業績集

2013年

原著

  1. Ohno-Matsui K, Hirakata A, Inoue M, Akiba M, Ishibashi T. Evaluation of congenital optic disc pits and optic disc colobomas by swept-source optical coherence tomography. Invest Ophthalmol Vis Sci. 54:7769-7778, 2013
  2. Khor CC, Miyake M, Chen LJ, Shi Y, Barathi VA, Qiao F, Nakata I, Yamashiro K, Zhou X, Tam PO, Cheng CY, Tai ES, Vithana EN, Aung T, Teo YY, Wong TY, Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Matsuda F; Nagahama Study Group, Yong RY, Yap EP, Yang Z, Pang CP, Saw SM, Yoshimura N. Genome-wide association study identifies ZFHX1B as a susceptibility locus for severe myopia. Hum Mol Genet. 22: 5288-5294, 2013
  3. Koh VT, Nah GK, Chang L, Yang AH, Lin ST, Ohno-Matsui K, Wong TY, Saw SM. Pathologic changes in highly myopic eyes of young males in singapore. Ann Acad Med Singapore. 42:216-224, 2013
  4. Miyake M, Yamashiro K, Nakanishi H, Nakata I, Akagi-Kurashige Y, Tsujikawa A, Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Yamada R, Matsuda F, Yoshimura N. Insulin-like growth factor 1 is not associated with high myopia in a large Japanese cohort. Mol Vis. 19:1074-1081, 2013
  5. Miyake M, Yamashiro K, Nakanishi H, Nakata I, Akagi-Kurashige Y, Kumagai K, Oishi M, Tsujikawa A, Moriyama M, Ohno-Matsui K, Mochizuki M, Yoshimura N. Evaluation of Pigment Epithelium-derived Factor and Complement Factor I Polymorphisms as a Cause of Choroidal Neovascularization in Highly Myopic Eyes. Invest Ophthalmol Vis Sci. 54:4208-4212, 2013
  6. Shinohara K, Moriyama M, Shimada N, Nagaoka N, Ishibashi T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Analyses of Shape of Eyes and Structure of Optic Nerves in eyes with Tilted Disc Syndrome by Swept-source Optical Coherence Tomography and Three Dimensional Magnetic Resonance Imaging. Eye. 27:1233-1241, 2013
  7. Chang L, Pan CW, Ohno-Matsui K, Lin X, Cheung GC, Gazzard G, Koh V, Hamzah H, Tai ES, Lim SC, Mitchell P, Young TL, Aung T, Wong TY, Saw SM. Myopia-Related Fundus Changes in Singapore Adults With High Myopia. Am J Ophthalmol. 155: 991-999, 2013
  8. Ohno-Matsui K, Akiba M, Moriyama M. Macular pits and scleral dehiscence in highly myopic eyes with macular chorioretinal atrophy. Retinal Cases Brief Rep. 7: 334-337,2013
  9. Ohno-Matsui K, Kasahara K, Moriyama M. Characteristics of intrachoroidal cavitation located temporal to optic disc in highly myopic eyes. Eye. 27:630-638, 2013
  10. Ohno-Matsui K. Complicated mechanism for axial elongation in eyes with pathologic myopia accompanying scleral thinning and deformity. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 251:2279, 2013
  11. Jonas JB, Spaide RF, Ohno-Matsui K. Macular Bruch's membrane defects and axial length: association with gamma zone and delta zone in peripapillary region. Invest Ophthalmol Vis Sci 54:1295-1302, 2013
  12. Ohno-Matsui K, Kasahara K, Moriyama M. Detection of Zinn-Haller arterial ring in highly myopic eyes by simultaneous indocyanine green angiography and optical coherence tomography. Am J Ophthalmol 155:920-926, 2013
  13. Ishida T, Ohno-Matsui K, Mochizuki M. Polypoidal choroidal vasculopathy in a case with retinitis pigmentosa. Int Ophthalmol. 33:305-308, 2013
  14. Saka N, Moriyama M, Shimada N, Nagaoka N, Fukuda K, Hayashi K, Yoshida T, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Changes of axial length measured by IOL master during two years in eyes of adults with pathologic myopia. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 251:495-499, 2013
