業績集

2014年

原著

  1. Arai H, Sakai T, Okano K, Aoyagi R, Imai A, Takase H, Mochizuki M, Tsuneoka H.Presumed toxoplasmic central retinal artery occlusion and multifocal retinitis with perivascular sheathing. Clin Ophthalmol. 23(8):789-92, 2014
  2. Yoshihara N, Yamashita T, Ohno-Matsui K, Sakamoto T. Objective analyses of tessellated fundi and significant correlation between degree of tessellation and choroidal thickness in healthy eyes. PLoS One. 9(7):e103586, 2014
  3. Kaneko Y, Moriyama M, Hirahara S, Ogura Y, Ohno-Matsui K. Areas of non-perfusion in peripheral retina of eyes with pathologic myopia detected by ultra-widefield fluorescein angiography. Invest Ophthalmol Vis Sci. 55(3):1432-1439, 2014
  4. Wolf S, Balciuniene VJ, Laganovska G, Menchini U, Ohno-Matsui K, Sharma T, Wong TY, Silva R, Pilz S, Gekkieva M; RADIANCE Study Group. RADIANCE: a randomized controlled study of ranibizumab in patients with choroidal neovascularization secondary to pathologic myopia. Ophthalmology. 121(3):682-692, 2014
  5. Shinohara K, Moriyama M, Shimada N, Tanaka Y, Ohno-Matsui K. Myopic stretch lines: linear lesions in fundus of eyes with pathologic myopia that differ from lacquer cracks. Retina. 34(3):461-469, 2014
  6. Yokoi T, Moriyama M, Hayashi K, Shimada N, Tomita M, Yamamoto N, Nishikawa T, Ohno-Matsui K. Predictive factors for comorbid psychiatric disorders and their impact on vision-related quality of life in patients with high myopia. Int Ophthalmol. 34(2):171-183, 2014
  7. Noguchi Y, Nishio A, Takase H, Miyanaga M, Takahashi H, Mochizuki M, Kitamura K. Audiovestibular findings in patients with Vogt-Koyanagi-Harada disease. Acta Otolaryngol. 134(4):339-44, 2014
  8. Takahashi H, Takase H, Ishizuka A, Miyanaga M, Kawaguchi T, Ohno-Matsui K, Mochizuki M. Choroidal thickness in convalescent vogt-koyanagi-harada disease. Retina. 34(4):775-80, 2014
  9. Wang L, Sato-Otsubo A, Sugita S, Takase H, Mochizuki M, Usui Y, Goto H, Koyama T, Akiyama H, Miura O, Ogawa S, Arai A. High-resolution genomic copy number profiling of primary intraocular lymphoma by single nucleotide polymorphism microarrays. Cancer Sci. 105(5):592-9, 2014
  10. Ohno-Matsui K. Proposed classification of posterior staphylomas based on analyses of eye shape by three-dimensional magnetic resonance imaging and wide-field fundus imaging. Ophthalmology. 121(9):1798-1809, 2014
  11. Pichi F, Romano S, Villani E, Lembo A, Gilardoni F, Morara M, Ciardella AP, Ohno-Matsui K, Nucci P. Spectral-domain optical coherence tomography findings in pediatric tilted disc syndrome. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 252(10):1661-1667, 2014
  12. Hayashi K, Katori N, Otsuki Y, Ohno-Matsui K. Clinicopathological study of three cases of infantile fibromatosis of the orbit. Int Ophthalmol. 34(5):1097-1106, 2014
  13. Takase H, Kubono R, Terada Y, Imai A, Fukuda S, Tomita M, Miyanaga M, Kamoi K, Sugita S, Miyata K, Mochizuki M. Comparison of the ocular characteristics of anterior uveitis caused by herpes simplex virus, varicella-zoster virus, and cytomegalovirus. Jpn J Ophthalmol. 58(6):473-82, 2014
  14. Kamoi K, Mochizuki M. Pre-surround division technique: precise cracks surrounding the posterior opacity prior to phacoemulsification in posterior polar cataract surgery. J Cataract Refract Surg. 40(11):1764-7, 2014
  15. Kaburaki T, Namba K, Sonoda KH, Kezuka T, Keino H, Fukuhara T, Kamoi K, Nakai K, Mizuki N, Ohguro N; Ocular Behçet Disease Research Group of Japan. Behçet's disease ocular attack score 24: evaluation of ocular disease activity before and after initiation of infliximab. Jpn J Ophthalmol. 58(2):120-30,2014
  16. Kawaguchi T, Kawazoe Y, Kamoi K, Miyanaga M, Takase H, Sugita S, Mochizuki M. Clinical course of patients with Behçet's uveitis following discontinuation of infliximab therapy. Jpn J Ophthalmol. 58(1):75-80, 2014
  17. Takahashi H, Ishizuka A, Miyanaga M, Kawaguchi T, Ohno-Matsui K, Mochizuki M. Choroidal thickness in convalescent vogt-koyanagi-harada disease. Retina. 34(4):775-780, 2014
  18. 福田祥子、神田紗也香、高瀬博、小林大輔、新井文子、望月學.急速に進行した劇症の原発性眼内リンパ腫の一例.眼科臨床紀要.7(7):543-548、2014
  19. 今井彩乃、高瀬博、林千春、望月學.眼内リンパ腫の診断における無灌流硝子体液と灌流パック内貯留液の有用性の比較.日本眼科学会雑誌.10; 118(10):858-859、2014
  20. 宮後宏美、大野明子、澁谷洋輔、説田雅子、佐藤友光子、内田亜梨紗、西山友貴、倉田あゆみ、大野京子.両眼内直筋後転術を施行したMöbius症候群の一例.日本視能訓練士協会誌.43:201-204、2014
  21. 林憲吾、嘉鳥信忠、小松裕和、大野京子.先天鼻涙管閉塞の自然治癒率および月齢18か月以降の晩期プロービングの成功率:後ろ向きコホート研究.日本眼科学会雑誌. 118(2):91-97、2014

