD眼科フォーラム. (代表世話人) 東京コンファレンスセンター品川(東京), 2012.2.4.
  8. 望月學. 第4回東京眼炎症フォーラム. (代表世話人) 京王プラザホテル(東京), 2012.2.10.

研究費

  1. 厚生労働科学研究費 障害者対策総合研究事業 「難治性眼炎症性疾患に対する網羅的迅速診断システムの開発」 研究代表者:望月學.
  2. 厚生労働科学研究費 難治性疾患克服研究事業 「急性網膜壊死の診断基準に関する調査研究」 研究代表者:望月學.
  3. 厚生労働科学研究費 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業 「HTLV-1感染症の診断法の標準化と発症リスクの解明に関する研究」 研究分担者:望月學.
  4. 厚生労働科学研究費 難治性疾患克服研究事業 「特発性角膜内皮炎の診断および治療方針の確立に関する研究」 研究分担者:望月學.
  5. 日本学術振興会科学研究費 挑戦的萌芽研究 「制御性T細胞による新しいパーソナルメイド」 研究代表者:望月學.
  6. 日本学術振興会科学研究費 基盤研究(B) 「加齢黄斑変性発症の四次元時空的解明と分子標的治療の確立」 研究代表者:大野京子.
  7. 日本学術振興会科学研究費 挑戦的萌芽研究 「アミロイドβを標的とした加齢黄斑変性・緑内障の早期診断・治療に向けた新規戦略法」 研究代表者:大野京子.
  8. 厚生労働省科学研究費 難治性疾患克服研究事業 「網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班」 研究協力者:大野京子.
  9. 高齢者眼疾患研究女性 「アミロイドを標的とした加齢黄斑変性と緑内障の早期診断・新規治療の確立」 研究代表者:大野京子.
  10. 厚生労働科学研究費 障害者対策総合研究事業 「成人を対象とした眼検診プログラムの臨床疫学、医療経済学的評価」 研究分担者:大野京子.
  11. Exploratory Longitudinal Study of the Progression of Pathologic Myopia lesions. National Medical Research Council. Ministry of Health, Singapore, 2011, Oho-Matsui K.
  12. 日本学術振興会科学研究費 若手研究(B)「インフリキシマブ治療によるベーチェット病網膜ぶどう膜炎患者のT細胞抑制機序の解析.」 研究代表者:川口龍史.