  15. Yokoi T, Moriyama M, Hayashi K, Shimada N, Ohno-Matsui K. Evaluation of refractive error after cataract surgery in highly myopic eyes. Int Ophthalmol. 33:343-348, 2013
  16. Shimada N, Tanaka Y, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Natural course of myopic traction maculopathy and factors associated with progression or resolution. Am J Ophthalmol. 56 :948-957, 2013
  17. Iwasaki Y, Yamamoto N, Kawaguchi T, Ozaki N, Tomita M, Ajisawa A, Mochizuki M, Murakami K. Human immunodeficiency virus-related retinal microangiopathy and systemic cytomegalovirus disease association. Jpn J Ophthalmol. 57:372-378, 2013
  18. Hayashi K, Katori N, Kasai K, Kamisasanuki T, Kokubo K, Ohno-Matsui K. Comparison of Nylon Monofilament Suture and Polytetrafluoroethylene Sheet for Frontalis Suspension Surgery in Eyes with Congenital Ptosis. Am J Ophthalmol. 155:654-663, 2013
  19. Liu J, Copland DA, Horie S, Wu WK, Chen M, Xu Y, Paul Morgan B, Mack M, Xu H, Nicholson LB, Dick AD. Myeloid Cells Expressing VEGF and Arginase-1 Following Uptake of Damaged Retinal Pigment Epithelium Suggests Potential Mechanism That Drives the Onset of Choroidal Angiogenesis in Mice. PLoS ONE. 16;8(8):e72935, 2013
  20. Sugita S, Kawazoe Y, Imai A, Kawaguchi T, Horie S, Keino H, Takahashi M, Mochizuki M. Role of IL-22- and TNF-α-producing Th22 cells in uveitis patients with Behcet's disease. J Immunol. 190:5799–5808, 2013
  21. Horie S, Robbie SJ, Liu J, Wu WK, Ali RR, Bainbridge JW, Nicholson LB, Mochizuki M, Dick AD, Copland DA. CD200R signaling inhibits pro-angiogenic gene expression by macrophages and suppresses choroidal neovascularization. Sci. Rep. 3:3072, 2013
  22. Sugita S, Ogawa M, Shimizu N, Morio T, Ohguro N, Nakai K, Maruyama K, Nagata K, Takeda A, Usui Y, Sonoda KH, Takeuchi M, Mochizuki M. Use of a comprehensive polymerase chain reaction system for diagnosis of ocular infectious diseases. Ophthalmology. 120:1761-1768, 2013
  23. Maruyama K, Nagata K, Kojima K, Inaba T, Sugita S, Mochizuki M, Kinoshita S. Intraocular Invasion of Adult T-Cell Leukemia Cells without Systemic Symptoms after Cataract Surgery. Case Rep Ophthalmol. 4:252-256, 2013
  24. Sugita S, Kawazoe Y, Imai A, Usui Y, Takahashi M, Mochizuki M. Suppression of IL-22-producing T helper 22 cells by RPE cells via PD-L1/PD-1 interactions. Invest Ophthalmol Vis Sci. 54:6926-6933, 2013
  25. Sugita S, Kawazoe Y, Imai A, Usui Y, Iwakura Y, Isoda K, Ito M, Mochizuki M. Mature dendritic cell suppression by IL-1 receptor antagonist on retinal pigment epithelium cells. Invest Ophthalmol Vis Sci. 54:3240-3249, 2013
  26. Kawazoe Y, Sugita S, Yamada Y, Akino A, Miura K, Mochizuki M. Psoriasis triggered by infliximab in a patient with Behçet's disease. Jpn J Ophthalmol. 57:95-7, 2013
  27. Iwahasi-Shima C, Azumi A, Ohguro N, Okada AA, Kaburaki T, Goto H, Sonoda KH, Namba K, Mizuki N, Mochizuki M. Acute retinal necrosis: factors associated with anatomic and visual outcomes. Jpn J Opyhatlmol. 57:98-103, 2013
  28. 川口龍史、山本成径、岩崎優子、尾碕憲子、村上喜三雄.都立駒込病院におけるヒト免疫不全ウイルス感染者の眼合併症.臨床眼科.67:449-452、2013
  29. 林憲吾、嘉鳥信忠、笠井健一郎、上笹貫太郎.大腿筋膜による前頭筋吊り上げ術の合併症を来した3例の特徴と治療.日本眼科学会雑誌、117:132-138、2013
  30. 林憲吾、嘉鳥信忠、笠井健一郎、上笹貫太郎、小久保健一.口唇口蓋裂を伴った涙道形成不全の1例.日本眼科学会雑誌、117:433-437、2013
  31. 林憲吾、嘉鳥信忠、笠井健一郎、上笹貫太郎、小久保健一、太田優.劇症型A群β溶連菌感染症に伴う壊死性筋膜炎による下眼瞼欠損の再建の1例.形成外科、56:975-980、2013
  32. 渋谷洋輔、田中明子、望月學.先天性眼振のアイトラッカーを用いた眼振強度測定.臨床眼科、67:959-963、 2013
  33. 窪野玲央、高瀬博、横井匡、仁科幸子、東範行、望月學.免疫抑制状態の小児に生じた水痘帯状疱疹ウイルスによる壊死性網膜炎の一例.眼科臨床紀要.6:585-8、2013