書籍等出版物

  1. Yoshida T and Ohno-Matsui K. Interaction between photoreceptors and RPEs. Neuroprotection and Neurorefeneration for Retinal Diseases. pp255-271, Springer, 2014
  2. Spaide RF, Ohno-Matsui K, Yannuzzi LA (Editor). Pathologic Myopia. Springer, 2014
  3. Ohno-Matsui K, Moriyama M. Stapyloma : Analyses of morphological features of posterior staphyloma in pathologic myopia analyzed by a combination of wide-view fundus observation and 3D MRI analyses. Pathologic Myopia. pp177-185, Springer, 2014
  4. Ohno-Matsui K. Myopic chorioretinal atrophy. Pathologic Myopia. pp187-209, Springer, 2014
  5. Ohno-Matsui K. Myopic macular retinoschisis. Pathologic Myopia. pp231-254, Springer, 2014
  6. Ohno-Matsui K, Spaide RF. Myopic optic neuropathy. Pathologic Myopia. pp293-312, Springer, 2014
  7. Ohno-Matsui K. Sclera-Targeted Therapies for Pathologic Myopia. Pathologic Myopia. pp353-360, Springer, 2014
  8. 高瀬博.日経DI クイズ16.日経BP 社、2014 (ISBN : 978-4-8222-3193-4)
  9. 高瀬博.眼科臨床エキスパート 眼感染症診療マニュアル.医学書院、2014 (ISBN : 978-4-260-02019-0)
  10. 大野京子.第7編 眼の腫瘍原発部位 序論および概論.TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス.pp658-671、丸善出版、2014
  11. 大野京子.第7編 眼の腫瘍原発部位 網膜.TNM悪性腫瘍分類カラーアトラス.pp694-703、丸善出版、2014
  12. 佐藤友光子、森山無価、所敬、大野京子.強度近視眼の眼球形状変化による視野測定への影響.後部強膜ぶどう腫の新分類の提案.厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業)網膜脈絡膜・視神経委縮症に関する調査研究.平成25 年度総括・分担研究報告書、2014
  13. 大野京子、森山無価.後部強膜ぶどう腫の新分類の提案.厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業)網膜脈絡膜・視神経委縮症に関する調査研究.平成25 年度総括・分担研究報告書、2014
  14. 高瀬博.TNM 悪性腫瘍分類カラーアトラス 原書2版.丸善出版、2014 (ISBN : 978-4-621-08831-9)
  15. 鴨居功樹.ぶどう膜炎に続発する緑内障.緑内障診療クローズアップ.p226-233、メジカルビュー社、2014 (ISBN: 978-4-7583-1088-8)
  16. 鴨居功樹.HTLV-1ぶどう膜炎.厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患等克服研究事業)HTLV-1関連希少難治性疾患における臨床研究の全国展開と基盤整備.平成25年度 総括・分担研究報告書、2014
  17. 鴨居功樹.HTLV-1ぶどう膜炎患者における全身疾患の発症リスクの解明.厚生労働科学研究費補助金. (新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業)HTLV-1感染症の診断法の標準化と発症リスクの解明に関する研究.H23-H25年度 総合研究報告書、2014
  18. 鴨居功樹.白内障.眼科ケア.pp17-19、メディカ出版、2014
  19. 鴨居功樹.白内障.けあふる.pp6-7、Home Health Care Information Magazine、2014

総説

  1. 高瀬博.眼科診療のエッセンスQ&A III 網膜疾患と硝子体疾患Q20 急性網膜壊死、サイトメガロウイルス網膜炎の診断と治療について教えて下さいあたらしい眼科、31(臨時増刊号):126-127、2014
  2. 島田典明、大野京子.病的近視のOCTを読む.あたらしい眼科、31(12):1805-1810、2014
  3. 森山無価、大野京子.病的近視眼のマルチモーダルイメージング.眼科臨床紀要、7(11):849-850、2014
  4. 大野京子.病的近視による視野障害.OPHTHALMIC FORESIGHT、19(2):6-7、2014
  5. 大野京子.病的近視による視野障害のメカニズムを考える.あたらしい眼科、31(6):882-885、2014
  6. 島田典明、大野京子.強度近視の黄斑円孔.Monthly Book OCULISTA、no.10:63-68、2014
  7. 高瀬博.網羅的PCR システムによる感染性ぶどう膜炎の診断.東京都眼科医会報、1; 226、2014
  8. 高瀬博.ぶどう膜:サルコイドーシスの診断基準.眼科、56(2):230-235、2014
  9. 高瀬博.眼科で行う検査.眼圧検査.眼科ケア、16(4):359-361、2014
  10. 高瀬博.【臨床検査ひとくちメモNo.210】ウイルスに起因する難治性ぶどう膜炎にはどのようなものがありますか? モダンメディア、60(9):7-10、2014
  11. 高瀬博、江石義信.【アレルギーと眼疾患】サルコイドーシスの病態とアクネ菌の関与.アレルギーの臨床、34(13):1151-1154、2014
  12. 高瀬博.【眼科診療のエッセンスQ&A】網膜疾患と硝子体疾患(Q20) 急性網膜壊死、サイトメガロウイルス網膜炎の診断と治療について教えてください.あたらしい眼科、31(臨時増刊):126-127、2014
  13. 島田典明.近視性牽引黄斑症の自然経過と手術(Natural course and treatment of myopic traction maculopathy).眼科臨床紀要、11(7):851-852、2014
  14. 島田典明.【ターゲット別!画像診断お助けガイド-基本画像から最新モダリティまで】部位別 後眼部 強膜.臨床眼科、68(11):135-139、2014
  15. 横井多恵、島田典明.【眼科の「超」わかりやすい教科書 新人スタッフが知っておきたい知識17】 眼科で行う検査 眼底検査.眼科ケア、16(4):366-369、2014
  16. 島田典明、大野京子.強度近視網膜分離症アップデート.眼科、56(4):499-504、2014