著書

  1. 吉田武史、大野京子.眼疾患(加齢黄斑変性).ファーマナビゲーター COX-2阻害薬編、pp 196-201、メディカルレビュー社、2013
  2. 宮永将、望月學.サルコイドーシスの眼病変.皮膚科臨床アセット14 肉芽腫性皮膚疾患、pp92-98、中山書店、2013
  3. 林憲吾、嘉鳥信忠.眼瞼腫瘍:悪性腫瘍 眼瞼が欠損するもの.眼手術学2眼瞼、pp200-209、文光堂、2013
  4. 林憲吾.眼瞼腫瘍:悪性腫瘍(基底細胞癌/ 扁平上皮癌/ 脂腺癌/ 悪性黒色腫).眼科疾患最新の治療2013-2015、pp81-83、南江堂、2013
  5. 江本有子、江本博文.内斜視(両内直筋後転、前後転).イラスト眼科手術シリーズIV斜視手術、p26、金原出版、2013
  6. 江本博文、清澤源弘.視力障害/視野障害(物がみえにくい) Visual disturbance, and visual field loss. 神経・精神疾患診療マニュアルIV神経・精神症候からのアプローチ~主要神経・精神症候と鑑別診断~、pp.103-104、南山堂、2013
  7. 高瀬博.ぶどう膜炎の画像検査.園田康平、後藤浩編.所見から考えるぶどう膜炎、pp.37-52、医学書院、2013

総説

  1. Mochizuki M, Sugita S, Kamoi K. Immunological homeostasis of the eye. Prog Retin Eye Res. 33:10-27, 2013
  2. 大野京子.強度近視眼の視神経障害.あたらしい眼科、30:1539-1545、2013
  3. 大野京子、森山無価.強度近視眼の画像診断の進歩.臨床眼科、67:1611-1620、2013
  4. 大野京子.近視の仕組み.近視予防のためのポイント.少年写真新聞社 中学保健ニュース、第1572号:1,6-7、2013
  5. 大野京子.強度近視の網膜障害.Monthly Book OCULISTA、4:43-51、2013
  6. 大野京子.視神経とくも膜下腔のOCT所見.眼科増大号、55:379-389、2013
  7. 大野京子.近視研究の新展開.総論.医学のあゆみ、245:839-843、2013
  8. 大野京子.病的近視の視神経障害.医学のあゆみ、245:858-866、2013
  9. 大野京子.強度近視.Monthly Book OCULISTA、2:59-68、2013
  10. 大野京子.日本強度近視眼底研究会.臨眼、67:584-585、2013
  11. 田中裕一朗、島田典明、大野京子.近視.Retina Medicine、2:66-74、2013
  12. 大野京子、島田典明.強度近視の眼底イメージング.あたらしい眼科、30:165-176、2013
  13. 大野京子.病的近視における視神経イメージング.あたらしい眼科、30:47-55、2013
  14. 高瀬博.眼病変の国際診断基準.呼吸器内科、24:218-223、2013
  15. 高橋洋如、高瀬博.リウマチ性疾患の岩礁状・徴候.リウマチ科、50:354-360、2013
  16. 高瀬博、江石義信.サルコイドーシス.あたらしい眼科、30:313-319、2013
  17. 高瀬博、大黒伸行、岡田アナベルあやめ、後藤浩、園田康平、冨田誠、南場研一、水木信久、望月学.急性網膜壊死のあたらしい診断基準の作成.日眼会誌、117:935、2013
  18. 高瀬博.感染性ぶどう膜炎.OCULISTA、5:69-77、2013
  19. 鴨居功樹.ぶどう膜炎.小児科医が知っておきたい子どもの目の病気、小児科、5: 863-869、2013
  20. 島田典明、大野京子.わかりやすい臨床講座:近視性牽引黄斑症に対する外科治療.日本の眼科、84: 875-879、2013
  21. 島田 典明.病的近視の眼底病変:黄斑部病変.医学のあゆみ、245:854-857、2013
  22. 川口龍史.眼科ケア2013年冬季増刊 目の解剖と病気.3章ぶどう膜 ①ベーチェット病.メディカ出版、p124-128、2013
  23. 川口龍史.眼科ケア2013年冬季増刊 目の解剖と病気.3章ぶどう膜 ②原田病.メディカ出版、p129-133、2013
  24. 川口龍史.眼科ケア2013年冬季増刊 目の解剖と病気.3章ぶどう膜 ③サルコイドーシス.メディカ出版、p134-138、2013
  25. 川口龍史.眼科ケア2013年冬季増刊 目の解剖と病気.3章ぶどう膜 ④仮面症候群.メディカ出版、p139-142、2013
  26. 林憲吾.涙道の先天異常について.あたらしい眼科臨時増刊号、30:66-69、2013
  27. 林憲吾.眼瞼下垂症.目の解剖と病気.眼科ケア2013年冬季増刊、メディカ出版、p53-57、2013
  28. 江本博文.眼瞼けいれん.目の解剖と病気.眼科ケア2013年冬季増刊、メディカ出版、pp.63-66、2013
  29. 森山無価.病的近視の眼球および強膜形状.医学のあゆみ、245:867-871、2013
  30. 森山無価.実験近視研究の最新の知見(2)強膜に重点をおいて.医学のあゆみ、245:877-879、2013
  31. 堀江真太郎.知っておくと役に立つ!5大疾患の患者さんの見えかた.網膜剥離(飛蚊症)、眼科ケア、メディカ出版、15:78-79、2013
  32. 岩崎優子、高瀬博、諸星計、宮永将、川口龍史、冨田誠、望月學.ぶどう膜炎の白内障手術における術後前眼部炎症の予測因子.あたらしい眼科、30:123-126、2013