招待講演

  1. Ohno-Matsui K. Analyses of Posterior staphyloma. Annual Meeting of Macula Society. Annual Meeting of Macula Society. 2014.2.19. Key Largo, USA
  2. Ohno-Matsui K. Surgical Management of Myopic Tractional Macular Schisis. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.2. Tokyo, Japan
  3. Ohno-Matsui K. Imaging of the Highly Myopic Optic Nerve Head. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.2. Tokyo, Japan
  4. Ohno-Matsui K. Latest perspectives in myopic CNV: reducing the burden of disease, restoring vision. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.3. Tokyo, Japan
  5. Ohno-Matsui K. Observation of Optic Nerve and Sclera by 1 µ Swept-Source OCT. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.3. Tokyo, Japan
  6. Ohno-Matsui K. Visual Acuity Outcomes and Ranibizumab Treatment Exposure in East-Asian and Caucasian Myopic CNV Patients: A Post Hoc Subgroup Analysis from the RADIANCE Study. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.4. Tokyo, Japan
  7. Ohno-Matsui K. Anatomy of the Posterior Segment of High Myopic Eyes. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.4. Tokyo, Japan
  8. Moriyama M. 3D MRI Analysis of Human Eye Shape. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.4. Tokyo, Japan
  9. Ohno-Matsui K. The Staphyloma Story. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.5. Tokyo, Japan
  10. Ohno-Matsui K. Topography of High Myopia. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.5. Tokyo, Japan
  11. Nagaoka N. Optic Disc Shape and Visual Field Defects in Eyes with Pathologic Myopia. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.5. Tokyo, Japan
  12. Ohno-Matsui K. Posterior Staphyroma. International conference of pathologic myopia (iPM). 2014.7.19, Taipei, Taiwan
  13. Ohno-Matsui K. Treatment of Myopic CNV. International conference of pathologic myopia (iPM). 2014.7.20, Taipei, Taiwan
  14. Ohno-Matsui K. Ranibizumab: compelling evidence and clear guidance in myopic CNV management. 14th EURETINA Congress. 2014.9.11, London, UK
  15. Ohno-Matsui K. Prognostic Factors for Visual Outcomes in Choroidal Neovascularisation Secondary to Pathological Myopia (Myopic CNV). AAO(American Academy of Ophthalmology) 2014. 2014.10.20. Chicago, USA
  16. 大野京子、生野恭司.1. 近視性CNV の鑑別· 診断、治療について 2. ルセンティスの近視性CNV に対する臨床成績—RADIANCE 試験より—.病的近視スクール、2014.1.11、東京
  17. 大野京子.病的近視診療の最新トピックス.第46 回神奈川県眼科臨床談話会、2014.1.13、川崎
  18. 高瀬博.ぶどう膜炎の診断と治療.第2 回East Tokyo Ophthalmic Seminar.2014.1.24、東京
  19. 大野京子.病的近視診療の進歩.群馬県眼科医会学術講演会.2014.1.24、前橋
  20. 大野京子.病的近視診療の進歩.第1 回雪明・新潟眼科フォーラム、2014.2.16、新潟
  21. 大野京子.病的近視の黄斑部病変;診断と治療.第118 回日本眼科学会総会、2014.4.6、東京
  22. 大野京子.病的近視診療の進歩.第8 回四国Plus One Eyeランドセミナー、2014.5.18、高松
  23. 大野京子.脈絡膜OCT はぶどう膜炎診療に有用か?. 第48 回日本眼炎症学会シンポジウム(フォーサム2014 東京)、2014.7.5、東京
  24. 大野京子.近視性CNV の診断と治療.病的近視スクール、2014.8.2、大阪
  25. 大野京子.dome-shaped macula の謎に迫る.Japan Macula Club 第16 回学術講演、2014.8.23、 蒲郡
  26. 森山無価.病的近視診療のアップデート.第23回三河眼科医会.2014.8.23、豊橋
  27. 大野京子.病的近視の黄斑部病変に対するアップデート.第14 回九州黄斑疾患研究会、2014.9.13、福岡
  28. 大野京子.病的近視の視野障害;近視性視神経症か緑内障か?.第5 回梅の会—和歌山眼科女性医師の会—、2014.9.20、和歌山
  29. 大野京子.強度近視の視神経病変の可視化—SS-OCT を用いて—.第5 回近視緑内障研究会、2014.9.21、大阪
  30. 大野京子.病的近視による脈絡膜新生血管(近視性CNV)の診断と治療.瀬戸内眼科コロシアム2014.2014.9.28、広島
  31. 大野京子.病的近視における脈絡膜新生血管の診療—抗VEGF薬治療のトピックス—.Ophthalmology WEBカンファレンス、2014.9.30、東京
  32. 大野京子.病的近視における画像診断の最新の知見.第24 回東邦大学医療センター大橋病院と渋谷区・世田谷区・目黒区眼科医会合同勉強会、2014.10.25、東京
  33. 大野京子.近視診療のトピックス.第14 回東京歯科大学眼科イブニングセミナー、2014.10.30、市川
  34. 大野京子.Clinician scientist を目指すためのメッセージ.第11 回Medical Retina League『近視の基礎· 臨床アップデート』、2014.10.31、東京
  35. 森山無価.近視眼の眼球形状変化過程.第11回Medical Retina League、2014.10.31、東京
  36. 大野京子.病的近視:診断と治療.10th Tokyo Glaucoma Retina Joint Conference、2014.11.7、東京
  37. 大野京子.DRI OCT が奏でる強度近視の神秘.第68 回日本臨床眼科学会.ランチョンセミナー、2014.11.13、神戸
  38. 大野京子.MYOPIA 新たなるチャプターへ.第68 回日本臨床眼科学会.ランチョンセミナー2014.11.14、神戸
  39. 大野京子.PM の基礎と病態.第68 回日本臨床眼科学会.第68 回日本臨床眼科学会.モーニングセミナー、2014.11.16、神戸
  40. 大野京子.病的近視における脈絡膜新生血管(myopic CNV)の治療最前線.病的近視およびmCNV疾患啓発プレスセミナー「病的近視の合併症に新たな治療選択肢」、2014.11.25、東京
  41. 大野京子.病的近視によるCNV の治療を考える.第53 回日本網膜硝子体学会総会.ランチョンセミナー2、2014.11.28、大阪
  42. 大野京子.強度近視の黄斑部病変の診断と治療.第45 回東京都眼科医会研修会、2014.12.6、東京
  43. 大野京子.病的近視に対する最新トピックス.第121 回倉敷眼科臨床懇話会、2014.12.11、倉敷