学会発表

  1. Yokoi T, Moriyama M, Shimada N, Nagaoka N, Kasahara K, Shinohara K, Tanaka Y, Kaneko Y, Tokoro T, Ohno-Matsui K. Prognostic factors associated with pathological myopia in young patients with high myopia. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting. 2013.5.5. Seattle, USA
  2. Kaneko Y, Moriyama M, Shimada N, Nagaoka N, Shinohara K, Tanaka Y, Yokoi T, Kasahara K, Tokoro T, Ohno-Matsui K, Hirahara S, Ogura Y. Retinal vascular abnormalities in the far periphery of pathologic myopic eyes imaged by ultra wide-field fluorescein angiography. The Association for Research in Vision and Ophthalmology. 2013.5.5-9. Seattle, USA
  3. Horie S, Copland DA, Liu J, Wu W-K, Nicholson LB, Mochizuki M, Dick AD. CD200 Receptor Signaling subverts pro-angiogenic macrophage phenotype generation and experimental chorioretinal neovascularization. The Association for Research in Vision and Ophthalmology Annual Meeting. 2013.5.5. Seattle, USA
  4. Takahashi H, Ohno-Matsui K, Takase H, Shimada N, Mochizuki M. Myopia progression accompanying with myopic disc change at the convalescent stage of Vogt-Koyanagi-Harada disease. The association for research in vision and ophthalmology. 2013.5.6. Seattle, USA
  5. Shimada M. Natural Course and Treatment of Myopic Traction Maculopathy. The 8th APVRS congress. 2013.12.6-8. 名古屋
  6. Moriyama M. Multimodal Imaging of Pathologic Myopia. The 8th APVRS congress. 2013.12.6-8. 名古屋
  7. Tan N, Wong TY, Ishibashi T, Ohno-Matsui K, Petrillo J, Leteneux C, Bressler N. Impact of Ranibizumab on Patient-Reported Visual Function in Choroidal Neovascularization secondary to Pathologic Myopia: 12 Month Results from RADIANCE. The 13th EURETINA Annual Congress. 2013.9.26-29. Hamburg, Germany