講演・学会発表

  1. Takase H, Goto H, Mizuki N, Namba K, Ohguro N, Okada AA,Sonoda K, Tomita M, Mochizuki M. Development and Validation of new diagnostic criteria for acute retinal necrosis. 12th International Ocular Inflammation Society Congress. 2014.2.28. Valencia, Spain
  2. Takase H, Goto H, Okada AA, Ohguro N, Mochizuki M. Development and validation of new diagnostic criteria for acute retinal necrosis. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.4. Tokyo, Japan
  3. Tan N, Ohno-Matsui K, Leteneux C, Petrillo J, Bressler N. Impact of Ranibizumab on Patient-Reported Visual Functioning in Myopic Choroidal Neovascularization by Ethnicity: Asian and Caucasian Patients in the RADIANCE Trial. World Ophthalmology Congress(WOC). 2014.4.5. Tokyo, Japan
  4. Lai T, Ohno-Matsui K, Tien WY, Lanzetta P, Stefan P, Nikol H. Comparison of visual acuity outcomes and ranibizumab treatment exposure in East-Asian and Caucasian patients with visual impairment due to myopic CNV: a RADIANCE study subgroup analysis. The Association for Research in Vision and Ophthalmology. ARVO 2014 Annual Meeting. 2014.5.5 Orlando, USA
  5. Kamoi K, Terada Y, Miyata K, Mochizuki M. Association of HTLV-1 uveitis with systemic inflammatory diseases and adult T cell leukemia. The Association for Research in Vision and Ophthalmology. ARVO 2014 Annual Meeting. 2014.5.7. Orlando, USA
  6. Wong TY, Lanzetta A, Heinrichs N, Pilz S, Ohno-Matsui K. Ranibizumab in patients with visual impairment due to myopic choroidal neovascularization : A subgroup analysis of East Asian and Caucasian patients from the RADIANCE study. 14th EURETINA Congress. 2014.9.11. London, UK
  7. Nucci P, Pichi F,,Ciardella AP, Ohno-Matsui K . Spectral Domain OCT Findings in Pediatric Tilted Disc Syndrome. AAO(American Academy of Ophthalmology) 2014. 2014.10.19. Chicago, USA
  8. Liang S, Shimada N, Nagaoka N, Shinohara K, Ohno-Matsui K. Analyses of dome-shaped macula in a large population of the patients with pathologic myopia. AAO(AmericanAcademy of Ophthalmology) 2014. 2014.10.19. Chicago, USA
  9. Akiyama H,Takase,Kubo F, Miki T,Yamamoto M, Tomita M,Mochizuki M, Miura O, Arai A . Systemic following intravitreal MTX administration prevents CNS infiltration of Primary intraocular lymphoma. 56th ASH Annual Meeting and Exposition. 2014.12.6-9. San Francisco, USA
  10. 山根敬浩、澁谷悦子、木村育子、石原麻美、四元修吾、西出忠之、中村聡、高瀬博、水木信久.黄斑部滲出性病巣の生検から眼トキソプラズマ症の確定診断に至った1 例.第118 回日本眼科学会総会、2014.4.2、東京
  11. 鈴木さやか、鴨居功樹、高瀬博、大野京子、富澤大輔.Myeloid/NK cell precursor acute leukemia の経過中に眼内浸潤がみられた1 例.第118 回日本眼科学会総会、2014.4.2、東京
  12. 福地麗、宮永将、高瀬博、鴨居功樹、横田眞子、赤尾信明、望月學.東京医科歯科大学における眼トキソカラ症の検討.第25 回日本臨床寄生虫学会、2014.6.14、東京
  13. 高瀬博、大黒伸行、岡田アナベルあやめ、後藤浩、園田康平、冨田誠、南場研一、水木信久、望月學.急性網膜壊死の診断基準に関する全国調査研究.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.4、東京