  8. 森圭介、尾花明、飯島裕幸、大野京子、五味文、安川力、大谷篤史.インストラクションコース「加齢黄斑変性の治療戦略;抗VEGF療法と併用療法 編」.第36回日本眼科手術学会総会.2013.1.25、福岡
  9. 林憲吾、嘉鳥信忠、笠井健一郎、上笹貫太郎、小久保健一、太田優.先天性上眼瞼欠損に対する再建術.第24回眼瞼・義眼床手術研究会.2013.2.2、広島
  10. 金子祐一郎、森山無価、島田典明、長岡奈都子、笠原香織、横井多恵、田中祐一郎、篠原宏成、所敬、大野京子、平原修一郎、小椋祐一郎.強度近視眼における最周辺部網膜血管変化の検討.第117回日本眼科学会総会.2013.4.4、東京
  11. 土屋香、森山無価、林憲吾、長岡奈都子、笠原香織、田中裕一朗、島田典明、篠原宏成、横井多恵、所 敬、大野京子.近視性脈絡膜新生血管に対する抗VEGF療法の4年成績.第117回日本眼科学会総会.2013.4.4、東京
  12. 安藤良将、久須美有美、柴田朋宏、井上真、島田典明、丸子一朗、平形明人、大野京子、飯田知弘.Intrachoroidal cavitationに合併した黄斑剥離の臨床的特徴.第117回日本眼科学会総会.2013.4.4、東京
  13. 篠原宏成、森山無価、長岡奈都子、笠原香織、横井多恵、田中裕一朗、金子祐一郎、島田典明、所 敬、大野京子、望月 學.3D MRIとSS-OCTによる傾斜乳頭症候群の視神経と眼球形状の解析.第117回日本眼科学会総会.2013.4.4、東京
  14. 宮永将、高瀬博、鴨居功樹、川添裕子、窪野怜央、川口龍史、中島由季子、神田紗也香、高橋任美、石塚敦子、福地麗、杉田直、望月學.東京医科歯科大学におけるぶどう膜炎臨床統計 1998年~2001年と2007年~2011年の比較.第117回日本眼科学会総会.2013.4.5、東京
  15. 福地麗、宮永将、高瀬博、鴨居功樹、横田眞子、望月學、赤尾信明.東京医科歯科大学における眼トキソカラ症の検討.第117回日本眼科学会総会.2013.4.5、東京
  16. 不二門尚、大鹿哲郎、大野京子、石子智士、長谷部聡、稗田 牧、鳥居秀成.近視発生機序から考えた進行予防の我が国での取り組み.教育セミナー「近視発生機序 最近の話題」. 第117回日本眼科学会総会.2013.4.6、東京
  17. 窪野怜央、高瀬博、寺田裕紀子、宮永将、鴨居功樹、杉田直、富田誠、望月學.ヘルペス性前部ぶどう膜炎の臨床像の比較解析.第117回日本眼科学会総会.2013.4.6、東京
  18. 高瀬博、宮永将、神田紗也香、川口龍史、杉田直、新井文子、望月學.原発性眼内リンパ腫に対する初期治療と生命予後の解析.第117回日本眼科学会総会.2013.4.6、東京
  19. 佐藤友光子、渋谷洋輔、蜂巣健一、田中明子.視線追跡装置で判定する乳幼児視力測定の試み.第69回日本弱視斜視学会総会.2013. 7. 5、広島
  20. 小溝崇史、寺田裕紀子、子島良平、宮田和典、望月學.眼球摘出に至った関節リウマチによる壊死性強膜炎の1例.第47回日本眼炎症学会.2013.7.12、大阪
  21. 寺田裕紀子、鴨居功樹、小溝崇史、子島良平、宮田和典、望月學.HTLV-1ぶどう膜炎の臨床像の検討.第47回日本眼炎症学会.2013.7.12、大阪
  22. 高瀬博、大黒伸行、岡田アナベルあやめ、後藤浩、園田康平、冨田誠、南場研一、水木信久、望月學.急性網膜壊死の診断基準の作成.第47回日本眼炎症学会.2013.7.12、大阪
  23. 丸山和一、稲葉亨、國方彦志、望月學、木下茂、中澤徹.ウイルス性ぶどう膜炎における硝子体細胞解析について.第47回日本眼炎症学会.2013.7.12、大阪
  24. 稲葉万弓、酒井勉、野田健太郎、黒坂大太郎、青柳蘭子、岡野喜一朗、高瀬博、望月學、常岡寛.EBウイルス再活性化により両眼汎ぶどう膜炎を呈した1例.第47回日本眼炎症学会.2013.7.13、大阪
  25. 高橋洋如、高瀬博、岩崎優子、宮永将、今井彩乃、鴨居功樹、望月學.ステロイド投与後に広汎な後極部壊死を生じた眼トキソプラズマ症の一例.第47回日本眼炎症学会.2013.7.13、大阪
  26. 蕪城俊克、南場研一、園田康平、毛塚剛司、慶野博、福原崇子、鴨居功樹、中井慶.新しいベーチェット病ぶどう膜炎の活動性スコアの評価の再現性の検討.第47回日本眼炎症学会.2013.7.13、大阪
  27. 井出光広、窪野玲央、鴨居功樹、宮永将、高瀬博、望月學.全身のリンパ節腫脹と下腿浮腫を伴った両眼漿液性網膜剥離の1例.第28回東京医科歯科大学同門会集談会.2013.7.15、東京
  28. 金子祐一郎、森山無価、島田典明、長岡奈都子、笠原香織、田中裕一郎、横井多恵、篠原宏成、所敬、大野京子.強度近視眼における乳頭部組織血流の検討.第30回日本眼循環学会.2013.7.20、東京
  29. 島田典明.近視性牽引黄斑症.第49回日本眼光学学会総会.2013.9.7-8、京都
  30. 鴨居功樹.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業「HTLV-1関連希少難治性疾患における臨床研究の全国展開と基盤整備」厚生労働省班会議.2013.9.13、宮崎
  31. 森山無価、篠原宏成、大野京子.新しい近視性眼底病変判定基準の提案 -判定者間一致率について-.第67回日本臨床眼科学会.2013.10.31、横浜
  32. 森山無価.MRIによる正視化過程や病的近視発生メカニズムの解明.第67回日本臨床眼科学会.2013.10.31、横浜
  33. 田中裕一郎、島田典明、石田友香、篠原宏成、森山無価、大野京子.後部ぶどう腫の近縁の網膜の視野障害への影響.第67回日本臨床眼科学会.2013.10.31、横浜
  34. 佐藤友光子、森山無価、説田雅子、西山友貴、内田亜梨沙、倉田あゆみ、宮後宏美、所敬、大野京子.強度近視眼の眼球形状変化による視野測定への影響.第67回日本臨床眼科学会.2013.10.31、横浜
  35. 林憲吾.眼瞼下垂症手術の3つのパターン.インストラクションコース 眼形成のススメ vol.4.第67回日本臨床眼科学会.2013.11.1、横浜
  36. 篠原宏成、森山無価、大野京子.病的近視眼のlacquer cracksとmyopic stretch linesの画像所見の比較.第67回日本臨床眼科学会(SIG).2013.11.1、横浜
  37. 袖山博健、戸所大輔、山田教弘、高瀬博、杉田直、望月學、岸章治.急性網膜壊死における原因ウイルスと臨床経過.第67日本臨床眼科学会.2013.11.1、横浜
  38. 篠原宏成、森山無価、吉田武史、島田典明、長岡奈都子、笠原香織、横井多恵、田中裕一郎、金子祐一郎、所敬、大野京子.強度近視眼にみられる網膜周辺部放射状線条の超広角眼底撮影による検討.第67回日本臨床眼科学会.2013.11.2、横浜
  39. 長岡奈都子、森山無価、田中裕一朗、笠原香織、島田典明、吉田武史、Jost B. Jonas、大野京子.強度近視眼における視神経乳頭形状と視野障害の解析.第67回日本臨床眼科学会.2013.11.2、横浜
  40. 林憲吾、嘉鳥信忠、大野明子、大野京子.小児の片側性の先天眼瞼下垂に対する眼瞼手術前後の屈折変化.第67回日本臨床眼科学会.2013.11.3、横浜
  41. 宮後宏美、大野明子、渋谷洋輔、説田雅子、佐藤友光子、内田亜梨紗、西山友貴、倉田あゆみ、大野京子.両眼内直筋好転術を施行したメビウス症候群の一例.第54回 日本視能矯正学会.2013.11.16、福岡
  42. 神作明裕、江本博文、江本有子、清澤源弘.シャルル・ボネ症候群の視力良好例.第51回日本神経眼科学会総会.2013. 11.22-23、秋田
  43. 西山友貴、江本博文、内田亜梨紗、宮後宏美、倉田あゆみ、佐藤友光子、説田雅子、清澤源弘.眼振のない動揺視の一例.第51回日本神経眼科学会総会.2013.11.22-23、秋田