  14. 今井彩乃、高瀬博、林千春、望月學.眼内リンパ腫の診断における無灌流硝子体液と灌流パック内排液の有用性の比較.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.4、東京
  15. 石原麻美、目黒明、南場研一、大野重昭、蕪城俊克、高瀬博、望月學、後藤浩、水木信久.日本人における新規サルコイドーシス関連候補遺伝子の検索.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.4、東京
  16. 軽部央子、鴨居功樹、堀江真太郎、高瀬博、大野京子、望月學.アダリムマブ導入でベーチェット病のぶどう膜炎を抑制できた一例.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.4、東京
  17. 久保田大紀、芹澤元子、國重智之、山口文雄、山口博樹、高瀬博、堀純子.眼内浸潤と脳播種を生じた眼窩先端部原発多クローン生リンパ増殖性腫瘍の一例.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.4、 東京
  18. 多田明日美、岩橋千春、中井慶、南場研一、岡田アナベルあやめ、高瀬博、後藤浩、蕪城俊克、水木信久、安積淳、園田康平、武田篤信、大黒伸行.結核性ぶどう膜炎の臨床像および治療予後の検討.第48 回日本眼炎症学会、2014.7.5、東京
  19. 鴨居功樹、寺田裕紀子、宮田和典、望月學.HTLV-1ぶどう膜炎の臨床像.第1回日本HTLV-1学会学術集会、2014.8.22、鹿児島
  20. 寺田 裕紀子、鴨居 功樹、山野 ちなみ、山野 嘉久. HTLV-1キャリアに合併した関節リウマチにおける生物学的製剤の使用でHTLV—1ぶどう膜炎とHTLV-1関連脊髄症が悪化した1例. 第1回日本HTLV-1学会学術集会 2014.8.22、鹿児島
  21. 平野光人、大野伸広、小林誠一郎、石垣知寛、田野崎隆二、鴨居功樹、望月學、内丸薫、東條有伸. 急性型ATLとHTLV-1ぶどう膜炎の同時発症の1例.第1回日本HTLV-1学会学術集会 2014.8.22、鹿児島
  22. Akiyama H, Takase H, Kubo F, Miki T, Yamamoto M, Tomita M, Mochizuki M, Miura O, Arai A. Systemic MTX following intraviteal MTX administration prevents CNS infiltration of PIOL. 第76 回日本血液学会学術集会、2014.10.31-11.2、大阪
  23. 石原麻美、目黒明、山口哲生、四十坊典晴、山口悦郎、長井苑子、千田金吾、森本紳一郎、生島一郎、高瀬博、望月學、後藤浩、幸野敬子、杉崎勝教、岳中耐夫、水木信久.多施設共同による新規サルコイドーシス関連候補遺伝子の検索.第34 回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会.2014.11.1、新潟
  24. 川口龍史、尾碕憲子、村上喜三雄、鴨居功樹、高瀬博、杉田直.造血器悪性疾患に合併した眼底病変に対する前房水を用いた包括的感染症PCR の有用性.第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.13、神戸
  25. 相馬亮子、石田友香、大野京子.強度近視眼の視神経乳頭近傍での血管走行異常を示した3例.第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.13、神戸
  26. 安藤良将、平形明人、横田怜二、廣田和成、厚東隆志、森山無価、大野京子、井上真.強度近視牽引性黄斑症の強膜短縮術前後のMRI 所見.SIG(Special Interest Group Meeting).強度近視研究会、第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  27. 田中裕一朗、島田典明、大野京子.DSM に合併したMH を繰り返した症例.SIG(Special Interest Group Meeting).強度近視研究会、第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  28. 長岡奈都子、森山無価、田中裕一朗、イ· チアリアン、島田典明、吉田武史、大野京子.強度近視眼におけるdome-shaped macula の特徴.第68 回日本臨床眼科学会.2014.11.14、神戸
  29. 笠原香織、森山無価、吉田武史、島田典明、長岡奈都子、田中裕一朗、横井多恵、篠原宏成、金子祐一郎、須賀洸希、大野京子.近視性脈絡膜新生血管に対するベバシズマブ硝子体内注入の6年間の長期予後.第68回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  30. 島田典明、田中裕一朗、森山無価、吉田武史、大野京子.近視性牽引黄斑症における牽引性網膜分離の限界.第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  31. 金子祐一郎、森山無価、島田典明、長岡奈都子、笠原香織、横井多恵、田中裕一朗、篠原宏成、吉田武史、所敬、大野京子.超広角蛍光眼底造影でみられる強度近視眼の最周辺部網膜色素上皮変性.第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  32. 島田典明、田中裕一朗、大野京子.近視性牽引黄斑症の硝子体術後に遅発性黄斑円孔を生じた3症例.SIG(Special Interest Group Meeting).強度近視研究会、第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.14、神戸
  33. 高瀬博、大黒伸行、岡田アナベルあやめ、後藤浩、園田康平、冨田誠、南場研一、水木信久、望月學.我が国における急性網膜壊死の実態調査.第68 回日本臨床眼科学会、2014.11.16、神戸
  34. 白神史雄、大野京子、近藤峰生、門之園一明、村田敏規則.Medical vs Surgical.第53 回日本網膜硝子体学会総会.イブニングセミナー2、2014.11.28、大阪