特別講演・招待講演・シンポジウムなど

  1. Takase H. Prevalence of ocular sarcoidosis in Japan. International workshops on granulomatous uveitis and ocular Behcet's disease and Asia-Pacific intraocular inflammation study group. 2013.4.12. Taiwan
  2. Ohno-Matsui K. Novel surgical technique: Fovea-sparing ILM peeling. Symposium on Imaging & Management advices in Retinal Diseases. 2013.5.11. Singapore
  3. Ohno-Matsui K. Novel OCT entities. Symposium on Imaging & Management advices in Retinal Diseases. 2013.5.11. Singapore
  4. Ide M, Kubono R, Miyanaga M, Kamoi K, Takase H, Mochizuki M. A case of idiopathic uveal effusion accompanied with systemic lymphadenopathy and leg edema.第2回Fluorescein Conference in Tokyo. 2013.7.21. 東京
  5. Ohno-Matsui K. Wide-field retinal imaging of the eyes with pathologic myopia. Annual meeting of Taiwan Retina Society. 2013.11.9-10. Taipei, Taiwan
  6. Ohno-Matsui K. Retina Subspecialty day: Choroidal Neovascularization Secondary to Pathologic Myopia. The American Academy of Ophthalmology米国眼科会議. 2013.11.16. New Orleans, USA.
  7. Ohno-Matsui K. A proposal of new classification of posterior staphyloma. 2013 International Congress of the Korean Retina Society. 2013.11.29. Seoul, South Korea.
  8. Ohno-Matsui K. Wide-field retinal imaging of pathologic myopia. 2013 International Congress of the Korean Retina Society. 2013.11.29. Seoul, South Korea.
  9. 大野京子.強度近視眼におけるZinn-Haller動脈輪の描出.第3回近視緑内障研究会.2013.1.27、福岡
  10. 大野京子.病的近視の視神経イメージングから示された視野障害の機序.シンポジウム「近視眼における緑内障発症を科学する」.第117回日本眼科学会総会.2013.4.5、東京
  11. 大野京子.眼球および強膜の形状解析から考える病的近視の病態.教育セミナー「近視発生機序 最近の話題」. 第117回日本眼科学会総会.2013.4.6、東京
  12. 望月學.診療報酬改定の課題.「外保連手術試案と診療報酬」.第117回日本眼科学会総会、2013.4.7、東京
  13. 高瀬博.サブスペシャリティーサンデー.ぶどう膜炎:ぶどう膜炎診療の進歩「ステロイド抵抗性ぶどう膜炎への対応」第117回日本眼科学会総会、2013.4.7、東京.
  14. 大野京子.病的近視における視神経障害の機序を考える.シンポジウム「近視と視野」.第2回日本視野学会学術集会.2013.5.18、東京
  15. 望月學.ガンサルコイドーシスの診断と治療 2013.第177回東京サルコイドーシス/肉芽腫性疾患研究会、2013.6.22、東京
  16. 大野京子.病的近視における視野障害の原因の探求. 第20回緑内障よろず勉強会(R.Y.B.). 2013.7.4、東京
  17. 大野京子.病的近視の病態解明と治療法の進歩.佐賀県眼科医会学術講演会.2013.7.6、佐賀
  18. 堀江真太郎.日本眼炎症学会学術奨励賞受賞講演「網膜色素上皮細胞による制御性T細胞の誘導と免疫治療の可能性」.第47回日本眼炎症学会.2013.7.13、大阪
  19. 高瀬博.予防的治療に関する異分野討論 –眼原発悪性リンパ腫、予防的全身治療は必要か?−.「原発性眼内悪性リンパ腫に全身化学療法は必須である」第47回日本眼炎症学会.2013.7.13、大阪
  20. 大野京子.病的近視における視野障害のメカニズムを考える.第2回緑内障アップデートセミナー.2013.7.27、福岡
  21. 大野京子.学童期の近視の進行と生活習慣.平成25年度 関東甲信越静学校医協議会.2013.8.1、東京
  22. 大野京子.病的近視の視野障害を考える.アイファガン点眼液0.1%発売1周年記念講演会 in 札幌.2013.8.3、札幌
  23. 大野京子.「NTGと神経疾患」病的近視の視神経障害~正常眼圧緑内障か近視性視神経症か?~.第24回日本緑内障学会総会.2013.9.22、東京
  24. 大野京子.病的近視の病態解明と治療法の進歩.第7回北陸オフサルミックフォーラム.2013.9.28、金沢
  25. 大野京子.病的近視の病態と治療の探求.第7回Midland Seminar of Ophthalmology.2013.10.12、名古屋
  26. 大野京子.病的近視の診断と治療.第67回日本臨床眼科学会.ノバルティス ファーマ(株)ランチョンセミナー.2013.10.31、横浜
  27. 高瀬博.今後ぶどう膜炎に期待される治療薬.「新しい免疫抑制薬への期待」第67回日本臨床眼科学会.2013.11.1、横浜
  28. 大野京子.長眼軸長眼の読影.第67回日本臨床眼科学会.(株)ニデック モーニングセミナー.2013.11.1、横浜
  29. 大野京子.ザ・スタフィローマ物語.第67回日本臨床眼科学会.千寿製薬(株)ランチョンセミナー.2013.11.2、横浜
  30. 大野京子.病的近視の眼底病変と眼球形状.第4回静岡県オフサルミックセミナー.2013.11.9、静岡
  31. 大野京子.病的近視による視野障害のメカニズム.第15回 Japan Glaucoma Council.2013.12.14、東京
  32. 大野京子.近視性CNVに対するルセンティス®の臨床成績.VEGF阻害薬の新たな幕開け-目に映るすべてのことが治療の証し-.2013.12.14、東京

研究助成金

  1. 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業「HTLV-1関連希少難治性疾患における臨床研究の全国展開と基盤整備」研究分担者:鴨居功樹
  2. 厚生労働科学研究費補助金 新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業「HTLV-1感染症の診断法の標準化と発症リスク解明に関する研究」研究分担者:鴨居功樹
  3. 厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業「急性網膜壊死の診断基準に関する調査研究」研究代表者:望月學、研究分担者:高瀬博
  4. 日本学術振興会科学研究費 若手研究(B)「HTLV-1ぶどう膜炎における分子標的治療の開発」研究代表者:鴨居功樹
  5. 日本学術振興会科学研究費 若手研究(B)「アクネ菌を用いたサルコイドーシスぶどう膜炎モデルの樹立と解析」研究代表者:宮永将
  6. 日本学術振興会科学研究費 挑戦的萌芽「異種画像融合を用いた強膜形状の可視化と視覚障害の発生機序の解明」研究代表者:大野京子
  7. 日本学術振興会科学研究費、基盤研究(C)「ヘルペスウイルス性ぶどう膜炎におけるウイルス遺伝子と病態・疾病予後に関する研究」研究代表者:高瀬博
  8. 日本学術振興会科学研究費、奨励研究「ベーチェット病患者末梢血におけるインフリキシマブ濃度と制御性T細胞量に関する研究」研究代表者:川添裕子

学会賞

  1. 堀江真太郎.日本眼炎症学会学術奨励賞.2013.7.13

その他、メディアなど

  1. Mochizuki M and Kamoi K: F1000Prime Recommendation of [Bittencourt AL et al., J Clin Virol 2013, 58(2):494-6]. In F1000Prime, 30 Dec 2013; DOI: 10.3410/f.718069461.793488907.
  2. Mochizuki M and Kamoi K: F1000Prime Recommendation of [Suhler EB et al., Br J Ophthalmol 2013, 97(4):481-6]. In F1000Prime, 24 Oct 2013; DOI: 10.3410/f.717985170.793485564.
  3. Mochizuki M and Kamoi K: F1000Prime Recommendation of [Gregory AC et al., Ophthalmology 2013, 120(1):186-92]. In F1000Prime, 14 Aug 2013; DOI: 10.3410/f.718052286.793481330.
  4. Mochizuki M and Kamoi K: F1000Prime Recommendation of [Gül A et al., Ann Rheum Dis 2012, 71(4):563-6]. In F1000Prime, 26 Apr 2013; DOI: 10.3410/f.718000105.793474864.
  5. Mochizuki M and Kamoi K: F1000Prime Recommendation of [Zhou R et al., J Immunol 2012, 188(4):1742-50]. In F1000Prime, 16 Jan 2013; DOI: 10.3410/f.14213962.793468758