その他の業績

  1. 大野京子.専門誌.「日本強度近視研究会」.臨床眼科、68 巻3 号、pp358-359、2014
  2. 大野京子.専門誌.「私のスタイル~女性医師として~」.眼科グラフィック、3 巻1 号、pp108-109、2014
  3. 大野京子.新聞.「3 歳の孫、弱視かもしれない」.朝日新聞、2014.5.13
  4. 大野京子.雑誌.上手に活用 専門外来 強度近視外来」. Health & Life、5月号、p12、2014
  5. 大野京子.雑誌.「第四の説は認知症原因物質の網膜への蓄積で、神経細胞の自然死を招き緑内障を発症」.健康365、5 月号、pp28-29、2014
  6. 大野京子.雑誌.「認知症の原因物質は網膜症・黄斑変性にも関与し高血糖・高血圧・脂質異常は危険大」.健康365、5 月号、pp30-31、2014
  7. 大野京子.新聞.「近視の進行を防ぐには、“適切なタイミングでの処置”が大切」.朝日新聞、子ども新聞9 月号、2014
  8. 大野京子.情報誌.どうしました「3 歳の孫、弱視かもしれない」.メトロガイド9 月号、2014
  9. 大野京子.新聞.「強度近視の早期発見・早期治療を」.薬事ニュース朝刊、2014.12.26
  10. 大野京子.専門誌.「抗VEGF 薬の登場でmCNV は治療で視力改善が可能に」.国際医薬品情報、第1023 号、2014.12.8